検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年
検索結果: 2 件中 1件目~2件目を表示
  • 1

発表形式

Initialising ...

選択項目を絞り込む

掲載資料名

Initialising ...

発表会議名

Initialising ...

筆頭著者名

Initialising ...

キーワード

Initialising ...

使用言語

Initialising ...

発行年

Initialising ...

開催年

Initialising ...

選択した検索結果をダウンロード

論文

Lagrangian models for nuclear studies; Examples and applications

Arnold, D.*; Seibert, P.*; 永井 晴康; Wotawa, G.*; Skomorowski, P.*; Baumann-Stanzer, K.*; Polreich, E.*; Langer, M.*; Jones, A.*; Hort, M.*; et al.

Lagrangian Modeling of the Atmosphere, p.329 - 347, 2013/05

WSPEEDIは、非静力大気力学モデルMM5とラグランジアン粒子拡散モデルGEARNから構成される。MM5は、世界中に多数のユーザーを持つコミュニティーモデルで、天気予報に用いている国もある。GEARNは、放出点から放出された多数のマーカー粒子を追跡することにより、放射性物質の大気拡散を計算する。原子力機構は、福島第一原子力発電所事故による公衆への放射線影響を評価するために、環境モニタリングと計算シミュレーションにより環境中の放射性物質の拡散状況を解析している。この解析では、まず、大気への放射性物質の放出量を推定し、その結果を用いて原発周辺の局地的な拡散状況の解析等を実施した。

論文

Fluorescence properties of a uranyl(V)-carbonate species [U(V)O$$_{2}$$(CO$$_{3}$$)$$_{3}$$]$$^{5-}$$ at low temperature

Grossmann, K.*; Arnold, T.*; 池田 篤史; Steudner, R.*; Geipel, G.*; Bernhard, G.*

Spectrochimica Acta, Part A, 72(3), p.449 - 453, 2009/03

水溶液中では安定化が困難であることが知られている五価ウランを炭酸水溶液中で調製し、その蛍光特性を低温状態(153K)で初めて検討した。その結果、255nmで励起された炭酸ウラニル(V)は405nm付近の蛍光発光を示す一方、408nmで励起された物は413nm付近に蛍光発光を示すこと、さらに炭酸ウラニル(V)の蛍光寿命は153Kで120$$mu$$sであることが明らかになった。

2 件中 1件目~2件目を表示
  • 1