検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年
検索結果: 6 件中 1件目~6件目を表示
  • 1

発表形式

Initialising ...

選択項目を絞り込む

掲載資料名

Initialising ...

発表会議名

Initialising ...

筆頭著者名

Initialising ...

キーワード

Initialising ...

使用言語

Initialising ...

発行年

Initialising ...

開催年

Initialising ...

選択した検索結果をダウンロード

論文

A Conceptual design study of pool-type sodium-cooled fast reactor with enhanced anti-seismic capability

久保 重信; 近澤 佳隆; 大島 宏之; 内田 昌人*; 宮川 高行*; 衛藤 将生*; 鈴野 哲司*; 的場 一洋*; 遠藤 淳二*; 渡辺 収*; et al.

Proceedings of 27th International Conference on Nuclear Engineering (ICONE-27) (Internet), 8 Pages, 2019/05

日本におけるNa冷却高速炉の炉型選択の幅を広げ、国際協力のメリットを追求する観点から、本研究では、第4世代炉の安全設計クライテリア及びガイドラインを満足し、かつ地震条件等の我が国特有の環境条件への適合性を有するタンク型の設計概念の構築を進めていた。電気出力を650MWeとし、高速増殖炉サイクルシステムの実用化戦略調査研究及び実用化研究開発を通じて開発された先進ループ型のJSFRの技術及び福島第一原子力発電所事故の教訓を踏まえた安全向上技術等を反映して原子炉構造概念を構築するとともに、耐震性と耐熱性に関する評価を実施した。

口頭

高速炉体系におけるZr-HとB$$_{4}$$Cの中性子透過挙動

斎藤 裕幸*; 日暮 浩一*; 金澤 光弘*; 大木 繁夫

no journal, , 

FBR実証施設では、強度部材である炉心槽の高速中性子照射健全性確保のため、燃料集合体外側に遮蔽体を設置し、原子炉容器外中性子計装では制限値以上の等価熱中性子束を検出することとしており、高速中性子遮蔽と中性子計装応答の両者を考慮した設計とする必要がある。高性能遮蔽材であるZr-Hは水素による高速中性子減速、B$$_{4}$$CはB-10による中性子捕獲が主な遮蔽因子となるため、両遮蔽材の高速中性子及び中性子計装応答で重み付けした等価熱中性子の透過挙動は異なると考えられる。本発表では、高性能径方向遮蔽体としてZr-H及びB$$_{4}$$Cを用いた場合における、高速中性子及び等価熱中性子の透過挙動の相違について報告する。

口頭

第4世代ナトリウム冷却高速炉の安全設計ガイドラインに関わる検討,9; 格納系安全設計ガイドラインの要点

日暮 浩一*; 秋山 洋*; 山野 秀将

no journal, , 

安全設計ガイドライン(SDG)へ反映すべき重要な項目のうち、格納系に関連する「14格納バウンダリの形成と荷重」の概要を、対応する我が国の次世代SFRの設計概念を踏まえて説明する。

口頭

次世代ナトリウム冷却高速炉の原子炉周り遮蔽設計,1; ストリーミング体系へのSn-モンテカルロ接続計算法の適用検討

福地 郁生*; 日暮 浩一*; 白木 貴子*; 杉野 和輝; 大木 繁夫

no journal, , 

JASPER実験等より円環ギャップ内を中性子がストリーミングする体系での検出器応答のC/E値(=計算値/実験値)評価を実施し、1次主冷却系配管周りの体系へのSn-モンテカルロ接続計算法の適用性を検討した。

口頭

次世代ナトリウム冷却高速炉の燃料集合体・炉心構成要素設計,2; 径方向中性子遮蔽体構造の最適化方策の検討

斎藤 裕幸*; 日暮 浩一*; 増山 大輔*; 大木 繁夫; 大釜 和也; 前田 誠一郎

no journal, , 

次世代ナトリウム冷却高速炉の中性子遮蔽候補材に対し、遮蔽性能・構造健全性等に対する得失を整理し、使用条件に応じた構造最適化方策をまとめた。

口頭

耐震強化型ナトリウム冷却タンク型炉の検討,2; 安全設計の検討

久保 重信; 日暮 浩一*; 宮川 高行*

no journal, , 

第4世代原子炉国際フォーラムで作成された安全設計クライテリア(SDC)と安全設計ガイドライン(SDG)に従い、タンク型のナトリウム冷却高速炉(SFR)の安全設計概念について検討した。

6 件中 1件目~6件目を表示
  • 1