検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年
検索結果: 4 件中 1件目~4件目を表示
  • 1

発表形式

Initialising ...

選択項目を絞り込む

掲載資料名

Initialising ...

発表会議名

Initialising ...

筆頭著者名

Initialising ...

キーワード

Initialising ...

使用言語

Initialising ...

発行年

Initialising ...

開催年

Initialising ...

選択した検索結果をダウンロード

報告書

排気中ヨウ素の最適捕集材・捕集効率の調査研究(I)

池田 長生*

PNC-TJ168 85-09, 50 Pages, 1985/03

PNC-TJ168-85-09.pdf:1.43MB

研究目的 原子力の平和利用は,U-235やPu-239から,その核分裂エネルギーを人間の管理できるように,取り出すということが前提とされる。したがって,原子力施設を安全に稼動させるためには,核分裂生成物を可能な限り環境へ放出させない技術が必要となる。しかし多少は環境に放出されるので,放出源についての情報が必要である。環境中に放出されやすい核分裂生成物は,核分裂収率が高く,揮発性のものが多い。特に,放射性ヨウ素は,人体に取り込まれると,甲状腺に濃縮されることが知られており,なかでもI-129は,半減期が1.6$$times$$107--と桁違いに長く,環境中では半永久的な存在核種と考えられる。これらの放出監視機能をもつヨウ素モニタには,活性炭をはじめとして種々の捕集材が使われているが,窒素酸化物(NO-),水蒸気,希ガスなどの妨害ガス等の数多くの因子により,その捕集効率が著しく影響されることが明らかとなった。しかし,捕集効率と影響因子の関係については,十分に研究されていないのが実状である。本研究では,放出されるヨウ素の監視を充実させるために,実際の放出条件に対応した最適捕集材と捕集効率に関する調査・研究を行い,モニタリングシステムの改善を図ることを目的とする。実施項目と実施概要 本研究では,今までに放射性ヨウ素の捕集特性について報告された文献を調査し,それらを参考にして,実験室内でのヨウ素ガス捕集特性試験装置を設計・製作した。この試験装置を用いて10%TEDA添着活性炭の捕集特性を観測した。実施項目は,以下の1)$$sim$$3)である。1)文献調査 2)ヨウ素ガス捕集特性試験装置の設計・製作 3)10%TEDA添着活性炭の捕集特性試験 研究期間 昭和59年11月から昭和60年3月までである。研究場所 筑波大学化学系放射化学研究室およびアイソトープセンターで行った。

論文

放射性スカンジウムの陽イオン交換樹脂に対する一挙動

木村 健二郎*; 池田 長生*; 木村 幹; 川西 はる子*; 木村 真理子*; 鈴木 征雄

Radioisotopes, 9(2), p.108 - 111, 1960/00

スカンジウムのイオン交換については、1953年Radhakrishnaが陽イオン交換樹脂を用い、いろいろなpH値のクエン酸溶液を用いて溶離を行ない、また1955年VickeryはEDTAなどを用いて溶離を行ない、いずれの場合にもスカンジウムはほかの希土類元素より先に溶出することを見出している。陰イオン交換についてはKraus,Nelsonが12N塩酸酸性で弱く陰イオン交換樹脂に吸着することを見出している。一方今回用いたシュウ酸を溶離剤に使った例はかなり多く、Zr,Nb(V),Hf,Th,Np(IV),Fe(III),U(VI),Sb(III),Cu(II)などの溶離が可能であり、また共同実験者の1人木村健らによりPaも溶出することが認められた。このZrおよびNb(V)が溶離され希土類元素が溶離されない性質は核分裂生成物の分属分離のさいに適用され、Tompkinsらは核分裂生成物を陽イオン交換樹脂につけたのち、ZrおよびNbを0.5%シュウ酸で溶離し、そののち希土類元素をクエン酸で溶離しており、わが国でも多くの検討がなされた。さてわれわれは生体試料中の核分裂生成物の分離法の検討を行ない、その1部は本誌に投稿したが、この核討のさいに希土類元素のトレーサーとして、放射性スカンジウムを用いたところ、上記の0.5%シュウ酸で簡単に溶出することがわかった。これはほかの希土類元素には見られない性質であったのでいくらかの検討を加えてみた。

論文

高比放射能のケイ素-31及びリン-32の同時製造について

池田 長生*; 海老原 寛

日本原子力学会誌, 1, P. 234, 1959/00

抄録なし

論文

放射性ヨウ素の精製について

池田 長生*; 吉原 賢二

Radioisotopes, 6(1), p.6 - 9, 1957/00

抄録なし

4 件中 1件目~4件目を表示
  • 1