検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年
検索結果: 3 件中 1件目~3件目を表示
  • 1

発表形式

Initialising ...

選択項目を絞り込む

掲載資料名

Initialising ...

発表会議名

Initialising ...

筆頭著者名

Initialising ...

キーワード

Initialising ...

使用言語

Initialising ...

発行年

Initialising ...

開催年

Initialising ...

選択した検索結果をダウンロード

論文

Guidelines for thermodynamic sorption modelling in the context of radioactive waste disposal

Payne, T. E.*; Brendler, V.*; Ochs, M.*; Baeyens, B.*; Brown, P. L.*; Davis, J. A.*; Ekberg, C.*; Kulik, D.*; Lutzenkirchen, J.*; Missana, T.*; et al.

Environmental Modelling & Software, 42, p.143 - 156, 2013/04

 被引用回数:49 パーセンタイル:88.46(Computer Science, Interdisciplinary Applications)

熱力学的収着モデル(TSM)は、セーフティケースにおけるKd設定の科学的基盤を提供するため、また、化学環境に応じたKdの変化を評価するために利用される。TSM開発は、表面サイト,収着反応,静電補正といったモデル選定におけるさまざまな意思決定を含む。TSM開発の最良手法についてはコンセンサスには至っておらず、そのためにNEAではTSM構築の方針と過程を評価するための国際プロジェクトを進めている。本論は、放射性廃棄物処分のためのTSM開発に関して、本プロジェクトを通じて得られた多様な観点からの推奨事項を提示する。主要な推奨事項として、モデル開発の目的の定義、主要な意思決定事項の同定、実験的・理論的根拠と関連付けた意思決定、適切なレビューと繰り返しによるモデル開発、できる限り多くのデータへの適用、主要な意思決定の文書化が挙げられる。

論文

Applications of time-resolved laser fluorescence spectroscopy to the environmental biogeochemistry of actinides

Collins, R. N.*; 斉藤 拓巳*; 青柳 登; Payne, T. E.*; 木村 貴海; Waite, T. D.*

Journal of Environmental Quality, 40(3), p.731 - 741, 2011/05

 被引用回数:28 パーセンタイル:61.16(Environmental Sciences)

Time-resolved laser fluorescence spectroscopy (TRLFS) is a useful means of identifying certain actinide species resulting from various biogeochemical processes. In general, TRLFS differentiates chemical species of a fluorescent metal ion through analysis of different excitation and emission spectra and decay lifetimes. The main advantage of TRLFS over other advanced spectroscopic techniques is the ability to determine in situ metal speciation at environmentally relevant micromolar to picomolar concentrations. In the context of environmental biogeochemistry, TRLFS has principally been applied to studies of (1) metal speciation in aqueous and solid phases and (2) the coordination environment of metal ions sorbed to mineral and bacterial surfaces. In this review, the principles of TRLFS are described, and the literature reporting the application of this methodology to the speciation of actinides in systems of biogeochemical interest is assessed. Significant developments in TRLFS methodology and advanced data analysis are highlighted, and we outline how these developments have the potential to further our mechanistic understanding of actinide biogeochemistry.

論文

SHRIMP measurements of U and Pb isotopes in the Koongarra secondary ore deposit, northern Australia

永野 哲志; 佐藤 努*; Williams, I. S.*; Zaw, M.*; Payne, T. E.*; Airey, P. L.*; 柳瀬 信之; 磯部 博志*; 大貫 敏彦

Geochemical Journal, 34(5), p.349 - 358, 2000/10

 被引用回数:4 パーセンタイル:13.99(Geochemistry & Geophysics)

オーストラリア・クンガラウラン鉱床において、ウランは一次鉱床から地下水によって流され風化生成物である鉄鉱物に濃集し二次鉱床を形成している。本報では、二次鉱床中におけるウランの挙動についてのタイムスケールを得ることを目的として行った、高感度・高分解能イオンマイクロプローブ(SHRIMPII)によるウラン系列核種の放射能比測定の結果を報告した。鉄鉱物のうち、非晶質相からは1よりやや大きい値が、また結晶質相からはほぼ1に近い値が得られ、もし鉄鉱物が結晶化の過程で閉じていたとすれば、ウランが保持されてから少なくとも数百万年程度の年月が経過したことになる。一方、ウランに比べて動きにくい鉛の同位体比について分析したところ、二次鉱床内に存在する放射起源鉛には、風化が起こる前に一次鉱床から流れてきたものと、風化とともに流れ始めたが未だ一次鉱床近辺にとどまっているものがあることがわかった。

3 件中 1件目~3件目を表示
  • 1