検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年
検索結果: 3 件中 1件目~3件目を表示
  • 1

発表形式

Initialising ...

選択項目を絞り込む

掲載資料名

Initialising ...

発表会議名

Initialising ...

筆頭著者名

Initialising ...

キーワード

Initialising ...

使用言語

Initialising ...

発行年

Initialising ...

開催年

Initialising ...

選択した検索結果をダウンロード

口頭

核物質含有廃液からのアンモニアの分離研究

三善 真秀*; 粟飯原 はるか; 渡部 創; 松浦 治明*

no journal, , 

試験・分析により発生するRIや核燃料物質を含む放射性廃液は多様な試薬が混入しており処分方法が確立していない。分析廃液はアンモニウム化合物を含む硝酸系の廃液が多く、ここから反応性が高い硝酸アンモニウムが生成する可能性がある。これらの廃液を長期保管することは安全上の観点から好ましくないため、廃液の安定化処理を行う必要がある。安定化処理としてアンモニウムの酸化分解が検討されており、アンモニウムを分離する前処理を導入することにより、分解が効率化できると考えられる。そこで、蒸留によりアンモニアを回収する試験を行い、模擬廃液からアンモニウムを分離する手法の見通しを得た。

口頭

放射性溶液安定化処理のためのアンモニウム分離分解フローの開発,3; 蒸留・沈澱処理によるアンモニウム分離前処理方法の検討

松浦 治明*; 小林 亜美*; 三善 真秀*; 粟飯原 はるか; 渡部 創; 野村 和則

no journal, , 

放射性廃液の処理手法を開発するSTRADプロジェクトの一環として、分析廃液中に含まれるアンモニウムイオンの分解処理技術の開発を行っている。分解のための分離前処理として、廃液のpHを上げて核物質をあらかじめ沈澱分離し、アンモニウムイオンをアンモニアガスとして蒸留により溶液から回収するプロセスを検討している。pH12の条件では60度という比較的低温ながらトラップ水へのアンモニア回収率71%をとなり、2段目までのトラップ水で十分回収できることを確認した。またpH12でセリウムはほぼ完全に溶液から取り除かれ、沈殿分離は達成された。これらの検討を基に今後効率的にアンモニウムを分解可能なフローの設計を行う。

口頭

Development of treatment method for analytical waste solutions in STRAD project, 3; Separation of ammonia by vaporization

松浦 治明*; 小林 亜美*; 三善 真秀*; 粟飯原 はるか; 渡部 創; 野村 和則

no journal, , 

Treatment of radioactive waste solution containing various chemical reagents would be critical issue for decommissioning of nuclear facilities. We have targeted on the wastes containing ammonium ion which would produce ammonium nitrate. To decompose ammonium ion by catalysis, separation of ammonium ion in the solution is expected to be achieved. By using simulated waste solutions, vaporization behavior of ammonia has been investigated. As a result, about 40% of ammonia in the simulated solution with NH$$_{4}$$$$^{+}$$ of 4.47 g/L was recovered by adjustment in pH and heating.

3 件中 1件目~3件目を表示
  • 1