検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年
検索結果: 8 件中 1件目~8件目を表示
  • 1

発表形式

Initialising ...

選択項目を絞り込む

掲載資料名

Initialising ...

発表会議名

Initialising ...

筆頭著者名

Initialising ...

キーワード

Initialising ...

使用言語

Initialising ...

発行年

Initialising ...

開催年

Initialising ...

選択した検索結果をダウンロード

報告書

汎用小型試験研究炉の概念検討; 平成22年度活動報告(共同研究)

今泉 友見; 宮内 優; 伊藤 正泰; 綿引 俊介; 永田 寛; 花川 裕規; 那珂 通裕; 川又 一夫; 山浦 高幸; 井手 広史; et al.

JAEA-Technology 2011-031, 123 Pages, 2012/01

JAEA-Technology-2011-031.pdf:16.08MB

世界の試験研究炉は、老朽化に伴う廃炉により減少しているが、その一方でアジア諸国においては、原子力発電の導入計画が相次いでいる。このようなアジア諸国では、原子力発電所を建設した後の運転管理ができる技術者の育成が課題となっていると同時に、自国における原子力技術を高めるため、軽水炉の長期化対策,科学技術の向上,産業利用及び原子力人材育成のための試験研究炉の必要性が高まっている。このような背景から、照射試験炉センターにおいては、今後、発電用原子炉を導入する国に向け、各種照射利用や教育訓練に用いる試験研究炉の基本概念検討を開始した。設計活動を通じた本検討は、照射試験炉センターにおける試験研究炉の設計に必要な計算コードなどの環境の整備及び人材育成に貢献するとともに、本概念検討に共同研究として参加する原子力関連会社の試験研究炉にかかわる技術力の維持,向上にも貢献することが期待される。本報告は、平成22年度に設置された「照射試験炉センター汎用小型試験研究炉WG(ワーキンググループ)」と原子力関連会社が行った平成22年7月$$sim$$平成23年6月までの試験研究炉の概念検討結果について取りまとめたものである。

論文

東海再処理施設における加湿器を用いた計測導圧管の詰まり予防対策

安尾 清志; 瀬戸 信彦; 綿引 誠一; 岩崎 省悟; 伊波 慎一

日本保全学会第6回学術講演会要旨集, p.506 - 509, 2009/08

東海再処理施設では、放射性溶液の液位及び密度の測定にエアパージ計測法を用いている。エアパージ計測法では、硝酸塩を含む放射性溶液からの塩の析出により、計測導圧管先端部に詰まりが生じる。塩が析出する原因は、エアパージ計測に乾燥した空気を用いていることが考えられる。そこで、塩が析出する可能性のある計測導圧管に加湿した空気を送ることで詰まりを予防する実験を行い、その効果を確認した。

論文

真空を用いた槽間液移送用三方向切替弁の開発

安尾 清志; 瀬戸 信彦; 綿引 誠一; 福有 義裕

日本保全学会第5回学術講演会要旨集, p.385 - 387, 2008/07

東海再処理工場では、核燃料物質を含む硝酸溶液等の液移送は、真空を利用し、三方切替弁により操作されている。当初の三方切替弁は、1年ないし2年で故障が発生して液移送ができなくなり、信頼性が低かった。故障の原因は、可動部品の樹脂製ダイアフラムの破損であったため、ステンレス製のベローズを用いた三方切替弁を開発した。これにより、可動部品の故障がなくなり、信頼性が大幅に向上した。

論文

エアパージ計測システムにおける計測用配管詰まり診断装置を開発

中野 貴文; 綿引 誠一; 山本 隆一

日本原子力学会誌, 43(7), p.7 - 8, 2001/00

エアパージ計測システムにおいては、計測用配管の先端部に塩が析出による詰まりが発生し、計測不能になることがある。この計測用配管の詰まりを計測用配管内の圧力変動からより早期に検知する装置を開発した。

論文

東海再処理向上 酸回収蒸発缶(273 E30)の解体撤去

大関 達也; 綿引 誠一; 高橋 啓三

原子力施設デコミッショニング研究協会誌, (1), p.56 - 60, 1989/00

None

論文

計装ループ系自動点検システムの開発

綿引 誠一; 福有 義裕; 小林 健太郎; 野上 隆雄; 小形 佳昭

動燃技報, 91, , 

従来人手により行っていた計装ループの健全性を確認するための点検作業を自動的に迅速かつ適時実施できる自動点検システムを開発したので報告する。自動点検システムは、人手により行っていた計測の停止、インタロックの事前処置、模擬信号の入力、点検データの収集及び作成、点検終了後の計測復帰等をキーボード操作により、予め設定した条件及び順序に従って自動的に行うシステムである。試験の結果から、システムの点検精度、再現性、耐久性及び既設測定系への影響等は従来の人手による点検に劣るものでないことが確認できた。また、点検時間の短縮及び作業員の省力化、ヒューマンエラーの防止等が図れた。

口頭

再処理施設における負圧環境下で正確に作動する差圧式圧力スイッチの開発

安尾 清志; 森本 憲次; 瀬戸 信彦; 綿引 誠一

no journal, , 

特願 2009-105389   公報

再処理施設の建家,セル,貯槽類は、核燃料物質の閉じ込めのため常時負圧を維持している。このような負圧環境下では、液位,圧力等の物理的変化を検知するために用いている差圧式圧力スイッチの内部にも、閉じ込めのための気密性が要求される。しかし、現状の市販品では、気密性を有するものの、計測する系統の負圧が深くなるに従い、差圧スイッチが作動する値が許容範囲からズレを生じるという課題を有している。このため、新たな受圧部材を用いた試作機の設計・製作を行った。試作機については、信頼性を評価するための作動試験,加振及び耐久性試験を実施し、実用化に必要な信頼性のあることを確認し、製品化に向けて品質の向上を図るべく改良に取り組んでいる。

特許

ベローズ型差圧式圧力スイッチ及び圧力検出システム

安尾 清志; 綿引 誠一

小針 保明*

特願 2009-105389  公開特許公報  特許公報

【課題】低圧室の雰囲気の圧力の変化に基づく検出誤差の発生を防止することができるベローズ型差圧式圧力スイッチ及び圧力検出システムを実現する。 【解決手段】差圧容器403内を仕切って低圧室401と高圧室402を形成し受圧変位体420の変位に応動するベローズ型差圧式圧力スイッチにおいて、前記受圧変位体は、高圧室から低圧室に向かって伸縮する円筒形状のベローズ421の先端開口を閉じるように該ベローズの先端開口に結合され、前記応動スイッチは、ベローズ先端封止部材422の凹部の周壁に取り付けた永久磁石423と、リードスイッチ425を備え、前記ベローズ先端封止部材の凹部の底壁422Cと前記差圧容器の壁403Aを気密状態に貫通するように螺着された調整ねじ426との間に圧縮状態に介在させたベローズ伸長調整ばね427を設ける。

8 件中 1件目~8件目を表示
  • 1