検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年
検索結果: 10 件中 1件目~10件目を表示
  • 1

発表形式

Initialising ...

選択項目を絞り込む

掲載資料名

Initialising ...

発表会議名

Initialising ...

筆頭著者名

Initialising ...

キーワード

Initialising ...

使用言語

Initialising ...

発行年

Initialising ...

開催年

Initialising ...

選択した検索結果をダウンロード

論文

Overview of the ICRP/ICRU adult reference computational phantoms and dose conversion coefficients for external idealised exposures

遠藤 章; Petoussi-Henss, N.*; Zankl, M.*; Bolch, W. E.*; Eckerman, K. F.*; Hertel, N. E.*; Hunt, J. G.*; Pelliccioni, M.*; Schlattl, H.*; Menzel, H.-G.*

Radiation Protection Dosimetry, 161(1-4), p.11 - 16, 2014/10

 被引用回数:2 パーセンタイル:73.24(Environmental Sciences)

国際放射線防護委員会(ICRP)は、放射線防護に関する基本勧告を見直し、2007年にICRP Publication 103として公開した。この勧告では、放射線防護量として用いられる等価線量及び実効線量における放射線加重係数,組織加重係数を改訂するとともに、臓器線量の計算に用いる標準計算ファントムを新たに採用した。これらの改訂を受けて、外部被ばく評価に用いる新しい換算係数のデータセットが、ICRP第2専門委員会タスクグループDOCALによって取りまとめられ、ICRP Publication 116として出版された。本発表は、標準計算ファントムを用いて、新たに整備された外部被ばくに対する線量換算係数についてレビューする。計算された換算係数を、現在使用されているICRP Publication 74の換算係数と比較し、両者の違いをもたらす原因、新しい線量換算係数が放射線モニタリングに及ぼす影響についても検討する。

論文

ICRP Publication 116; The First ICRP/ICRU application of the male and female adult reference computational phantoms

Petoussi-Henss, N.*; Bolch, W. E.*; Eckerman, K. F.*; 遠藤 章; Hertel, N.*; Hunt, J.*; Menzel, H. G.*; Pelliccioni, M.*; Schlattl, H.*; Zankl, M.*

Physics in Medicine and Biology, 59(18), p.5209 - 5224, 2014/09

 被引用回数:2 パーセンタイル:82.83(Engineering, Biomedical)

様々な放射線による外部被ばくに対して、フルエンスあたりの臓器吸収線量、実効線量の換算係数データ集ICRP Publication 116(ICRP116); "外部放射線被ばくに対する放射線防護量のための換算係数"を取りまとめた。ICRP116はこれまで用いられてきたICRP74に置き換わるもので、放射線の種類及びエネルギー範囲を拡張したデータ集である。換算係数は、標準の成人男性及び女性を表したICRP/ICRUコンピュータファントムとファントム中における放射線の挙動を模擬するモンテカルロコードを用いて計算され、様々な方向からの平行ビーム、回転ビーム、等方照射等による全身の照射に対して提供されている。実効線量の換算係数を、放射線モニタリングに使われている実用量の換算係数と比較した結果、実用量は光子,中性子,電子に対して、ICRP74で考慮されていたエネルギー範囲においては実効線量の評価に適用できるが、それ以上のエネルギーでは実効線量を適切に評価できないことが分かった。

論文

Impact of the new nuclear decay data of ICRP Publication 107 on inhalation dose coefficients for workers

真辺 健太郎; 遠藤 章; Eckerman, K. F.*

Radiation Protection Dosimetry, 138(3), p.245 - 250, 2010/03

 パーセンタイル:100(Environmental Sciences)

