検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年
検索結果: 2 件中 1件目~2件目を表示
  • 1

発表形式

Initialising ...

選択項目を絞り込む

掲載資料名

Initialising ...

発表会議名

Initialising ...

筆頭著者名

Initialising ...

キーワード

Initialising ...

使用言語

Initialising ...

発行年

Initialising ...

開催年

Initialising ...

選択した検索結果をダウンロード

論文

Hydrostatic compression behavior and high-pressure stabilized $$beta$$-phase in $$gamma$$-based titanium aluminide intermetallics

Liss, K.-D.*; 舟越 賢一*; Dippenaar, R. J.*; 肥後 祐司*; 城 鮎美*; Reid, M.*; 鈴木 裕士; 菖蒲 敬久; 秋田 貢一

Metals, 6(7), p.165_1 - 165_22, 2016/07

 被引用回数:16 パーセンタイル:72.33(Materials Science, Multidisciplinary)

Ti-Al合金は、航空機エンジン材料として、軽量・耐熱タービンへの応用が期待されているが、塑性加工性の悪さを克服する必要がある。高圧鍛造プレスにおいては、10GPaの範囲で材料加工を可能にするが、それゆえに、極限環境における候補材料の状態図を評価する必要がある。本研究では、($$alpha$$$$_{2}$$+$$gamma$$)二相合金の一つであるTi-45Al-7.5Nb-0.25Cに対し、9.6GPaまでの圧力範囲、また1686Kまでの温度範囲で放射光X線回折によるその場実験を行った。室温では、圧力に対する体積変化は、両相に観察される明らかに高い体積弾性係数から、体積ひずみというよりはむしろ、$$gamma$$$$rightarrow$$$$alpha$$$$_{2}$$相変態の影響と考えられる。結晶学的には、特に格子ひずみと原子配列について詳しく検討した。原子体積の増加にもかかわらず、この相変態を生じるのは興味深い。これは、$$gamma$$の高い規則化エネルギーによるものである。高圧下において加熱すると、共析と$$gamma$$ソルバス遷移温度が上昇し、第三相の立方晶$$beta$$相が1350K以上で安定する。過去の研究において、$$beta$$相は塑性変形において高い延性があり、従来の鍛造過程において重要なものであることが明らかにされている。本研究では、作動環境下において有害とされる$$beta$$相の存在は確認されなかったが、従来の鍛造過程における理想的な加工条件幅を明らかにした。これらの結果より、新しい加工処理方法を提案することができた。

口頭

High-temperature defect kinetics in titanium and zirconium alloys revealed ${it in-situ}$ by the dynamic extinction of neutron radiation

Liss, K. D.; Kabra, S.*; Thoennessen, L.*; Harjo, S.; Reid, M.*; Yan, K.*; Harrison, R.*; Dippenaar, R. J.*

no journal, , 

After $$alpha$$ + $$beta$$ Zr and Ti alloys have fully transformed into single $$beta$$-phase upon heating, the intensities of all $$beta$$-Zr Bragg reflections decrease simultaneously as a function of time. This effect represents a transition from the kinematic to the dynamic theory of diffraction due to the ever increasing crystal perfection driven by thermal recovery of the system, and has been employed to further investigate the kinetics of crystal perfection. Crystal recovery is identified as a process of dislocation annihilation, hindered by lattice friction. Furthermore, intensity increases during plastic deformation due to recreation of dislocations. Upon cooling, precipitating $$alpha$$-phase induces strain into the perfect $$beta$$-crystallites, re-establishing the kinematic diffraction intensities. An Avrami analysis leads to an understanding of the nucleation and growth kinetics of the $$alpha$$ phase in its very early stages.

2 件中 1件目~2件目を表示
  • 1