検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年
検索結果: 4 件中 1件目~4件目を表示
  • 1

発表形式

Initialising ...

選択項目を絞り込む

掲載資料名

Initialising ...

発表会議名

Initialising ...

筆頭著者名

Initialising ...

キーワード

Initialising ...

使用言語

Initialising ...

発行年

Initialising ...

開催年

Initialising ...

選択した検索結果をダウンロード

論文

Energy levels and spectral lines of tungsten, W III through W LXXIV

Kramida, A. E.*; 白井 稔三*

Atomic Data and Nuclear Data Tables, 95(3), p.305 - 474, 2009/05

 被引用回数:145 パーセンタイル:8(Physics, Atomic, Molecular & Chemical)

W$$^{2+}$$からW$$^{73+}$$までのエネルギー準位とスペクトル線を収集した。これらの実験データはW IIIからW VII, W XXVIIIからW LI, W LIII及びW LVからW LXVについて存在した。W VIIIの四つの最も低いエネルギー準位をW VIIのシリーズリミットより定めた。W LXIVとW LVIのエネルギー準位とスペクトル線の波長を等電子系列に沿って内挿及び外挿による予想値で補完した。W LXXIII及びW LXXIVのエネルギー準位とスペクトル線の波長については理論計算値を収録した。W IIIの自然放射確率については実験的に定められた値を収録した。基底状態の電子配置,項及び電離エネルギーをすべての電離段階について定めた。

論文

Spectral data for gallium; Ga I through Ga XXXI

白井 稔三*; Reader, J.*; Kramida, A. E.*; Sugar, J.*

Journal of Physical and Chemical Reference Data, 36(2), p.509 - 615, 2007/06

 被引用回数:42 パーセンタイル:14.51(Chemistry, Multidisciplinary)

The energy levels and spectral lines of gallium atom in all stages of ionization have been compiled. Experimental data on spectral lines and energy levels exist for spectra Ga I through Ga VII, Ga XIII through Ga XXVI, and Ga XXX. For Li-like Ga XXIX through H-like Ga XXXI, theoretical data on energy levels and line wavelengths are compiled. For Ga I, Ga II, and Ga III we include radiative probabilities of electric-dipole transitions where available. For Ga XV through Ga XX, Ga XXIII through Ga XXVI, and Ga XXX, radiative probabilities of magnetic-dipole and electric-quadrupole transitions are included. The ground state configuration and term and a value of ionization energy are included for each ion.

論文

Compilation of wavelengths, energy levels, and transition probabilities for W I and W II

Kramida, A. E.*; 白井 稔三*

Journal of Physical and Chemical Reference Data, 35(1), p.423 - 683, 2006/03

 被引用回数:49 パーセンタイル:12.54(Chemistry, Multidisciplinary)

タングステンの中性原子(W I),1価電離イオン(W II)のスペクトル線のエネルギー準位,波長,遷移確率を収集した。入手可能な文献を収集評価することによって、観測された波長とその波長から導いたエネルギー準位を得た。観測された幾つかの遷移については測定された遷移確率を刊行された文献から収集した。

論文

Compilation of wavelengths and energy levels of tungsten, W III through W LXXIV

Kramida, A. E.*; 白井 稔三*

Journal of Plasma and Fusion Research SERIES, Vol.7, p.334 - 337, 2006/00

タングステンはスパッタリング率が低く、優れた熱特性を持つので、将来のトカマク型核融合炉のプラズマ対向面材料として有望である。しかし、プラズマ対向面材料として使用されたタングステンがプラズマ壁相互作用によって炉心プラズマに混入すると、放射損失を増大し炉心プラズマの性能劣化をまねく。炉心プラズマに混入したタングステンイオンの挙動を分光診断するには、タングステンイオンのスペクトルに関するデータが必要である。ここでは、タングステン多価電離イオンのエネルギー準位,波長,電離エネルギーのデータ評価,収集に用いる方法について報告する。データ評価において生じる問題に関して、幾つかの例をあげて議論する。

4 件中 1件目~4件目を表示
  • 1