検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年
検索結果: 5 件中 1件目~5件目を表示
  • 1

発表形式

Initialising ...

選択項目を絞り込む

掲載資料名

Initialising ...

発表会議名

Initialising ...

筆頭著者名

Initialising ...

キーワード

Initialising ...

使用言語

Initialising ...

発行年

Initialising ...

開催年

Initialising ...

選択した検索結果をダウンロード

論文

Fine structure in the $$alpha$$ decay of $$^{223}$$U

Sun, M. D.*; Liu, Z.*; Huang, T. H.*; Zhang, W. Q.*; Andreyev, A. N.; Ding, B.*; Wang, J. G.*; Liu, X. Y.*; Lu, H. Y.*; Hou, D. S.*; et al.

Physics Letters B, 800, p.135096_1 - 135096_5, 2020/01

 被引用回数:6 パーセンタイル:89.19(Astronomy & Astrophysics)

Fine structure in the $$alpha$$ decay of $$^{223}$$U was observed in the fusion-evaporation reaction $$^{187}$$Re($$^{40}$$Ar,p3n) by using fast digital pulse processing technique. Two $$alpha$$-decay branches of $$^{223}$$U feeding the ground state and 244 keV excited state of $$^{219}$$Th were identified by establishing the decay chain $$^{223}$$U$$rightarrow$$$$^{219}$$Th$$rightarrow$$$$^{215}$$Ra$$rightarrow$$$$^{211}$$Rn. The $$alpha$$-particle energy for the ground-state to ground-state transition of $$^{223}$$U was determined to be 8993(17) keV, 213 keV higher than the previous value, the half-life was updated to be 62$$^{+14}_{-10} mu$$s. Evolution of nuclear structure for $$N$$=131 even-$$Z$$ isotones from Po to U was discussed in the frameworks of nuclear mass and reduced $$alpha$$-decay width, a weakening octupole deformation in the ground state of $$^{223}$$U relative to its lighter isotones $$^{219}$$Ra and $$^{211}$$Th was suggested.

論文

Investigation of the electronic structure and lattice dynamics of the thermoelectric material Na-doped SnSe

Wu, P.*; Zhang, B.*; Peng, K. L.*; 萩原 雅之*; 石川 喜久*; 古府 麻衣子; Lee, S. H.*; 組頭 広志*; Hu, C. S.*; Qi, Z. M.*; et al.

Physical Review B, 98(9), p.094305_1 - 094305_7, 2018/09

 被引用回数:5 パーセンタイル:39.54(Materials Science, Multidisciplinary)

熱電材料であるNaドープしたSnSeについて、ARPES, 中性子回折, 中性子非弾性散乱でその電子構造と格子ダイナミクスを測定した結果を報告する。

論文

Origin of dramatic oxygen solute strengthening effect in titanium

Yu, Q.*; Qi, L.*; 都留 智仁; Traylor, R.*; Rugg, D.*; Morris, J. W. Jr.*; Asta, M.*; Chrzan, D. C.*; Minor, A. M.*

Science, 347(6222), p.635 - 639, 2015/02

 被引用回数:146 パーセンタイル:97.59(Multidisciplinary Sciences)

溶質元素がらせん転位の長距離弾性場と弱い相互作用をすることを考慮して、固溶硬化は可動転位と比較的弱い影響しか持たないとこれまで考えられてきた。この考えは転位芯との強い相互作用を示した第一原理計算によって覆されようとしている。我々は六方晶の$$alpha$$チタンを対象に実験と計算から顕著な強化機構について検討を行った。高解像度その場観察電子顕微鏡を駆使して、柱面を運動するらせん転位と酸素が非常に強い相互作用をすることを示した。また、第一原理計算から、格子間型の溶質酸素が転位芯と短距離ながら強い結合を生じることを明らかにした。これらは酸素原子近傍の転位のピン留め機構を生じ、従来の知見と異なり格子間固溶元素が強化機構に重要な役割を持つことを示している。

論文

Signature of the Z=82 shell closure in $$alpha$$-decay process

Andreyev, A. N.*; Huyse, M.*; Van Duppen, P.*; Qi, C.*; Liotta, R. J.*; Antalic, S.*; Ackermann, D.*; Franchoo, S.*; He${ss}$berger, F. P.*; Hofmann, S.*; et al.

Physical Review Letters, 110(24), p.242502_1 - 242502_5, 2013/06

 被引用回数:66 パーセンタイル:93.1(Physics, Multidisciplinary)

$$alpha$$-decay data for more than 20 nuclei of the most neutron-deificient isotopes in the region from lead to thorium was obtained. The combined analysis allowed us for the first time to clearly show that crossing the Z=82 shell to higher proton numbers strongly accelerates the $$alpha$$ decay. The analysis support the conjecture that both the N=126 and Z=82 shell closures stongly influence the $$alpha$$-formation probability.

口頭

ノックアウト反応で探るアルファ崩壊核でのアルファ粒子形成率

吉田 数貴; Qi, C.*

no journal, , 

本講演では、$$alpha$$ノックアウト反応を用いた原子核内での$$alpha$$粒子形成の探索に関する研究成果を発表する。$$alpha$$崩壊核ではその表面付近での$$alpha$$粒子形成率が、トンネル確率と並んで$$alpha$$崩壊を特徴づける重要は要素である。そこで本研究では、主に軽い原子核で発現することが知られている$$alpha$$クラスター構造を探索する手法として用いられる$$alpha$$ノックアウト反応を、$$alpha$$崩壊核に適用することで$$alpha$$粒子形成率そのものの直接決定を検討する。また、$$alpha$$ formation amplitudeの違いがノックアウト反応断面積やその運動量分布にどのように反映されるかについて議論する。

5 件中 1件目~5件目を表示
  • 1