検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年
検索結果: 6 件中 1件目~6件目を表示
  • 1

発表形式

Initialising ...

選択項目を絞り込む

掲載資料名

Initialising ...

発表会議名

Initialising ...

筆頭著者名

Initialising ...

キーワード

Initialising ...

使用言語

Initialising ...

発行年

Initialising ...

開催年

Initialising ...

選択した検索結果をダウンロード

論文

Development of under sodium viewer for next generation sodium-cooled Fast reactor; Imaging test in sodium

相澤 康介; 近澤 佳隆; 荒 邦章; 由井 正弘*; 神納 健太郎*; 平松 貴志*

Proceedings of 2019 International Congress on Advances in Nuclear Power Plants (ICAPP 2019) (Internet), 7 Pages, 2019/05

ナトリウム冷却炉において、不透明な液体金属中の可視化技術は重要な課題である。障害物を検知する水平型ナトリウム中可視化装置及び画像化を可能とするナトリウム中可視化装置が各機関で研究開発が進められてきた。既往の研究開発では、受信センサとして圧電素子を用いていた。本研究では、高解像度が期待できる光受信方式を採用したナトリウム中可視化装置の実用化を目指す。光受信方式は、薄膜の振動変位をレーザにより検知するものである。今回は、受信センサの性能向上に着目した開発を行う。受信センサの性能向上の課題は、受信センサ内部での音響伝播が課題である。この課題を解決するため、水中及びナトリウム中での試作試験を実施した。また、改良した受信センサを用いて水中及びナトリウム中を実施した。画像化試験結果より、受信波形と再生画像の関係を確認した。

論文

Development of under sodium viewer for next generation sodium-cooled fast reactors

相澤 康介; 近澤 佳隆; 荒 邦章; 由井 正弘*; 植本 洋平*; 黒川 正秋*; 平松 貴志*

Proceedings of International Conference on Fast Reactors and Related Fuel Cycles; Next Generation Nuclear Systems for Sustainable Development (FR-17) (USB Flash Drive), 9 Pages, 2017/06

ナトリウム冷却高速炉では、不透明なナトリウム中の検査が重要な課題の一つである。世界各国の機関において、長距離から障害物の有無を検出する目的とした水平USV(ナトリウム中可視化す装置)、短距離または中距離から可視化を目的とした画像化USVが開発されてきた。本研究では、約1mの距離から画像化を目的としたUSVを開発した。本研究では、受信センサとして、ダイアフラムの振動を光学的に検知するシステムを採用した。本研究では、主に受信センサ及び送信センサの感度向上を目指し、かつ改良した受信センサ及び送信センサを用いた水中画像化試験を実施した。試験の結果、改良センサを用いることで従来より高解像度の画像を得られることを明らかになった。

報告書

JT-60UのW型ダイバータの設計と据付け

児玉 幸三; 正木 圭; 笹島 唯之; 森本 将明*; 高橋 昇龍*; 櫻井 真治; 岸谷 和広*; 西堂 雅博; 井上 雅彦*; 河内 俊成*; et al.

JAERI-Tech 98-049, 151 Pages, 1998/11

JAERI-Tech-98-049.pdf:6.45MB

JT-60のダイバータは、エネルギー閉じ込めと放射ダイバータの両立とダイバータ機能の向上を図ることを目的としてW型ダイバータに改造された。W型ダイバータの改造は、平成7年度から設計作業が開始され、平成9年の5月の据付作業の完了をもって終了した。本報告書は、W型ダイバータの設計、据付け及び平成9年の運転状況が含まれる。

報告書

「常陽」MK-III計画に係る設工認及び使用前検査申請のフレームワーク

平松 貴志; 冨田 直樹; 小林 孝典; 坂井 茂

PNC-TN9440 96-006, 53 Pages, 1996/03

PNC-TN9440-96-006.pdf:1.78MB

「常陽」MK-3計画は、照射性能の向上と照射技術の高度化を目的とした、高速実験炉「常陽」改造計画である。「常陽」の改造にあたっては、各改造機器、設備等の計画及び工事の方法の認可(設工認)及び使用前検査の申請が必要となるため、これらに先駆けて平成7年4月より、科学技術庁原子炉規制課とMK-3計画に係る設工認及び使用前検査申請のフレームワークのヒアリングを開始し、約8ヶ月にわたり行った。ヒアリングの過程では、主に移行炉心に係る使用前検査上の課題(1移行炉心の位置付け及び検査対象、2燃料集合体の100MWと140MWの2回合格及び合格対象)についての対応を検討した。その結果、設工認及び使用前検査申請の方針としては、1、1つの設置変更許可に対して、1つの設工認を分割申請し、1つの使用前検査を変更していき、MK-3全体の合格証1つを受領することを原則とする。2、一方で並行して移行炉心各サイクルごとに使用する燃料(炉心の位置付けに近い)の使用前検査を分割申請し、燃料の工場検査と共に炉心装荷後は「原子炉施設全体」についても受験し(ただし、項目は移行炉心に係るもの)、合格証を受領するものとする。となった。ここで、移行炉心の検査対象炉心としては、燃料集合体の設工認に、性能検査を実施した炉心構成のみで使用するものと記述した上で、移行炉心構成として要素体数に範囲のあるものを記載するものとする。本資料は、これらの課題の検討経緯を含めた当核申請の全体砕組についてまとめたものである。

口頭

JSFRの安全保護系の検討

石川 信行; 藤田 薫; 近澤 佳隆; 平松 貴志*; 鈴木 慎一*

no journal, , 

JSFRの安全保護系について、ロジック回路構成,安全保護系で用いる信号,設定値等の検討を進めている。加えて検討においては、想定される多様なパラメータを考慮した包括的な解析評価を行い、安全保護系への要求要件を満足するかの評価が必要となる。そのため本報では、その一例として、TOP型の代表事象である制御棒誤引き抜き事象について安全解析を行い、炉心燃料の健全性に関する安全判断基準に照らして安全保護系の充足性を評価した結果も含め、JSFRの安全保護系の検討状況について報告する。

口頭

ナトリウム中目視検査装置の開発,3; Na中画像化試験

相澤 康介; 近澤 佳隆; 荒 邦章; 由井 正弘*; 神納 健太郎*; 平松 貴志*

no journal, , 

ナトリウム冷却高速炉の原子炉容器内構造物等の目視検査のために、超音波を用いたナトリウム中目視検査装置の開発を進めてきた。超音波の受信方式として金属箔(ダイヤフラム)の振動変位をレーザ光で検出する光方式の受信センサを採用した装置の実用化を目指している。要素技術の高度化に向けた要因に着眼し、水中及びナトリウム中(約200$$^{circ}$$C)試験を通じて、主に光方式受信センサ要素を対象とした音圧伝播挙動ならびに画像再構成に関わる支配要因について検討した。

6 件中 1件目~6件目を表示
  • 1