新たに出版された放射性核種データICRP Publication 107(ICRP107)と、従来のデータICRP Publication 38(ICRP38)を用いて、放射性核種データの更新が線量係数に与える影響を調べた。DCALコードを用いて、90元素, 774核種, 1572ケースについて、職業人が放射性核種を吸入摂取した際の預託実効線量係数を計算した。ICRP107に基づく線量係数がICRP38に基づく線量係数に対して10%以上増加したのは98ケース、10%以上減少したのは54ケースであった。線量係数の違いは、壊変あたりに放出される全エネルギーの変更が主な原因であることが明らかになった。また、半減期、放射線の種類及び崩壊様式の変更も、線量係数の違いをもたらした。

報告書

Nuclear decay data for dosimetry calculation; Data for radionuclides with half-lives less than 10 minutes

遠藤 章; Eckerman, K. F.*

JAEA-Data/Code 2007-021, 28 Pages, 2007/11

JAEA-Data-Code-2007-021.pdf:45.54MB

半減期10分未満の放射性核種214核種について、線量計算用の新しい核崩壊データを編集した。崩壊データは、2007年5月時点で最新の評価済み核構造データファイルENSDF(Evaluated Nuclear Structure Data File)から編集した。放射線のエネルギー及び強度を計算するうえで特に重要となる基本的な核特性は、核・崩壊特性に関するデータベースNUBASE2003/AME2003を参照し、更新した。また、不完全なENSDFに対しては、フォーマットの誤り、レベルスキーム,規格化定数等の分析を行い、それらの修正を行った。このENSDFから、原子核の崩壊及びそれに続く原子過程において放出される放射線のエネルギー及び強度を、EDISTR04コードを用いて計算した。編集されたデータは、著者らが既に開発した核崩壊データベースDECDC2を補強するものである。このデータは、加速器施設の誘導放射性核種に対する安全評価,短半減期核種の医療利用時の治療計画等における線量計算に利用される。

論文

Development of nuclear decay data for radiation dosimetry calculation

遠藤 章; Eckerman, K. F.*

JAEA-Conf 2007-002, p.76 - 85, 2007/02

医学,環境,放射線防護等の分野において、人体の被ばく線量計算上必要とされる1037核種について、新しい崩壊データを編集した。2003年版の評価済み核構造データファイルENSDF(Evaluated Nuclear Structure Data File)及びEDISTR04コードを用いて、放射性核種の崩壊,それに続く原子の緩和過程から放出される放射線のエネルギー及び放出率を算定した。編集されたデータについて、種々の実験データや評価済みデータライブラリとの比較を行い、その信頼性を評価した。DECDC2と呼ばれるこのデータファイルは、現在、線量計算に使用されている米国核医学会,国際放射線防護委員会のデータに置き換わるものであり、今後、さまざまな分野における線量計算に幅広く利用されることが期待される。

報告書

Nuclear Decay Data for Dosimetry Calculation; Revised data of ICRP Publication 38

遠藤 章; 山口 恭弘; Eckerman, K. F.*

JAERI 1347, 114 Pages, 2005/02

JAERI-1347.pdf:6.57MB

医学,環境,放射線防護等の分野において、人体の被ばく線量計算上必要とされる1034核種について、新しい崩壊データを編集した。崩壊データは、2003年版の評価済み核構造データファイルENSDF(Evaluated Nuclear Structure Data File),最新の原子質量データベースNUBASE2003/AME2003を用いて編集された。各核種のENSDFについて、放出される放射線のエネルギー及び放出率を計算するうえで重要となるレベルスキーム,規格化定数等の評価及び修正を行った。このENSDFから、EDISTR04コードを用いて、放射性核種の崩壊、それに続く原子の緩和過程から放出される放射線のエネルギー及び放出率を算定した。EDISTR04は、ICRP Publication 38(ICRP38)の編集に用いられたEDISTRコードをもとに開発されたコードであり、最新の原子データを取り込み、X線,Auger電子等に対する計算方法について改良がなされている。編集されたデータについて、種々の実験データや評価済みデータライブラリとの比較を行い、その信頼性を評価した。DECDC2と呼ばれるこのデータファイルは、現在、線量計算に使用されているICRP38に置き換わるものであり、今後、さまざまな分野における線量計算に幅広く利用される。

