検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年
検索結果: 2 件中 1件目~2件目を表示
  • 1

発表形式

Initialising ...

選択項目を絞り込む

掲載資料名

Initialising ...

発表会議名

Initialising ...

筆頭著者名

Initialising ...

キーワード

Initialising ...

使用言語

Initialising ...

発行年

Initialising ...

開催年

Initialising ...

選択した検索結果をダウンロード

論文

Experimental study of Di-quark correlation by charmed baryon spectroscopy at J-PARC high-momentum secondary beam line

小松 雄哉*; 市川 裕大; 成木 恵*; 谷田 聖; 他24名*

JPS Conference Proceedings (Internet), 26, p.022029_1 - 022029_4, 2019/11

A di-quark correlation has been proposed to describe the internal structure of hadrons, especially those of exotic ones. Nevertheless it lacks a conclusive experimental evidence. The J-PARC E50 experiment performs charmed baryon spectroscopy at J-PARC high-momentum beam line to investigate the role of di-quark correlations in baryons. The energy levels of the excited sates are measured by a missing-mass technique for the first time, and the production rates and decay branching ratios are also measured.

論文

Resonances in QCD

Lutz, M. F. M.*; 岡 眞; 他24名*

Nuclear Physics A, 948, p.93 - 105, 2016/04

 被引用回数:12 パーセンタイル:41.41(Physics, Nuclear)

2015年10月12日-14日にGSIで行われたEMMI短期作業部会「QCDにおける共鳴」の報告である。26人が集まってQCDの共鳴状態の物理について議論した。作業部会の目標は下記の3課題に答えることである。・QCDの共鳴状態の物理を理解するのに必要な要素は何か。・エキゾチックな量子数を持つQCDの共鳴状態はどこにあるのか・全体像をつかむために必要な実験は何か。軽いメソンとバリオンに関しては、アップ,ダウン,ストレンジクォークの状態を検討した。重いクォークを含むメソンでは、チャームを含むものに集中した。本稿では参加者の議論をまとめて、1つの描像として結論とした。

2 件中 1件目~2件目を表示
  • 1