検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年
検索結果: 2 件中 1件目~2件目を表示
  • 1

発表形式

Initialising ...

選択項目を絞り込む

掲載資料名

Initialising ...

発表会議名

Initialising ...

筆頭著者名

Initialising ...

キーワード

Initialising ...

使用言語

Initialising ...

発行年

Initialising ...

開催年

Initialising ...

選択した検索結果をダウンロード

報告書

「疎水性, 親水性新規ジアミド化合物によるMA相互分離技術開発」3年間成果のまとめ(受託研究)

佐々木 祐二; 津幡 靖宏; 北辻 章浩; 須郷 由美; 白数 訓子; 池田 泰久*; 川崎 武志*; 鈴木 智也*; 三村 均*; 臼田 重和*; et al.

JAEA-Research 2014-008, 220 Pages, 2014/06

JAEA-Research-2014-008.pdf:41.81MB

文部科学省からの委託事業、原子力システム研究開発事業で行った研究「疎水性,親水性新規ジアミド化合物によるMA相互分離技術開発」3年間の成果をまとめる。本事業は次の3つのテーマからなる、(1) MA+Ln一括分離技術開発:DOODA基礎特性評価、(2)Am/Cm/Ln相互分離技術開発: Ln錯体の基礎特性評価,溶媒抽出分離法,抽出クロマトグラフィー法、(3)分離技術評価: プロセス評価。(1)では新規抽出剤であるDOODAの基礎特性の成果をまとめた。(2)では新規配位子が配位した金属錯体の構造解析結果、抽出剤を使った溶媒抽出結果、及び抽出クロマトグラフィーでのカラム分離結果をまとめた。(3)ではこれら結果を総合して相互分離フローを作成し、それぞれフラクションの元素量,放射能量,発熱量の評価を行った。

口頭

疎水性,親水性新規ジアミド化合物を併用するMA相互分離,5; 抽出剤含浸SiO$$_{2}$$-PによるLnの分離

山西 彗*; 三村 均*; 佐々木 祐二; 森田 泰治

no journal, , 

射性廃棄物発生量の低減、及び処理,処分における負担軽減を目指している核種分離プロセスにおいて、高レベル廃液中のMA(マイナーアクチノイド)などの長半減期核種の分離及び核変換は極めて重要な課題である。MA+Ln一括分離からのMAとLn(ランタノイド)の分離を行うために、SiO$$_{2}$$-P(多孔性シリガゲル)担体を用いた抽出剤含浸吸着剤を合成し、Lnに対する基礎的なバッチ吸着特性を調べた。ジグリコールアミド(DGA)化合物及びジオキサオクタンジアミド(DOODA)化合物を用いた吸着剤ともに、約1時間でEuは吸着平衡に達することがわかった。Ndもほぼ同様な結果が得られた。同一の硝酸濃度においてイオン半径に依存した分配係数の増加傾向が見られた。また、硝酸濃度が高くなるにつれ、分配係数が増加する傾向も見られた。さらに、模擬高レベル廃液(SHLLW)中でもLnの吸着が確かめられた。

2 件中 1件目~2件目を表示
  • 1