検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年
検索結果: 10 件中 1件目~10件目を表示
  • 1

発表形式

Initialising ...

選択項目を絞り込む

掲載資料名

Initialising ...

発表会議名

Initialising ...

筆頭著者名

Initialising ...

キーワード

Initialising ...

使用言語

Initialising ...

発行年

Initialising ...

開催年

Initialising ...

選択した検索結果をダウンロード

口頭

ポリイオンコンプレックスとベントナイトを活用した山林の新規除染技術

長洲 亮佑*; 吉田 将冬*; 長縄 弘親; 柳瀬 信之; 永野 哲志; 三田村 久吉; 小松崎 将一*; 熊沢 紀之*

no journal, , 

山林の腐葉土中の放射性セシウムを簡便に取り除く新手法を開発した。負電荷を持ちセシウム吸着能力が高いベントナイト微粒子を散布して放射性セシウムを吸着させ、正電荷を持つポリイオンコンプレックスで、その微粒子を凝集させ捕捉することで、山林の腐葉土中の放射性セシウムを簡便に取り除くことが可能である。

口頭

Research and development on dismantling technologies for gloveboxes; Examination of separation and transfer technologies for a glovebox

吉田 将冬

no journal, , 

プルトニウム燃料第二開発室のグローブボックス(GB)の解体撤去工事の工期短縮、コスト低減には、グリーンハウス(GH:汚染拡大防止用の密封型テント)の設置・解体の頻度削減が有効である。そのため、包蔵性を維持しながら解体対象の大型GBを分割し、設置済みのGHへ安全に運搬する技術を開発する。GB分割・運搬技術に係る具体的な手順を考案するとともに、各手順に必要な治具等を自ら設計・製作し、様々な工夫を施した。これらを用いてグローブ作業を模擬したモックアップ試験等を実施した結果、技術的成立性の見通しを得た。GB分割・運搬手順の中で最も重要な「GBの分割」は、高周波シーラーで幅広なビニルシートを溶着する場合、現状のポータブルヘッドの形状では不可能であった。そのため、長い面をシールする方法を確立した。確立した方法で溶着された部分の引張試験を行った結果、通常の方法と同等の引張強度であった。本結果をもとに、作業の効率化及び安全性の更なる向上を図るため、GBの分割・運搬方法の見直し、ポータブルヘッド等の治具の改良を行う。3Dシミュレーションにて検討したGBの水平分離用架台及び移動用台車についてはモックアップ試験に向けた準備を進める。

口頭

Status of decommissioning of the Plutonium Fuel Fabrication Facility, PFFF, and R&Ds of dismantling methods for glove boxes

吉田 将冬

no journal, , 

プルトニウム燃料第二開発室における廃止措置の現状とアドバンスドスマートデコミッショニングシステムの検討状況などを報告するとともに、CEAにおける核燃料施設の廃止措置の最新情報を収集する。

口頭

Status of decommissioning of the Plutonium Fuel Fabrication Facility, PFFF, and R&Ds of dismantling methods for glove boxes

吉田 将冬

no journal, , 

プルトニウム燃料第二開発室の廃止措置状況について進捗状況は全体のグローブボックスの約10%程度である。次の解体は2018年からである。グローブボックス解体撤去技術開発の状況についてSDSの試験結果を踏まえて、A-SDSに改良した。A-SDSを実現するための要素技術について現在開発中である。A-SDSの完成には時間を要するため、有効な要素技術から現在の解体方法に導入していく。

口頭

グローブボックス解体撤去技術に係る研究; 大型機器類のバッグアウト技術の開発

吉田 将冬

no journal, , 

グローブボックス解体工事に大型機器類(油圧シャー等)を活用すると省力化が可能になり、作業員の安全性向上、工期短縮、コスト低減につながる。しかし、機器自体が廃棄物になるため再利用することが必須となる一方で、通常のグリーンハウスのバッグアウトポートでは大型機器類の搬出は不可能であるため、現時点で大型機器類の導入に踏み切ることは困難であった。大型機器類バッグアウト技術に係る具体的な手順を考案するとともに、必要な冶具等を自ら設計し、様々な工夫を施した。これらを用いて簡易のGHとブロアを設置し、負圧条件下でフォークリフトを活用してバッグアウト試験を実施した結果、技術的成立性の見通しを得た。当該バッグアウト技術により、グローブボックス解体撤去において大型機器類の導入及び再利用が可能となり、作業員の安全性向上、大幅な工期短縮及びコスト低減が図られる。

口頭

大規模身体汚染対応用グリーンハウスの開発

會田 貴洋; 平野 宏志*; 木村 泰久; 柴沼 智博; 吉田 将冬; 永井 佑哉; 浅川 潤; 周治 愛之

no journal, , 

核燃料物質を取扱う施設において、漏えい事故等により大規模な身体汚染等が発生した場合、汚染者を速やかに退避させることが被ばくリスクを軽減する上で重要となる。その対応には、汚染者の処置(汚染検査及び除染作業等)を含むため、発災元となる区域の出口に複数の密閉型テントで構成されたグリーンハウスを設置することが、汚染範囲の拡大防止、退避支援者の放射線安全を考慮すれば有効となる。今回開発したグリーンハウスは、確実な気密性能を有し、少人数で短時間に設営可能である。また、排気装置による内部空気流線の確保、放射線管理機器による空気中放射性物質濃度のリアルタイム計測により、二次汚染の発生を防止する。さらに、汚染者が多数に及んだ場合にも、複数系統で同時に処置を行えるよう、退避導線の重複化した。そのため、大規模な身体汚染事故に即応する設営性と放射線安全性を兼備し、汚染者の速やかな退避を可能とした。

