検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年
検索結果: 6 件中 1件目~6件目を表示
  • 1

発表形式

Initialising ...

選択項目を絞り込む

掲載資料名

Initialising ...

発表会議名

Initialising ...

筆頭著者名

Initialising ...

キーワード

Initialising ...

使用言語

Initialising ...

発行年

Initialising ...

開催年

Initialising ...

選択した検索結果をダウンロード

論文

EXAFS studies of americium(III)-benzimidazole complex in ethanol

矢板 毅; 館盛 勝一; Edelstein, N. M.*; Bucher, J. J.*; Rao, L.*; Shuh, D. K.*; Allen, P. G.*

Journal of Synchrotron Radiation, 8(Part2), p.663 - 665, 2001/03

Am,Nd,及びErとベンゾイミダゾールとの溶液内錯体の局所構造をEAXFSにより決定した。溶液内にベンゾイミダゾールを、段階的に加えることでBIZの配位が確認され、Am,Ndでは溶液中における金属: BIZが1:10の試料でBIZが2分子、Erに3分子配位することが明らかとなった。配位数は、イオンの表面電荷の強さに依存した傾向を示しており、イオン半径の近いAmと軽ランタノイドの分離がBIZの配位数の違いには依存していない可能性が示された。最近接の構造はBIZの窒素と水の酸素からなり、原子間距離の観点からは、酸素より弱い静電的相互作用であることが明らかとなった。BIZの2つの配位窒素と金属との距離は、Am錯体でおよそ0.2Å、Er錯体で0.1Å異なることが、一方Nd測定では、同じ距離を取ることが明らかになった。これらの違いは、溶媒和における構造安定化と分子内構造安定化との関連で重要な知見であるといえる。

論文

Electron paramagnetic resonance spectrum of Pr$$^{4+}$$ in BaCeO$$_{3}$$

日夏 幸雄; Edelstein, N.*

Journal of Solid State Chemistry, 112, p.53 - 57, 1994/00

 被引用回数:45 パーセンタイル:89.34(Chemistry, Inorganic & Nuclear)

BaCeO$$_{3}$$にドープしたPr$$^{4+}$$の常磁性共鳴吸収スペクトルを8.5Kで測定した。$$^{141}$$Prの核スピンとの相互作用による非常に大きな超微細相互作用を測定した。許容遷移に加えて、禁制遷移も観測できた。結果をBreit-Rabi式で解析し、|g|=0.745、超微細結合定数|A|=0.0606cm$$^{-1}$$を得た。得られたパラメータから、BaCeO$$_{3}$$中のPr$$^{4+}$$のエネルギーレベルを計算した。

論文

Studies on magnetic susceptibility, electron paramagnetic resonance, and absorption spectrum of Li$$_{3}$$UO$$_{4}$$,an octahedral U$$^{5+}$$ compound with a small tetragonal distortion

日夏 幸雄; 藤野 威男*; Edelstein, N.*

Journal of Solid State Chemistry, 99, p.95 - 102, 1992/00

 被引用回数:3 パーセンタイル:17.19(Chemistry, Inorganic & Nuclear)

Li$$_{3}$$UO$$_{4}$$を合成し、その帯磁率を4.2Kから室温まで測定した。常磁性共鳴吸収は4.2Kでされ、測定できなかった。帯磁率と光学吸収スペクトルを小さなテトラゴナルな歪みを持つオクタヘドラル対称結晶場モデルで解析した。計算される異方性を持つg値と帯磁率を、以前に報告されている実験値と比較検討した。

論文

Magnetic susceptibility of LiUO$$_{3}$$

日夏 幸雄; 藤野 威男*; Edelstein, N.*

Journal of Solid State Chemistry, 99, p.182 - 188, 1992/00

 被引用回数:24 パーセンタイル:74.16(Chemistry, Inorganic & Nuclear)

LiUO$$_{3}$$を合成し、その磁化率を4.2Kから室温まで測定した。磁気転移が16.9Kで起こり、この温度以下では磁化率の磁場依存性が見られた。LiUO$$_{3}$$の結晶場パラメータをLiNbO$$_{3}$$にドープしたU$$^{5+}$$の吸収スペクトルから決定した。磁化率と常磁性共鳴吸収のg値を計算し、実験値と比較した。

論文

YPO$$_{4}$$単結晶中のCm$$^{3+}$$の常磁性共鳴吸収

日夏 幸雄; Edelstein, N.*

日本原子力学会誌, 33(10), p.994 - 1000, 1991/10

 被引用回数:0 パーセンタイル:0.01(Nuclear Science & Technology)

正方対称であるYPO$$_{4}$$単結晶にドープしたCm$$^{3+}$$の常磁性共鳴吸収(EPR)測定を、室温、77K、4.2Kで行なった。Xバンドでは、EPRスペクトルは、Cm$$^{3+}$$の基底項$$^{8}$$S7/2の全ての励起doubletで測定された。共鳴は室温でも測定できた。室温では、QバンドでもEPR測定を行ない、異なるdoublet間のEPR遷移を観測した。EPRスペクトルの角度依存性から、結晶場パラメータを決定した。b$$_{20}$$の符号は負で、また、b$$_{40}$$、b$$_{60}$$と比べ、b$$_{44}$$,b$$_{64}$$の方が結晶場エネルギーレベルに影響することがわかった。

論文

Analysis of the optical spectra and magnetic susceptibilities of Li$$_{7}$$UO$$_{6}$$, Ba$$_{3}$$NpO$$_{6}$$, and Li$$_{5}$$PuO$$_{6}$$

日夏 幸雄; Edelstein, N.*

Journal of Solid State Chemistry, 93, p.173 - 182, 1991/00

 被引用回数:4 パーセンタイル:23.57(Chemistry, Inorganic & Nuclear)

Li$$_{7}$$UO$$_{6}$$,Ba$$_{3}$$NpO$$_{6}$$,Li$$_{5}$$PuO$$_{6}$$の吸収スペクトルと帯磁率をテトラゴナルな歪を考慮したオクタヘドラル対称結晶場モデルで解析した。結晶場パラメータ、軌道減少因子、スピン軌道結合定数を求め、原子番号との関係を明らかにした。

6 件中 1件目~6件目を表示
  • 1