検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年
検索結果: 5 件中 1件目~5件目を表示
  • 1

発表形式

Initialising ...

選択項目を絞り込む

掲載資料名

Initialising ...

発表会議名

Initialising ...

筆頭著者名

Initialising ...

キーワード

Initialising ...

使用言語

Initialising ...

発行年

Initialising ...

開催年

Initialising ...

選択した検索結果をダウンロード

論文

Comprehensive analysis and evaluation of Fukushima Daiichi Nuclear Power Station Unit 2

山下 拓哉; 佐藤 一憲; 本多 剛*; 野崎 謙一朗*; 鈴木 博之*; Pellegrini, M.*; 酒井 健*; 溝上 伸也*

Nuclear Technology, 206(10), p.1517 - 1537, 2020/10

 被引用回数:0 パーセンタイル:100(Nuclear Science & Technology)

The estimation and understanding of the state of fuel debris and fission products inside the plant is an essential step in the decommissioning of the TEPCO Fukushima Daiichi Nuclear Power Station (1F). However, the direct observation of the plant interior, which is under a high radiation environment. Therefore, in order to understand the plant interior conditions, the comprehensive analysis and evaluation is necessary, based on various measurement data from the plant, analysis of plant data during the accident progression phase and information obtained from computer simulations for this phase. These evaluations can be used to estimate the conditions of the interior of the reactor pressure vessel (RPV) and the primary containment vessel (PCV). Herein, 1F Unit 2 was addressed as the subject to produce an estimated map of the fuel debris distribution from data obtained about the RPV and PCV based on the comprehensive evaluation of various measurement data and information obtained from the accident progression analysis, which were released to the public in June 2018.

口頭

東京電力福島第一発電所事故におけるセシウムの化学的挙動に関する検討,10; 球状Cs含有粒子の生成メカニズムに関する現象論的考察

伊東 賢一*; 鈴木 晶大*; 大石 佑治*; 中森 文博*; 曳田 史朗*; 野崎 謙一朗*; 本多 剛*; 溝上 伸也

no journal, , 

福島県および首都圏で観測された球形のセシウム含有粒子(以下、不溶性Cs粒子)は、構成成分および高温からの急冷を必要とする組織上の特徴から、福島第一原子力発電所2号機原子炉圧力容器(RPV)で生成したと考えられる。事故進展との関係を含め、不溶性Cs粒子の生成メカニズムを現象論的に考察した。

口頭

東京電力福島第一原子力発電所炉内状況把握の解析・評価,115; 総合的な分析・評価のまとめ; 2号機

山下 拓哉; 本多 剛*; 溝上 伸也*; 野崎 謙一朗*; 鈴木 博之*; Pellegrini, M.*; 酒井 健*

no journal, , 

福島第一原子力発電所の廃止措置において、原子炉内・格納容器内の燃料デブリや核分裂生成物等の状況を推定・把握することは不可欠であるが、高線量下にある現場を直接観察することは、現時点でも困難な状態である。このため、現状の考えうる状態を可視化すべく、廃炉・汚染水対策事業費補助金(総合的な炉内状況把握の高度化)では、事故時および事故後の測定データの分析、試験により得られた知見、事故進展解析の結果といった個別の検討課題の成果に加え、現場調査により得られる様々な情報やこれまでに得られた成果を有効に活用するというアプローチをとることで、炉内・格納容器内の状態を総合的に分析・評価した。

口頭

東京電力福島第一原子力発電所炉内状況把握の解析・評価,113; 総合的な分析・評価のまとめ; 3号機

溝上 伸也*; 本多 剛*; 野崎 謙一朗*; 酒井 健*; 山下 拓哉; Pellegrini, M.*; 鈴木 博之*

no journal, , 

東京電力福島第一原子力発電所(以下、「1F」という)の1$$sim$$3号機は、津波により冷却機能を喪失しただけではなく、直流電源の喪失により計測器の測定値の取得が困難となったため、事故進展そのものに関する情報が不足しており、また、過酷事故解析コードによる計算結果も不確かさが大きいことから、事故後の原子炉・格納容器の状況を把握することは非常に困難であった。また、1Fで実施される調査は、廃炉のための作業に関連するものとして実施されており、線量情報を除けば、情報の統一的な管理がなされておらず作業ごとに情報が散在している状況であった。そのため、廃炉・汚染水対策事業費補助金(総合的な炉内状況把握の高度化)では、事故時および事故後の測定データの分析、試験により得られた知見、事故進展解析の結果といった個別の検討課題の成果に加え、現場調査により得られる様々な情報を各号機の主要な区画ごとに収集し、検討成果と現場情報との整合性を比較し、総合的に分析・評価することで炉内・格納容器内の状態を推定し、その結果を、視覚的にわかりやすい燃料デブリ分布の推定図、FP分布の推定図、線量分布の推定図の形でまとめた。本発表では、代表図として燃料デブリ分布の推定図を解説する。

口頭

東京電力福島第一原子力発電所炉内状況把握の解析・評価,114; 総合的な分析・評価のまとめ; 1号機

酒井 健*; 溝上 伸也*; 本多 剛*; 野崎 謙一朗*; 山下 拓哉; Pellegrini, M.*; 鈴木 博之*

no journal, , 

福島第一原子力発電所の廃止措置において、原子炉内・格納容器内の燃料デブリや核分裂生成物等の状況を推定・把握することは不可欠であるが、高線量下にある現場を直接観察することは、現時点でも困難な状態である。このため、現状の考えうる状態を可視化すべく、廃炉・汚染水対策事業費補助金(総合的な炉内状況把握の高度化)では、事故時および事故後の測定データの分析、試験により得られた知見、事故進展解析の結果といった個別の検討課題の成果に加え、現場調査により得られる様々な情報やこれまでに得られた成果を有効に活用するというアプローチをとることで、炉内・格納容器内の状態を総合的に分析・評価した。

5 件中 1件目~5件目を表示
  • 1