口頭

デブリ取り出しや廃止措置のための「その場」$$alpha$$ダストモニタの要素技術開発

坪田 陽一; 吉田 将冬; 本田 文弥; 床次 眞司*; 中川 貴博; 川崎 位

no journal, , 

「その場」における空気中放射性物質濃度のリアルタイム測定を目指し、捕集ろ紙を使わず、扁平流路内の$$alpha$$粒子濃度を直接計測するダストモニタを試作し、性能評価を実施した。試作機は高湿度環境で動作し、従来のSSBDを用いた機器の10倍以上の計数率を測定可能であった。

口頭

グローブボックス解体撤去作業に係る$$alpha$$ダストデータの取得及び解析

吉田 将冬; 川崎 浩平; 會田 貴洋; 坪田 陽一; 菊池 遼*; 本田 文弥

no journal, , 

核燃料物質を取扱ったGBの解体は、密閉したテント内で囲い、内部でエアラインスーツを着用した作業者が切断等の作業を行う。エアラインスーツの使用は、作業環境の空気中濃度限度が定められることから、テント内の空気中放射性物質濃度を常時モニタする管理が求められる。今後、同種作業の安全遂行を図るため、作業の実データに基づき、$$alpha$$ダストの発生・挙動について整理・解析する。「常陽」MOX燃料製造に供した乾式GBの解体撤去作業を記録した映像に、$$alpha$$ダストモニタの指示値データを同期し、$$alpha$$ダスト評価・解析のインプットデータとした。作業内容は約20項目に細分し、作業開始・終了時刻、その際の$$alpha$$ダストモニタの指示値をデータベース化した。解析の結果、短時間で$$alpha$$ダストが上昇する傾向が強く、高リスクの作業、$$alpha$$ダストの上昇に時間を要することから中リスクの作業,時間に依存せず$$alpha$$ダストの上昇が見られない低リスクの作業の三つに分類することができた。飛散量の解析では、$$alpha$$ダストが最も飛散した作業は、GB缶体の切断・細断で約15kBqであり、総作業時間も約10.6時間と全作業中で2番目に多い。飛散量は工具の種類・特性に関連することも解析より判明している。解析の結果は今後のGB解体撤去作業において、エアラインスーツ作業の放射線安全、および効率的な作業計画立案等に有効な資料となる。今後もGB解体撤去作業からデータを取得し、$$alpha$$ダストの発生・挙動の解明、飛散量の抑制、工具特性による影響等、同種作業の安全に資する解析を行う。

特許

放射性物質の除染方法及びその除染システム

柳瀬 信之; 長縄 弘親; 三田村 久吉; 永野 哲志

田邊 大次郎*; 長洲 亮佑*; 小松崎 将一*; 熊沢 紀之*; 吉田 将冬*; 田部 智保*; 横塚 享*

特願 2015-246955  公開特許公報  特許公報

【課題】汚染された森林や野山(雑木林を含む)の除染だけでなく、その地域から放射線物質が居住地及び田畑等へ移行するのを継続的に防止することができる放射線物質の除染方法及びその除染システムを提供する。 【解決手段】本発明の除染方法は、放射性物質に汚染された森林及び里山の少なくとも何れかに、放射性物質を吸着する無機粒子を直接散布する工程、又は前記無機粒子を含む分散液又は懸濁液の塗布若しくは散布及び注入を行う工程と、前記の森林及び里山の少なくとも何れかと居住地又は田畑との境界に、前記無機粒子を凝集させるための凝集剤を含有する緩衝地帯を設け、前記の森林及び里山の少なくとも何れか一方から、雨水又は人工的な流水若しくは噴水によって前記緩衝地帯に流入した前記無機粒子を前記凝集剤によって凝集させる工程と、前記凝集剤とともに凝集した前記無機粒子を分離回収する工程とを有する。

特許

物品搬出入システム及び物品搬出入方法

吉田 将冬; 平野 宏志; 木村 泰久; 川崎 猛; 周治 愛之

not registered

特願 2018-170691  公開特許公報

【課題】汚染雰囲気に曝される物を最小限に抑えて、汚染雰囲気に対して物品を安全に搬出入可能な物品搬出入システムを提供する。 【解決手段】物品搬出入システムは、汚染雰囲気を囲って非汚染雰囲気から隔離すると共に、汚染雰囲気及び非汚染雰囲気を連通させる開口が形成されたポートを有する建屋と、物品が載置される載置部、及び把持可能な把持部を有する載置台と、可撓性を有する材料で構成されており、開放された両端部のうち、一方側端部が前記開口を囲むようにポートに接続され、他方側端部が載置部を囲むように載置台に接続される筒状部材と、筒状部材から露出した把持部を把持して、ポートを通じて載置台を建屋に搬入し、さらに建屋から搬出する搬出入装置と、載置台が建屋から搬出された後に、ポートと載置台との間で筒状部材をシールするシール装置とを備えることを特徴とする。

10 件中 1件目~10件目を表示
  • 1