検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年
検索結果: 6 件中 1件目~6件目を表示
  • 1

発表形式

Initialising ...

選択項目を絞り込む

掲載資料名

Initialising ...

発表会議名

Initialising ...

筆頭著者名

Initialising ...

キーワード

Initialising ...

使用言語

Initialising ...

発行年

Initialising ...

開催年

Initialising ...

選択した検索結果をダウンロード

論文

Quantitative analysis of neodymium, uranium, and palladium in nitric acid solution by reflection absorption spectrophotometry

藤井 俊行*; 江草 聡一朗*; 上原 章寛*; 山名 元*; 森田 泰治

Journal of Radioanalytical and Nuclear Chemistry, 295(3), p.2059 - 2062, 2013/03

 被引用回数:1 パーセンタイル:84.29(Chemistry, Analytical)

紫外-可視-赤外領域の反射吸光分光法による3M硝酸中のNd, U及びPdの定量分析を実施した。分析は、反射光測定が可能な試料チャンバーに光ファイバーを取り付け、紫外-可視-赤外分光光度計を用いて行った。反射吸光度は、その値が0.1以下のとき、Nd, U及びPdの濃度に比例し、3M硝酸中で、Nd, U及びPdの濃度が、それぞれ0.2M, 0.04M, 0.01M程度以下であれば定量分析が可能であることがわかった。

論文

Electronic absorption spectra of palladium(II) in concentrated nitric acid solutions

藤井 俊行*; 江草 聡一朗*; 上原 章寛*; 桐島 陽*; 山岸 功; 森田 泰治; 山名 元*

Journal of Radioanalytical and Nuclear Chemistry, 290(2), p.475 - 478, 2011/11

 被引用回数:11 パーセンタイル:24.46(Chemistry, Analytical)

Pd溶存状態評価のため、濃硝酸溶液におけるPd錯体の紫外可視吸収スペクトルを研究した。硝酸と過塩素酸を混合してイオン強度を1, 2, 5Mに保ちながら硝酸濃度を変化させて得た吸収スペクトルを解析することにより、Pdの主たる化学種はPd$$^{2+}$$, PdNO$$_{3}$$$$^{+}$$及びPd(NO$$_{3}$$)$$_{2}$$であることがわかり、錯形成定数$$beta$$$$_{1}$$, $$beta$$$$_{2}$$をそれぞれのイオン強度ごとに算出した。

論文

硝酸中におけるパラジウムの溶存状態分析

江草 聡一朗*; 藤井 俊行*; 上原 章寛*; 山名 元*; 山岸 功; 森田 泰治

京都大学原子炉実験所第45回学術講演会報文集, p.123 - 125, 2011/01

パラジウム(Pd)分離技術開発の基盤データ取得として、硝酸溶液中におけるPdの溶存状態を分光学的手法を用いて分析し、硝酸錯体の錯生成定数に関する考察を行った。イオン強度を一定に保ち、硝酸濃度を変化させた溶液の吸収スペクトル分析結果の解析により、Pd-硝酸錯体の1配位種及び2配位種の錯形成定数を求めた。

口頭

硝酸溶液中におけるパラジウムの化学挙動

江草 聡一朗*; 藤井 俊行*; 上原 章寛*; 山名 元*; 森田 泰治

no journal, , 

硝酸溶液中におけるパラジウムの溶存化学種を、吸収分光分析法を用いて調べた。溶液条件の違い,試料調製方法、及び時間経過による溶存化学種の変化について考察した。硝酸濃度を0.1Mから10Mの間で変化させて硝酸パラジウムの吸収スペクトルを調べた結果、硝酸濃度の増加に伴って430nmのピークが増大しており、硝酸イオンの配位数の増加が示唆された。一方380nmにおけるピークは、硝酸パラジウム標準溶液から調製した試料では硝酸濃度1M以上で単調減少した。また吸収スペクトルの時間変化が観察され、硝酸濃度が5M以上の場合、380nmのピークが30日以上に渡って減少した。これらの結果から、硝酸溶液下のパラジウムには非常に反応速度の遅い化学反応を伴う化学種が存在している可能性がある。

口頭

次世代燃料サイクルのための高レベル廃液調整技術開発,4; 硝酸中におけるパラジウムの溶存状態分析

江草 聡一朗*; 上原 章寛*; 藤井 俊行*; 山名 元*; 山岸 功; 森田 泰治

no journal, , 

パラジウム(Pd)分離技術開発の基盤データ取得として、硝酸溶液中におけるPdの溶存状態を分光学的手法,電気化学的手法、及び計算化学的手法を用いて分析し、硝酸錯体の錯生成定数に関する考察を行った。硝酸濃度を変化させた溶液の吸収スペクトル分析結果の解析により、Pd-硝酸錯体の錯形成定数を求めた。

口頭

次世代燃料サイクルのための高レベル廃液調整技術開発,7; 硝酸中におけるパラジウム,モリブデン,ルテニウムの溶存状態分析

江草 聡一朗*; 藤井 俊行*; 上原 章寛*; 山名 元*; 山岸 功; 森田 泰治

no journal, , 

ガラス固化体製造時の負担軽減のため高レベル廃液からの分離を検討しているパラジウム(Pd),モリブデン(Mo)及びルテニウム(Ru)について、硝酸溶液中における溶存状態を、分光学的手法を用いて調査した。Pd, Moについては各種錯体種の錯形成定数及びモル吸光係数のデータを得た。Ruについては経時変化が顕著であり、この速度は硝酸濃度に依存した。

6 件中 1件目~6件目を表示
  • 1