検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年
検索結果: 6 件中 1件目~6件目を表示
  • 1

発表形式

Initialising ...

選択項目を絞り込む

掲載資料名

Initialising ...

発表会議名

Initialising ...

筆頭著者名

Initialising ...

キーワード

Initialising ...

使用言語

Initialising ...

発行年

Initialising ...

開催年

Initialising ...

選択した検索結果をダウンロード

論文

Breakdown of linear spin-wave theory and existence of spinon bound states in the frustrated kagome-lattice antiferromagnet

Mattan, K.*; 小野 俊雄*; 河村 聖子; 中島 健次; 南部 雄亮*; 佐藤 卓*

Physical Review B, 105(13), p.134403_1 - 134403_8, 2022/04

 被引用回数:0

スピン1/2のカゴメ格子反強磁性体Cs$$_{2}$$Cu$$_{3}$$SnF$$_{12}$$の磁気励起について、高分解能飛行時間法中性子非弾性散乱実験によって調べた。フラストレートしたカゴメ格子反強磁性体に特徴的な平坦なモードや低エネルギー側の強い分散を持つモードは線形スピン波理論で記述できる。しかし、一方で、9-14meVの領域にある分散を持つ強度の弱い3つのモードについてはそれが破綻する。この3つのモードについては、ゾーン中心から離れるか温度を上げるかすると自由スピノンに崩壊して連続励起になる2スピノン束縛状態と思われる。

論文

Neutron scattering study on yttrium iron garnet for spintronics

南部 雄亮*; 社本 真一

Journal of the Physical Society of Japan, 90(8), p.081002_1 - 081002_15, 2021/08

 被引用回数:0 パーセンタイル:0(Physics, Multidisciplinary)

スピントロニクス用イットリウム鉄ガーネットの中性子散乱研究について、長期課題2017L0300の"Cross correlation dynamics under a strain field"の成果を中心にSPECIAL TOPICSのReviewとしてまとめた。

論文

Science from the initial operation of HRC

伊藤 晋一*; 横尾 哲也*; 益田 隆嗣*; 吉澤 英樹*; 左右田 稔*; 池田 陽一*; 井深 壮史*; 川名 大地*; 佐藤 卓*; 南部 雄亮*; et al.

JPS Conference Proceedings (Internet), 8, p.034001_1 - 034001_6, 2015/09

Since the installation of the High Resolution Chopper Spectrometer, HRC, experiments using the HRC are being conducted to observe the dynamics in wide range of physics. Scientific results during the period since the initial construction are summarized.

口頭

Tensile deformation and texture evolution in brittle/ductile multilayered steel sheet studied by neutron diffraction

徐 平光; 小島 真由美*; 鈴木 裕士; 南部 将一*; 井上 純哉*; 小貫 祐介*; Harjo, S.; 秋田 貢一

no journal, , 

Bulk textures of austenite/nickel/martensite/nickel/austenite multilayered steel and monolithic martensite steel after uniaxial extension were off-line measured using time-of-flight neutron diffraction texture measurement and Rietveld texture analysis techniques. The martensite layer containing {111}$$<$$112$$>$$ initial component exhibited certain {111}$$<$$hkl$$>$$-fiber orientation splitting characteristics during 5$$sim$$10% extension, then such transient splitting texture components reoriented into {111}$$<$$110$$>$$ component after 15% extension. The comparison with ferrite texture evolutions in ferrite-austenite multilayered steel and ferrite monolithic steel revealed that above orientation splitting is related to the multiphase interlayer constraint and the phase stress partitioning between martensite and austenite.

口頭

熱ホール効果を示すTb$$_3$$Ga$$_5$$O$$_{12}$$のフォノンと結晶場

藤田 全基*; 南部 雄亮*; 河村 聖子; 古府 麻衣子; 中島 健次; Urlich, C.*; Sushkov, O. P.*

no journal, , 

非磁性絶縁体Tb$$_3$$Ga$$_5$$O$$_{12}$$の熱伝導はフォノンが担っているため、この物質が示す熱ホール効果はフォノンホール効果と呼ばれる。その起源は、二重項を基底状態に持つTbイオンによるフォノンの共鳴散乱である。このことを示すため、非弾性中性子散乱を用いて、フォノンと結晶場励起の測定を行った。これらの励起スペクトルの磁場依存性について報告する。

口頭

熱ホール効果を示すTb$$_3$$Ga$$_5$$O$$_{12}$$のの磁場下における結晶場励起

森 道康; 藤田 全基*; 南部 雄亮*; 河村 聖子; 古府 麻衣子; 中島 健次; Urlich, C.*; Sushkov, O. P.*

no journal, , 

非磁性絶縁体Tb$$_3$$Ga$$_5$$O$$_{12}$$は、フォノンによる熱ホール効果(フォノンホール効果)を示す。その起源は、Tbイオンの結晶場励起を伴ったフォノンの共鳴散乱である。非弾性中性子散乱を用いて、磁場下におけるフォノンと結晶場励起の測定を行った。磁場下における結晶場励起の解析結果について報告する。

6 件中 1件目~6件目を表示
  • 1