検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年
検索結果: 3 件中 1件目~3件目を表示
  • 1

発表形式

Initialising ...

選択項目を絞り込む

掲載資料名

Initialising ...

発表会議名

Initialising ...

筆頭著者名

Initialising ...

キーワード

Initialising ...

使用言語

Initialising ...

発行年

Initialising ...

開催年

Initialising ...

選択した検索結果をダウンロード

報告書

第2期中期計画における原子力施設の廃止措置と技術開発

照沼 章弘; 三村 竜二; 長島 久雄; 青柳 義孝; 廣川 勝規*; 打它 正人; 石森 有; 桑原 潤; 岡本 久人; 木村 泰久; et al.

JAEA-Review 2016-008, 98 Pages, 2016/07

JAEA-Review-2016-008.pdf:11.73MB

原子力機構は、平成22年4月から平成27年3月までの期間における中期目標を達成するための計画(以下「第2期中期計画」という。)を作成した。また、上記期間中の各年度の業務運営に関する計画(以下「年度計画」という。)を定めている。バックエンド研究開発部門は、この第2期中期計画及び年度計画に基づいて、廃止措置技術開発と原子力施設の廃止措置を進めてきた。本報告は、バックエンド研究開発部門が第2期中期に実施した廃止措置技術開発と原子力施設の廃止措置の結果についてまとめたものである。

論文

ATR開発成果活用システムの開発

打它 正人; 西村 弘; 岩永 茂敏

動燃技報, (9), 6 Pages, 

新型転換炉ふげん発電所では、ATRの開発や運転により得られたノウハウの散逸を防ぐために、設計データ等を取りまとめたデータベースシステムや「ふげん」運転保守のための各種業務支援システムのデータベース等を作成するとともに、異なるシステムのデータを一括検索し提供する「ATR開発成果活用システム」を構築した。このことについて、サイクル機構技報で発表する。

口頭

原子炉廃止措置研究開発センター(ふげん)の廃止措置状況

打它 正人

no journal, , 

原子力施設デコミッショニング技術講座は、原子力研究バックエンド推進センターが、国内外の原子力の廃止措置に関する技術・情報の提供を目的として、定期的に開催している講座である。今般、同センターより、「ふげん」の廃止措置の状況に関する講演依頼があり、これに基づき報告するものである。内容は、「ふげん」の廃止措置状況全般及び廃止措置技術開発、高経年化のための調査研究について講演する。

3 件中 1件目~3件目を表示
  • 1