論文

Development and assessment of new radioactive decay database used for dosimetry calculation

遠藤 章; 山口 恭弘; Eckerman, K. F.*

Radiation Protection Dosimetry, 105(1-4), p.565 - 569, 2003/09

 被引用回数:10 パーセンタイル:38.54(Environmental Sciences)

ICRP Publ.38に替わる線量計算用の新しい放射性核種崩壊データベースを開発するために、開発の手順及びそれに係る技術的課題について述べる。データベースの開発には、(1)評価済核構造データファイル (ENSDF) に対する整合性の評価,(2)データ編集に用いるEDISTRコードの改良,(3)他のデータベース等との比較による信頼性評価が必要である。これに対し、これまで原研が進めてきた線量計算用崩壊データベースDECDCの開発で得られた成果及び経験に基づき、データベース開発の進め方について、その方向と具体的方法について述べる。

口頭

Planned revision of ICRP Publication 38

Eckerman, K. F.*; 遠藤 章

no journal, , 

国際放射線防護委員会(ICRP)は、2007年基本勧告の発行に続き、職業人についての放射性核種の摂取に対する線量係数の刊行を計画している。ICRP第2専門委員会は、この線量係数の計算のために幾つかの作業を進めており、その一つに、放射性核種から放出される放射線データを取りまとめたPublication 38の改訂がある。Publication 38は、1983年に刊行され820核種のデータを収録しており、これまで約30年に渡り、ICRPが提供してきたすべての線量係数の計算に利用されてきた。本発表では、今般改訂され出版されるPublication 38に替わるデータ集について、データ整備における技術的なポイント,提供されるデータ集の特徴などについて述べる。

口頭

新しい放射性核種データが内部被ばく線量係数に与える影響

真辺 健太郎; 遠藤 章; Eckerman, K. F.*

no journal, , 

国際放射線防護委員会(ICRP)は、これまで線量計算に用いてきたICRP Publication 38(ICRP38)に替わる新たな放射性核種データを、ICRP Publication 107(ICRP107)として刊行した。ICRP107は、新しい核構造データを利用して整備されたものであり、線量計算の信頼性の向上に寄与するものである。そこで本研究では、ICRP107とICRP38を用いて作業者の吸入摂取に対する預託実効線量係数を計算し、放射性核種データの更新による線量係数の値への影響を検討した。90元素,774核種,1572ケースについて計算を行った結果、98のケースで線量係数が10%以上増加し、54のケースで10%以上減少した。線量係数が変化した主な理由は、放出放射線の全エネルギーデータの変更であった。その他に、半減期や壊変様式の変更によって線量係数が変化したケースも見られた。

口頭

ICRP activities on dose coefficients for members of the public from external exposures to environmental sources

Petoussi-Henss, N.*; Bellamy, M.*; Bolch, W. E.*; Eckerman, K. F.*; 遠藤 章; Hertel, N.*; Hunt, J.*; Jansen, J.*; Kim, C. H.*; Lee, C.*; et al.

no journal, , 

国際放射線防護委員会(ICRP)第2専門委員会のタスクグループでは、環境線源による外部被ばくに対する公衆の実効線量および臓器線量係数の評価を進めている。本タスクグループにおいて、原子力機構は独自に開発した放射線輸送計算コードPHITSを用いた線量解析により協力している。計算は、環境を模擬した計算体系において、大気、土壌および水中に光子もしくは電子放出線源を分布させ、新生児, 1歳, 5歳, 10歳, 15歳および成人男女を表すICRPの標準人体模型を用いて実施した。得られた年齢別の実効線量および臓器線量の計算結果は、放射能濃度、周辺線量当量および空気カーマにより規格化され、最新の核種崩壊データに基づき環境に分布した放射性核種毎の線量係数として整備される。本タスクグループにおいて構築する線量係数のデータベースは、原子力施設での災害時の公衆に対する迅速な線量評価において極めて有益となる。

10 件中 1件目~10件目を表示
  • 1