検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年
検索結果: 4 件中 1件目~4件目を表示
  • 1

発表形式

Initialising ...

選択項目を絞り込む

掲載資料名

Initialising ...

発表会議名

Initialising ...

筆頭著者名

Initialising ...

キーワード

Initialising ...

使用言語

Initialising ...

発行年

Initialising ...

開催年

Initialising ...

選択した検索結果をダウンロード

論文

Progress of demonstration experiment on irradiation of vibro-packed MOX fuel assemblies in the BN-600 reactor

Mayorshin, A. A.*; Skiba, O. V.*; Bychkov, A. V.*; Kisly, V. A.*; Shishalov, O. V.*; Krukov, F. N.*; Novoselov, A. E.*; Markov, D. V.*; Green, P. I.*; 舟田 敏雄; et al.

Proceedings of International Conference on Fast Reactors and Related Fuel Cycles (FR 2009) (CD-ROM), 11 Pages, 2012/00

本論文は、高速炉BN-600におけるバイパックMOX燃料ピンと21体集合体の製造,照射及びPIEを含む実証試験結果について述べる。これらの試験では、安全性に関する違反事項は生じなかった。実証試験は、ロシアの研究所RIAR, OKBM, BNPPと日本の文部科学省, 原子力機構及びペスコの国際協力で実施された。試験の目的は、兵器級プルトニウムの処分にバイパックMOX燃料の適用性を実証することである。

論文

Development of a performance analysis code for vibro-packed MOX fuels

石井 徹哉; 根本 潤一*; 浅賀 健男; 佐藤 正知*; Mayorshin, A.*; Shishalov, O.*; Kryukov, F.*

Journal of Nuclear Science and Technology, 45(4), p.263 - 273, 2008/04

 被引用回数:1 パーセンタイル:88.43(Nuclear Science & Technology)

高速炉用MOXバイパック燃料の照射挙動解析コードを開発するため、炉外試験等で得られた知見をもとにバイパック燃料用挙動評価モデル群を構築し、それらをペレット型燃料用挙動解析コードCEDARに導入し、CEDAR-VIPAC版を整備した。このCEDAR-VIPAC版の解析機能を検証するためにロシアで照射されたMOXバイパック燃料の照射挙動解析を実施した結果、モデル化が適切に行えていることを確認できた。

報告書

露BOR-60でのODSフェライト鋼燃料ピンの限界照射試験,1; 契約締結から照射試験開始まで

皆藤 威二; 鵜飼 重治; 関 正之; Mayorshin, A. A.*; O.V.SHISHALOV*

JNC-TY9400 2003-032, 243 Pages, 2004/03

JNC-TY9400-2003-032.pdf:8.3MB

JNCで開発したODSフェライト鋼被覆管の実用化見通しを早期に判断するため、日露FBRサイクル協力の下で、RIARの高速実験炉BOR-60を用いて先行的に限界照射試験を実施することとした。本報告書は契約締結から照射試験開始までに実施してきたJNCでの被覆管製造および上部端栓溶接、RIARで実施した先行溶接試験、燃料ピン設計、燃料ピンおよび燃料集合体の製造・検査についてまとめたものである。

論文

Development of ODS Ferritic Steel Cladding and its Irradiation Test in BOR-60

皆藤 威二; 鵜飼 重治; 関 正之; Mayorshin, A. A.*; O.V.Shishalov*

Inter.Conf. NUCLEAR POWER AND FUEL CYCLES, 0 Pages, 2003/00

ODS鋼は非常に硬く、難加工性であり、また圧延方向に結晶組織が伸びるため強度に異方性がある。これらを改善するために、$$alpha$$/$$gamma$$変態や再結晶の組織制御技術を開発し、冷間圧延による被覆管製造を可能とするとともに、従来の高強度フェライト-マルテンサイト鋼(PNC-FMS)を凌ぐ高温強度を達成することに成功した。また、このODS鋼の照射下での健全性を確認し、燃料被覆管としての性能を実証するためにロシアのBOR-60で照射試験を開始した。

4 件中 1件目~4件目を表示
  • 1