検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年
検索結果: 6 件中 1件目~6件目を表示
  • 1

発表形式

Initialising ...

選択項目を絞り込む

掲載資料名

Initialising ...

発表会議名

Initialising ...

筆頭著者名

Initialising ...

キーワード

Initialising ...

使用言語

Initialising ...

発行年

Initialising ...

開催年

Initialising ...

選択した検索結果をダウンロード

論文

Development of a software platform for providing environmental monitoring data for the Fukushima Daiichi nuclear accident

関 暁之; 斎藤 税; 名古 玄天*; 鈴木 健太; 冨島 一也; 斎藤 公明; 武宮 博

Radiation Protection Dosimetry, 164(1-2), p.97 - 102, 2015/04

 被引用回数:3 パーセンタイル:63.46(Environmental Sciences)

東京電力福島第一原子力発電所事故によって拡散した放射性物質についての多量かつ多様なモニタリング情報の提供を支援すべく、ソフトウェア基盤を構築した。これらソフトウェア基盤を構築したことにより、モニタリング情報の公開までにかかる労力を効果的に削減することができた。今回の災害に係るモニタリング作業は、今後も数十年続くと考えられ、その作業に係る労力を削減することが課題である。これらソフトウェア基盤は、この課題を解決することが期待できる。

口頭

放射性核種の分布データとツールの拡充

関 暁之; 武宮 博; 斎藤 税; 名古 玄天; 斎藤 公明

no journal, , 

原子力機構システム計算科学センターは、文部科学省が推進する「福島第一原子力発電所事故に伴う放射性物質の長期的影響把握手法の確立」事業として、事故による環境影響を調査すべく得られた空間線量率や核種濃度の情報を平成24年9月から放射性物質の分布状況等調査データベースにて公開している。現在は、本事業で新たに測定されたデータを引き続き登録するとともに、福島県や文部科学省が独自に行っているモニタリング結果についても登録を進めており、これら結果を一元的に管理・公開するデータベースへと拡張している。また、利用促進を図るべくツール等を開発し機能を追加している。

口頭

環境モニタリング等データベースの構築

関 暁之; 斎藤 税; 名古 玄天; 斎藤 公明; 武宮 博

no journal, , 

原子力機構システム計算科学センターは、原子力規制庁が推進する「東京電力福島第一原子力発電所事故による環境モニタリング等データベースの構築」事業として、事故により放出された放射性物質による環境影響の問題に対応し、その対策基盤を確立するため福島県及び近隣県における空間線量の測定結果や、陸域土壌(土壌表面及び土中)及び河川・地下水の分析結果等を集積・統合して一元的に保管し、住民の健康及び環境への影響を将来にわたり継続的に確認する環境モニタリング等データベースを公開している。今回は、規制庁をはじめとする関係省庁及び地方自治体による測定データの追加について報告すとともに、各種データを広く国民に利用していただくための機能開発について紹介する。

口頭

全国の環境モニタリングデータの集約と公開

関 暁之; 斎藤 税; 名古 玄天; 斎藤 公明; 武宮 博

no journal, , 

原子力機構システム計算科学センターは、原子力規制庁が推進する「東京電力福島第一原子力発電所事故による環境モニタリング等データベースの構築」事業において、事故により放出された放射性物質による環境影響の問題に対応し、その対策基盤を確立すべく、規制庁をはじめとする関係省庁及び地方自治体による測定データを集約し、住民及び環境への影響を将来にわたり継続的に確認できるよう環境モニタリング等データベースにて公開している。今回は環境モニタリング等データベースとそこに登録されているデータについて紹介する。

口頭

福島第一原子力発電所事故に伴う放射性物質の長期的影響把握手法の確立,3; 環境モニタリング等データベースの構築

関 暁之; 斎藤 税; 名古 玄天; 鈴木 健太; 冨島 一也; 斎藤 公明; 武宮 博

no journal, , 

原子力機構システム計算科学センターは、原子力規制庁が推進する「東京電力福島第一原子力発電所事故による環境モニタリング等データベースの構築」事業として、事故により放出された放射性物質による環境影響の問題への対策基盤として、関係省庁,自治体が独自に公開している環境モニタリングデータを一元的に集約し、相互比較可能な形式で提供するデータベースを平成25年11月18日より公開した。このデータベースは環境モニタリングデータの他、マップ化データや測定関連資料、解析支援ツールも提供している。

口頭

Development of a software platform for providing environmental monitoring data for the Fukushima Daiichi nuclear accident

関 暁之; 斎藤 税; 名古 玄天*; 鈴木 健太; 冨島 一也; 斎藤 公明; 武宮 博

no journal, , 

原子力災害が発生した際は、放射性物質の拡散が想定されるため、広域にわたる環境モニタリングの実施が重要であり、さらにその災害対策や現状把握を迅速に行うべく、それらモニタリング結果をできるだけ早く公開することが重要である。そのためには、これら環境モニタリングの実施やその結果の迅速な公開を支援するシステム開発が不可欠である。そこで我々は、東京電力福島第一原子力発電所事故の経験に基づき、環境モニタリング・情報処理・ネットワークコミュニケーションの技術を統合したソフトウェア基盤を構築した。

6 件中 1件目~6件目を表示
  • 1