検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年
検索結果: 2 件中 1件目~2件目を表示
  • 1

発表形式

Initialising ...

選択項目を絞り込む

掲載資料名

Initialising ...

発表会議名

Initialising ...

筆頭著者名

Initialising ...

キーワード

Initialising ...

使用言語

Initialising ...

発行年

Initialising ...

開催年

Initialising ...

選択した検索結果をダウンロード

報告書

AN-8号孔における流向・流速検層

平田 洋一*; 松岡 永憲*; 後藤 和幸*

JNC-TJ7440 2005-061, 36 Pages, 1991/03

JNC-TJ7440-2005-061.PDF:6.6MB

本報告書は,岐阜県瑞浪市明世町月吉地区で掘削されているAN-8号孔において実施した,地下水流向流速計LD-60C型により礫岩層中の流速と流向を測定した結果を取りまとめたものである。試験を実施した地層は,瑞浪層群の明世累層,土岐夾炭層に分類される。試験結果は次に示すとおりである。(1)地下水の流速は,1.2$$times$$10-4cm/sec$$sim$$3.2$$times$$10-6cm/secの範囲を示した。(2)地下水の流向はGL-25.85mとGL-45.35mで,ほぼ東方向を示し,GL-37.60mとGL-38.60mは西方向を示した。(3)東方向を示した地層は,共に20$$sim$$50cmと薄い礫岩層であった。西方向の流向を示した地層は,約170cmの層厚の同一の礫岩層であり,この流速は比較的速かった。

報告書

AN-8号孔におけるJFT試験・間隙水圧測定

平田 洋一*; 後藤 和幸*; 松岡 永憲*

JNC-TJ7440 2005-063, 50 Pages, 1990/08

JNC-TJ7440-2005-063.PDF:6.97MB

本報告書は,岐阜県瑞浪市明世町月吉地区で掘削されているAN-8号孔において実施した,PNC式JFT試験機によるJFT試験及び間隙水圧測定の結果を取りまとめたものである。試験を実施した地層は,瑞浪層群・明世累層である。試験結果は次に示すとおりである。(1)間隙水圧の測定結果によると,測定区間GL-9.4m$$sim$$GL-11.9mとGL-8.9m$$sim$$GL-11.4mの間隙水圧は,ほぼ等しい値を示した。測定区間GL-11.9m$$sim$$GL-14.4mの間隙水圧は,他の区間に比べて小さい値を示した。(2)JFT試験の解析方法は,Hvorslev法とCooper法を用いた。測定区間GL-9.4m$$sim$$GL-11.9mとGL-8.9m$$sim$$GL-11.4mでは,解析手法による透水係数の差は小さいが,測定区間GL-11.9m$$sim$$GL-14.4mでは,解析手法による透水係数の差が見られた。(3) 測定区間GL-8.9m$$sim$$GL-11.4mの透水係数は,GL-9.4m$$sim$$GL-11.9mの透水係数の2倍の値を示した。

2 件中 1件目~2件目を表示
  • 1