検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年
検索結果: 2 件中 1件目~2件目を表示
  • 1

発表形式

Initialising ...

選択項目を絞り込む

掲載資料名

Initialising ...

発表会議名

Initialising ...

筆頭著者名

Initialising ...

キーワード

Initialising ...

使用言語

Initialising ...

発行年

Initialising ...

開催年

Initialising ...

選択した検索結果をダウンロード

論文

Detailed spectroscopy of doubly magic $$^{132}$$Sn

Benito, J.*; Fraile, L. M.*; Korgul, A.*; Piersa, M.*; Adamska, E.*; Andreyev, A. N.; $'A$lvarez-Rodr$'i$guez, R.*; 他81名*

Physical Review C, 102(1), p.014328_1 - 014328_18, 2020/07

The structure of the doubly magic $$^{132}_{50}$$Sn$$_{82}$$ has been investigated at the ISOLDE facility at CERN, populated both by the $$beta$$-decay of $$^{132}$$In and $$beta$$--delayed neutron emission of $$^{133}$$In. The level scheme of $$^{132}$$Sn is greatly expanded with the addition of 68 $$gamma$$-ray transitions and 17 levels. The identification of particle-hole multiplets both for protons and neutrons and the transition rates connecting different particle-hole configurations may provide input on the two-body matrix elements and single-particle states for state-of-the-art calculations.

論文

Valence-band electronic structure evolution of graphene oxide upon thermal annealing for optoelectronics

山口 尚人*; 小川 修一*; 渡辺 大輝*; 穂積 英彬*; Gao, Y.*; 江田 剛輝*; Mattevi, C.*; 藤田 武志*; 吉越 章隆; 石塚 眞治*; et al.

Physica Status Solidi (A), 213(9), p.2380 - 2386, 2016/09

 被引用回数:8 パーセンタイル:46.15(Materials Science, Multidisciplinary)

本論文では加熱による酸化グラフェンの還元過程について報告する。酸化グラフェンにおいて酸素官能基の修飾度合いは加熱温度により制御できるため、加熱温度による価電子帯構造の変化をリアルタイム光電子分光で調べた。600$$^{circ}$$C以上の加熱により、フェルミ準位近傍の状態密度の顕著な増加が確認された。この結果は、600$$^{circ}$$Cにおいてバンドギャップが存在する酸化グラフェンからギャップが存在しない酸化グラフェンへと変化したことを示している。この成果は酸化グラフェンの光電子工学への応用を期待させるものである。

2 件中 1件目~2件目を表示
  • 1