検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年
検索結果: 4 件中 1件目~4件目を表示
  • 1

発表形式

Initialising ...

選択項目を絞り込む

掲載資料名

Initialising ...

発表会議名

Initialising ...

筆頭著者名

Initialising ...

キーワード

Initialising ...

使用言語

Initialising ...

発行年

Initialising ...

開催年

Initialising ...

選択した検索結果をダウンロード

口頭

CeCo(In$$_{1-x}$$Zn$$_x$$)$$_5$$$$mu$$SR法による研究,2

髭本 亘; 網田 裕斗; 宮崎 一輝*; 伊藤 孝; 鈴木 康平*; 大島 佳樹*; 横山 淳*

no journal, , 

CeCoIn$$_5$$のInサイトをZnに置換した系では重い電子の超伝導がZn濃度の増大に伴い転移温度が減少し、さらに超伝導転移温度以上において新たな相転移を示す異常が見られるようになることがバルク測定等から報告されていた。我々はこれまでミュオンを用いる$$mu$$SR法により、この相転移が磁性によるものであることを確認、その磁性の変化等を報告している。本講演では$$mu$$SR法により測定した本物質の詳細な磁性と、磁場侵入長の結果を報告する予定である。

口頭

Anisotropy of spontaneous magnetic field in chiral superconductor

髭本 亘; 岡澤 赳*; 網田 裕斗; 宮崎 一輝*; 伊藤 孝; 吉田 良行*

no journal, , 

In a chiral superconductor, time reversal symmetry of Cooper pair breaks and spontaneous magnetic field can be generated in a superconducting phase. One of the possible source of the spontaneous magnetic field is current at the domain edges. Such the edge current is related to total orbital angular momentum of Cooper pairs and have been studied in chiral superconductors. Although spontaneous magnetic field is a key feature for understanding of chiral superconductivity, details are not known up to now. In Sr$$_2$$RuO$$_4$$, time reversal symmetry broken superconductivity is proposed. We have investigated anisotropy of spontaneous magnetic field in Sr$$_2$$RuO$$_4$$ by using zero field muon spin relaxation (ZF-$$mu$$SR) technique. In superconducting phase, spontaneous magnetic fields were observed for all the directions. We will present anisotropy of spontaneous field based on our results of ZF-$$mu$$SR in Sr$$_2$$RuO$$_4$$.

口頭

CeCo(In$$_{1-x}$$Zn$$_x$$)$$_5$$$$mu$$SR法による研究,3

髭本 亘; 宮崎 一輝*; 網田 裕斗; 伊藤 孝; 鈴木 康平*; 大島 佳樹*; 横山 淳*

no journal, , 

重い電子系超伝導体CeCoIn$$_5$$は磁性と超伝導相関など、様々な観点からの研究がなされている。このInサイトをZnに置換した系では重い電子の超伝導状態がZn濃度の増大に伴い転移温度が減少し、相転移を示す異常が見られるようになる。これまでにミュオンを用いる$$mu$$SR法により、この相転移が磁性によるものであること、また磁場侵入長測定の結果について報告している。本講演では磁場侵入長異方性について報告する予定である。

口頭

$$mu$$SR法で見た空間反転対称性の破れた結晶構造を持つSrAuSi$$_3$$の超伝導

宮崎 一輝; 髭本 亘; 伊藤 孝; 磯部 雅朗*

no journal, , 

構造に反転対称性がない系で生じる超伝導は、パリティ混合など特異な状態が発現することが理論的に示唆されているが、特に実験的には明確でない部分が多い。我々はミュオンスピン緩和法を用い、反転対称性の破れたSrAuSi$$_3$$における超伝導状態を詳細に調べた。その結果、対称的な超伝導ギャップの存在と、時間反転対称性が保たれていることなどを明らかにした。この結果は特異な超伝導状態の発現が見られていないことを意味し、講演ではその理由を議論する。

4 件中 1件目~4件目を表示
  • 1