検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年
検索結果: 2 件中 1件目~2件目を表示
  • 1

発表形式

Initialising ...

選択項目を絞り込む

掲載資料名

Initialising ...

発表会議名

Initialising ...

筆頭著者名

Initialising ...

キーワード

Initialising ...

使用言語

Initialising ...

発行年

Initialising ...

開催年

Initialising ...

選択した検索結果をダウンロード

論文

Optically transparent ferromagnetic nanogranular films with tunable transmittance

小林 伸聖*; 増本 博*; 高橋 三郎*; 前川 禎通

Scientific Reports (Internet), 6, p.34227_1 - 34227_7, 2016/09

 被引用回数:24 パーセンタイル:77.22(Multidisciplinary Sciences)

Developing optically transparent magnets at room temperature is an important challenge. They would bring many innovations to various industries, not only for electronic and magnetic devices but also for optical applications. Here we introduce FeCo-(Al-fluoride) nanogranular films exhibiting ferromagnetic properties with high optical transparency in the visible light region. These films have a nanocomposite structure, in which nanometer-sized FeCo ferromagnetic granules are dispersed in an Al-fluoride crystallized matrix. The optical transmittance of these films is controlled by changing the magnetization. This is a new type of magneto-optical effect and is explained by spin-dependent charge oscillation between ferromagnetic granules due to quantum-mechanical tunneling.

論文

Giant dielectric and magnetoelectric responses in insulating nanogranular films at room temperature

小林 伸聖*; 増本 博*; 高橋 三郎*; 前川 禎通

Nature Communications (Internet), 5, p.4417_1 - 4417_6, 2014/07

 被引用回数:40 パーセンタイル:86.19(Multidisciplinary Sciences)

これまでの誘電体材料の研究は主として結晶性セラミックスだったが、最近はマルチフェロイックスと言われる多機能性の材料が注目され、磁界による誘電率の応答特性の研究が盛んに行われている。しかしながら、その応答特性はマイナス170$$^{circ}$$C程度の極低温でなければ発現せず、実用デバイスに使用することは不可能だった。今回開発された材料は、誘電体中にナノメーターサイズの磁性粒子を均一分散させることで、室温で大きな磁化を有すると共にナノ量子効果による新しい誘電特性を期待できる。さらに、この現象が発現する機構を明らかにするため、理論的考察を行った結果、新しいナノ量子効果であるスピン依存電荷分極に基づく現象であることを解明した。

2 件中 1件目~2件目を表示
  • 1