検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年
検索結果: 3 件中 1件目~3件目を表示
  • 1

発表形式

Initialising ...

選択項目を絞り込む

掲載資料名

Initialising ...

発表会議名

Initialising ...

筆頭著者名

Initialising ...

キーワード

Initialising ...

使用言語

Initialising ...

発行年

Initialising ...

開催年

Initialising ...

選択した検索結果をダウンロード

論文

鉄筋コンクリート耐震壁に対する等価線形解析の適用性検討; 原子炉建屋耐震壁終局応答試験の三次元有限要素法シミュレーション解析

市原 義孝*; 中村 尚弘*; 森谷 寛*; 堀口 朋裕*; 崔 炳賢

日本原子力学会和文論文誌, 21(1), p.1 - 14, 2022/03

本研究は、鉄筋コンクリート構造物の非線形性の影響を近似的に等価線形解析手法による地震応答解析で評価することを目的に、1996年にOECD/NEAによる国際解析コンペで使用された原子炉建屋耐震壁終局応答試験の三次元有限要素法によるシミュレーション解析を実施した。耐震壁の等価剛性及び等価減衰は、日本電気協会が提案するトリリニア型スケルトンカーブ、Cheng et al.が提案する履歴曲線より求め、せん断ひずみ調整ファクターは感度解析より0.70に決定した。その結果、せん断ひずみ$$gamma$$=2.0$$times$$10$$^{-3}$$程度までの試験体上部の卓越振動数,最大応答加速度,最大応答変位,慣性力-変位関係,床応答スペクトルを良く再現できることを明らかにした。本報における等価線形解析は、$$gamma$$=4.0$$times$$10$$^{-3}$$程度の終局破壊時の最大応答変位を過小評価している。このため、破壊直前の急激な変位の増大を含む試験結果の評価に本手法を適用する場合は、その適用性に十分留意する必要がある。

論文

Evidence for isospin violation and measurement of $$CP$$ asymmetries in $$B to K^{ast}(892)gamma$$

堀口 朋裕*; 谷田 聖; Belle Collaboration*; 他191名*

Physical Review Letters, 119(19), p.191802_1 - 191802_8, 2017/11

 被引用回数:13 パーセンタイル:72.25(Physics, Multidisciplinary)

We report the first evidence for isospin violation in $$B to K^{ast}(892) gamma$$ and the first measurement of the difference of $$CP$$ asymmetries between $$B^+ to K^{ast+} gamma$$ and $$B^0 to K^{ast0} gamma$$. This analysis is based on the data sample containing $$772times10^6$$ $$Bbar{B}$$ pairs that was collected with the Belle detector at the KEKB energy-asymmetric $$e^+e^-$$ collider. We find evidence for the isospin violation with a significance of $$3.1sigma$$, $$Delta_{0+}=[+6.2 pm 1.5 ({rm stat}) pm 0.6 ({rm syst}) pm 1.2(f_{+-}/f_{00})]%$$, where the third uncertainty is due to the uncertainty on the fraction of $$B^+B^-$$ to $$B^0bar{B}^0$$ production in $$Upsilon(4S)$$ decays. The measured value is consistent with predictions of the standard model. The result for the difference of $$CP$$ asymmetries is $$Delta A_{CP}=[+2.4 pm 2.8 ({rm stat}) pm 0.5 ({rm syst})]%$$, consistent with zero. The measured branching fractions and $$CP$$ asymmetries for charged and neutral $$B$$ meson decays are the most precise to date. We also calculate the ratio of branching fractions of $$B^0 to K^{ast0} gamma$$ to $$B_s^0 to phi gamma$$.

口頭

低レベル放射性廃液の分析前処理に用いる複合型イミノニ酢酸樹脂の合成及び吸着性能評価

國井 和明*; 角田 あやか*; 飯島 寛大*; 新井 剛*; 堀口 賢一; 菅谷 篤志

no journal, , 

東海再処理施設から発生する低レベル放射性廃液は、多く含まれるナトリウムの影響により、微量金属元素の高精度な定量分析が困難である。そのため、定量分析の前にイミノニ酢酸樹脂を用い、ナトリウムとその他の金属元素に群分離する前処理方法を検討している。本発表では、イミノニ酢酸基(IDA)を多孔性シリカポリマー複合体(SiO$$_{2}$$-P)に導入した複合型イミノニ酢酸樹脂(SIDAR)について、最適合成条件の確認及び吸着性能評価について報告する。合成時間を変化させ合成を実施したところ、時間に比例し吸着分配係数も増大するが、合成時間の短縮についても考慮する必要があることから、合成時間は24時間とした。また純水と1,4-ジオキサンを6対4の比率で混合した溶媒を用いることで吸着分配係数が4倍程度向上した。吸着性能評価試験から、1,4-ジオキサンを添加した溶媒を用い、90$$^{circ}$$Cで24時間合成したSIDARが最も大きな吸着分配係数を示した。また、いずれの方法で合成したSIDARでも、30分以内に吸着平衡達することを確認した。

3 件中 1件目~3件目を表示
  • 1