検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年
検索結果: 5 件中 1件目~5件目を表示
  • 1

発表形式

Initialising ...

選択項目を絞り込む

掲載資料名

Initialising ...

発表会議名

Initialising ...

筆頭著者名

Initialising ...

キーワード

Initialising ...

使用言語

Initialising ...

発行年

Initialising ...

開催年

Initialising ...

選択した検索結果をダウンロード

報告書

芝地造成による土壌の浄化による土壌環境回復試験

福島技術本部 福島環境安全センター; 人形峠環境技術センター; 安全研究センター サイクル施設等安全研究ユニット; 地層処分研究開発部門 地層処分基盤研究開発ユニット; バックエンド推進部門

JAEA-Research 2012-019, 125 Pages, 2012/08

JAEA-Research-2012-019.pdf:12.81MB

2011年3月に発生した東京電力福島第一原子力発電所事故に起因した放射能汚染対策が、現在福島県をはじめとして各地で進められている。汚染物質対策の一つである植物を用いた除去技術(ファイトレメディエーション)について、芝草を用いたフィールド試験を行った。芝草は、他の植物に比べて根域深度が浅くかつ生育密度が高く、マットを形成するという特徴を有する。試験としては、芝草への吸収による放射性セシウムの除染と芝草の剥離による除染の効果を把握することを目的とした。結果としては、芝草への吸収は小さく、その除染係数は最大でも1%未満であった。一方、芝草の剥離による除染は、育成が順調に進んだものは100%に近い効果が得られた。国における除染方針及び各自治体で策定された除染計画に従い、今後さまざまな方法により除染が進められる。芝草を用いたファイトレメディエーションは、限定的な適用が可能と考えられる。

報告書

平成21年度研究開発・評価報告書; 評価課題「地層処分技術に関する研究開発」(中間評価)

地層処分研究開発部門

JAEA-Evaluation 2010-001, 29 Pages, 2010/08

JAEA-Evaluation-2010-001.pdf:47.54MB
JAEA-Evaluation-2010-001-appendix(CD-ROM).zip:87.6MB

独立行政法人日本原子力研究開発機構は、「国の研究開発評価に関する大綱的指針」(平成20年10月31日内閣総理大臣決定)及び「文部科学省における研究及び開発に関する評価指針」(平成21年2月17日文部科学大臣決定)、並びに原子力機構の「研究開発課題評価実施規程」(平成17年10月1日制定,平成18年1月1日改正,平成21年8月19日改正)等に基づき、平成21年7月3日に「地層処分技術に関する研究開発」にかかわる中間評価を地層処分研究開発・評価委員会に諮問した。これを受けて、地層処分研究開発・評価委員会は、「国の研究開発評価に関する大綱的指針」等に則り事前に定めた評価手法に従い、第1期中期計画期間の研究開発の実施状況及び次期中期計画の見通しについて、研究開発の必要性,有効性,効率性等の観点から評価を行った。その結果、第1期中期計画期間における研究開発の着実な進展や、地層処分技術の信頼性の向上と実用化に向けた成果の重要性等を確認する一方、国民との相互理解の促進や総合的な技術力の維持・強化等の観点から、今後の研究開発を着実に進めていくための提言を行った。

報告書

超深地層研究所地層科学研究基本計画

地層処分研究開発部門 東濃地科学研究ユニット

JAEA-Review 2010-016, 37 Pages, 2010/06

JAEA-Review-2010-016.pdf:5.8MB

1996年に策定された超深地層研究所計画の基本計画は、これまで原子力長計の見直し(2000年)及び研究坑道を設置する場所の変更に伴い(2002年)、その内容を適宜見直すことにより、計画の最適化を図ってきた。今般、「特定放射性廃棄物の最終処分に関する基本方針」及び「特定放射性廃棄物の最終処分に関する計画」の変更に伴う深度300mへの水平坑道の設置などを踏まえ、基本計画の改訂を行った。

報告書

高レベル放射性廃棄物の地層処分に関する性能評価及びモニタリング技術高度化研究(共同研究)

地層処分研究開発部門; 原子力環境整備促進・資金管理センター 事業環境調査研究プロジェクト*

JAEA-Research 2008-060, 72 Pages, 2008/06

JAEA-Research-2008-060.pdf:20.38MB

原子力機構と原子力環境整備促進・資金管理センターは、高レベル放射性廃棄物地層処分の研究及び技術開発に関する多くの技術やノウハウを提供しあうことにより、地層処分における性能評価及びモニタリング技術の高度化を図った。本共同研究では、以下に示すように、性能評価技術として5項目、モニタリング技術として1項目について検討を行った。性能評価技術・多様なスケールを対象とした性能評価モデル・体系の検討・ガラス固化体スケールを対象とした解析技術の開発・処分場スケールを対象とした解析技術の開発・地球化学情報の統合化技術の開発・安全性を説明するための論理構造に関する理解促進技術の開発,モニタリング技術・光ファイバセンサ技術の適用性検討,上記の研究項目に対し、両機関における技術や情報の提供あるいは共有のもとに、共同研究の場を活用して研究開発の方針や方向性を議論・検討した。またその結果を反映し、適切な役割分担のもと、調査や個別の評価技術の開発を効率的に実施した。さらに、今年度の検討を通じて認識された課題も踏まえ、今後、優先して実施すべき開発課題の抽出も行った。

報告書

高レベル放射性廃棄物の地層処分に関する性能評価技術高度化研究(共同研究)

地層処分研究開発部門; 原子力環境整備促進・資金管理センター 事業環境調査研究プロジェクト*

JAEA-Research 2006-091, 140 Pages, 2006/12

JAEA-Research-2006-091.pdf:9.66MB

原子力機構と原環センターは、高レベル放射性廃棄物地層処分の研究及び技術開発に関する多くの技術やノウハウを提供しあうことにより、地層処分における性能評価技術の高度化を図った。本共同研究では、以下の5項目について検討を行った。多様なスケールを対象とした核種移行解析技術の開発の基本戦略の立案・ガラス固化体スケールを対象とした解析技術の開発・処分場スケールを対象とした解析技術の開発・地球化学情報の統合化技術の開発・安全性を説明するための論理構造に関する理解促進技術の開発。今後、本年度策定した全体計画に基づき、課題解決のための具体的な研究開発を継続して実施していくことが重要である。

5 件中 1件目~5件目を表示
  • 1