検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年
検索結果: 6 件中 1件目~6件目を表示
  • 1

発表形式

Initialising ...

選択項目を絞り込む

掲載資料名

Initialising ...

発表会議名

Initialising ...

筆頭著者名

Initialising ...

キーワード

Initialising ...

使用言語

Initialising ...

発行年

Initialising ...

開催年

Initialising ...

選択した検索結果をダウンロード

報告書

内閣府除染モデル実証事業後の空間線量率の推移に関する調査結果; 第1回$$sim$$第11回調査結果概要(受託調査)

川瀬 啓一; 北野 光昭; 渡邊 雅範; 吉村 修一; 菊池 四郎; 西野 克己*

JAEA-Review 2017-006, 173 Pages, 2017/03

JAEA-Review-2017-006.pdf:35.6MB
JAEA-Review-2017-006-appendix(CD-ROM).zip:0.52MB

環境省からの依頼により内閣府除染モデル実証事業を行った地区の空間線量率の推移調査として、環境省の了解が得られた地区(9市町村15地区)を対象とした空間線量率の推移に関する調査(モニタリング)を平成24年10月から11回(平成27年10月現在)実施してきた。本調査における空間線量率の測定は、NaIシンチレーション式サーベイメータ等を用いた定点測定とガンマプロッタHを用いた測定の2方法で行った。

論文

福島周辺における空間線量率の測定と評価,5; 福島周辺における空間線量率分布の特徴

三上 智; 松田 規宏; 安藤 真樹; 木名瀬 栄; 北野 光昭; 川瀬 啓一; 松元 愼一郎; 山本 英明; 斎藤 公明

Radioisotopes, 64(9), p.589 - 607, 2015/09

福島周辺における空間線量率や放射性核種沈着量の地域的分布及び経時変化の特徴について、様々な手法による大規模環境調査の解析結果に基づいて紹介する。また、除染モデル実証事業後の継続的な環境測定結果を基に、除染効果の継続性に関する議論を行う。さらに、土地利用状況ごとの環境半減期の解析結果、及びこれをベースにした空間線量率の将来予測の例について紹介する。

論文

パソコン版対話型もんじゅ炉心特性解析システムの開発

北野 彰洋; 照山 英彦; 西 裕士; 山岡 光明*; 森木 保幸*; 中川 雅俊*

サイクル機構技報, (15), p.1 - 16, 2002/06

将来の「もんじゅ」炉心において、燃料の最大活用を目指した柔軟な炉心運用計画の可能性をさぐるため、入力は簡単であるがより正確に核・熱・構造の各種炉心特性を解析評価できるパソコン版対話型炉心解析システムを開発した。本システムMEISTERでは入力データ作成、計算コード間のデ-タ授受や計算結果出力などをグラフィカル・ユーザ・インタフェースにて視覚的・統一的に行うことができる。これを用いて「もんじゅ」性能試験を対象とした解析を行い、システムの実機適用を検証した。

口頭

JAEAにおける環境汚染の修復に向けた除染技術の取組; 除染モデル実証事業の成果; 除染技術,2; 森林,農地等

操上 広志; 森 英治; 北野 光昭

no journal, , 

本報告では、除染モデル実証事業における、森林, 農地等の除染の概要について説明する。森林の除染の結果、落葉の除去だけでは除染効果はほとんど認められなかったが、腐植土までを除去した場合、線量率の明確な低下が認められた。農地に対する除染においては、汚染レベルに応じて撹拌耕, 反転耕, 天地返し, 表土剥ぎを適用した。天地返し及び表土剥ぎは線量低減の観点からは効果が大きかったが、表土剥ぎでは除去土壌等の発生が多大となった。

口頭

JAEAにおける環境汚染の修復に向けた除染技術の取組; 除染モデル実証事業の成果; Aグループ

北野 光昭; 佐藤 隆; 川瀬 啓一

no journal, , 

日本原子力研究開発機構は、内閣府委託事業として警戒区域等に指定された11市町村で除染モデル実証事業を進めてきた。このうち福島第一原子力発電所の北側の警戒区域及び計画的避難区域内の4市町村で実施したAグループ除染モデル事業の概要について、ポスター発表により報告する。除染モデル実証事業では、除染事業を滞りなく実施でき、(1)試行技術も含めた除染技術の除染効果(低減率)及び空間線量率の定量効果、(2)除去の種類と発生量、(3)作業従事者の被ばく量等を確認できた。

口頭

JAEA福島環境安全センターにおける除染活動にかかわる経験・教訓,3; 除去物の仮置き

三枝 博光; 操上 広志; 舟木 泰智; 佐藤 隆; 北野 光昭; 笹山 康夫; 和田 孝雄

no journal, , 

除染作業により除去された土壌,落葉,草木等は、中間貯蔵施設へ搬出されるまでの間、仮置場/現場保管場で保管されることとされている。原子力機構は内閣府委託事業として、警戒区域等に指定された11市町村で除染モデル実証事業を進めてきた。除染モデル実証事業では、地元自治体と福島除染推進チーム、内閣府原子力被災者生活支援チームの調整に基づき、各市町村1$$sim$$2か所の合計14か所の仮置場/現場保管場の候補地が選定され、筆者らは、設置場所の条件の異なる仮置場/現場保管場の設計・建設や監視を実施した。このような経験及びそこから得られた教訓を整理することは、今後行われる本格除染等における仮置場/現場保管場の整備において非常に有益であると考える。以上のことを踏まえ、除染モデル実証事業における仮置場/現場保管場の設計・建設や監視の結果、さらには、そこから得られた教訓等を取りまとめて、報告書として公表した。

6 件中 1件目~6件目を表示
  • 1