検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年
検索結果: 323 件中 1件目~20件目を表示

発表形式

Initialising ...

選択項目を絞り込む

掲載資料名

Initialising ...

発表会議名

Initialising ...

筆頭著者名

Initialising ...

キーワード

Initialising ...

使用言語

Initialising ...

発行年

Initialising ...

開催年

Initialising ...

選択した検索結果をダウンロード

論文

計算科学シミュレーションコードSPLICEによる異種材料レーザー溶接プロセスの数値解析

村松 壽晴; 佐藤 雄二; 亀井 直光; 青柳 裕治*; 菖蒲 敬久

日本機械学会第13回生産加工・工作機械部門講演会講演論文集(No.19-307) (インターネット), p.157 - 160, 2019/10

本研究は、レーザーによる異種材料溶接を対象とし、溶接時の温度管理等を適切に行うことにより、発生する残留応力を低減させることを目的とする。報告では、残留応力発生に大きな影響を持つ溶融池・凝固過程での過渡温度挙動を、計算科学シミュレーションコードSPLICEにより評価し、溶接加工時の伝熱流動特性に基づき、溶接施工時に溶融池領域の表面温度分布をサーモグラフィーなどにより把握することにより、これを指標として冷却速度をレーザー加熱などによって制御し、温度勾配解消が期待できる溶融池内対流輸送を維持し、発生する残留応力を低減できる可能性を示した。

論文

Impact of stellar superflares on planetary habitability

山敷 庸亮*; 前原 裕之*; Airapetian, V.*; 野津 湧太*; 佐藤 達彦; 野津 翔太*; 黒木 龍介*; 村嶋 慶哉*; 佐藤 啓明*; 行方 宏介*; et al.

Astrophysical Journal, 881(2), p.114_1 - 114_24, 2019/08

系外惑星における生命存在の可能性を検討する際、恒星が引き起こすスーパーフレアによる影響を評価することは重要となる。そこで本研究では、いくつか実在する恒星と仮想的な惑星を想定し、その大気・海洋内における被ばく線量を様々なタイプの太陽フレアに対して推定する方法を提案する。具体的には、粒子・重イオン輸送計算コードPHITSと系外惑星データベースシステムExoKyotoを組み合わせ、実際に観測された太陽フレアと恒星フレアの比較から影響を推定する。その結果、ある程度の大気圧があれば、惑星地表面における被ばく線量は複雑系生物の致死量には至らない可能性が高いことが分かった。

論文

Nowcast and forecast of galactic cosmic ray (GCR) and solar energetic particle (SEP) fluxes in magnetosphere and ionosphere; Extension of WASAVIES to earth orbit

佐藤 達彦; 片岡 龍峰*; 塩田 大幸*; 久保 勇樹*; 石井 守*; 保田 浩志*; 三宅 晶子*; 三好 由純*; 上野 遥*; 永松 愛子*

Journal of Space Weather and Space Climate (Internet), 9, p.A9_1 - A9_11, 2019/03

巨大な太陽フレア発生時における宇宙飛行士のリアルタイム被ばく線量評価モデルの開発は、宇宙放射線防護研究で最も挑戦的なトピックの1つである。そこで、原子力機構では、科学研究費補助金(科研費)新学術領域PSTEPの枠組みで、国内の研究機関や大学と協力して、航空機被ばく警報システムWASAVIESを地球衛星軌道に拡張したWASAVIES-EOを開発した。WASAVIES-EOは、任意の地球衛星軌道上における巨大太陽フレア時の銀河宇宙線及び太陽高エネルギー粒子をリアルタイムで推定することができる。また、国際宇宙ステーション(ISS)の乗組員の実効線量当量も計算可能であり、その計算精度は、POSE衛星で測定した陽子フラックス及びISS内で測定した吸収線量により検証した。

報告書

平成29年度緊急時対応技術適用のためのバックグラウンド航空機モニタリング(受託研究)

普天間 章; 眞田 幸尚; 岩井 毅行*; 瀬口 栄作; 松永 祐樹*; 河端 智樹; 豊田 政幸*; 飛田 晋一朗*; 平賀 祥吾*; 佐藤 一彦*; et al.

JAEA-Technology 2018-016, 98 Pages, 2019/02

JAEA-Technology-2018-016.pdf:18.64MB

2011年3月11日に発生した東日本大震災による津波に起因した東京電力福島第一原子力発電所事故によって、大量の放射性物質が周辺に飛散した。事故直後より、放射線の分布を迅速かつ広範囲に測定する手法として、航空機等を用いた空からの測定方法が適用されている。福島で培った航空機モニタリングの技術を原子力発電所事故時の対応技術として適用するために、全国の発電所周辺のバックグラウンドモニタリングを実施した。2017年度は泊発電所, 柏崎刈羽原子力発電所および玄海原子力発電所周辺について実施した。ここでは、その結果および実施によって抽出された技術的課題についてまとめる。

報告書

平成29年度原子力発電所周辺における航空機モニタリング(受託研究)

普天間 章; 眞田 幸尚; 石崎 梓; 岩井 毅行*; 瀬口 栄作; 松永 祐樹*; 河端 智樹; 豊田 政幸*; 飛田 晋一朗*; 平賀 祥吾*; et al.

JAEA-Technology 2018-015, 120 Pages, 2019/02

JAEA-Technology-2018-015.pdf:15.01MB

2011年3月11日に発生した東日本大震災による津波に起因した東京電力福島第一原子力発電所事故によって、大量の放射性物質が周辺に飛散した。事故直後より、放射線の分布を迅速かつ広範囲に測定する手法として、航空機等を用いた空からの測定方法が適用されている。ここでは、平成29年度に実施した福島第一原子力発電所周辺におけるモニタリング結果についてまとめた。過去の福島第一原子力発電所周辺におけるモニタリング結果から線量率の変化量を評価し、変化量に寄与する要因について考察した。また、これまで課題となっていた空気中のラドン子孫核種の弁別手法の開発およびシステム化を行い、実際の測定結果に本手法を適用して、空気中のラドン子孫核種の測定に与える影響について評価した。さらに、複数のGPS受信機用いて同時にデータ取得することによって、位置測定誤差による解析結果への影響評価を行った。

論文

Observation of a Be double-Lambda hypernucleus in the J-PARC E07 experiment

江川 弘行; 足利 沙希子; 長谷川 勝一; 橋本 直; 早川 修平; 細見 健二; 市川 裕大; 今井 憲一; 金原 慎二*; 七村 拓野; et al.

Progress of Theoretical and Experimental Physics (Internet), 2019(2), p.021D02_1 - 021D02_11, 2019/02

A double-$$Lambda$$ hypernucleus, $${}_{LambdaLambda}mathrm{Be}$$, was observed by the J-PARC E07 collaborationin nuclear emulsions tagged by the $$(K^{-},K^{+})$$ reaction. This event was interpreted as a production and decay of $$ {}_{LambdaLambda}^{;10}mathrm{Be}$$,$${}_{LambdaLambda}^{;11}mathrm{Be}$$, or $${}_{LambdaLambda}^{;12}mathrm{Be}^{*}$$ via $$Xi^{-}$$ capture in $${}^{16}mathrm{O}$$.By assuming the capture in the atomic 3D state, the binding energy of two $$Lambda$$ hyperons$$,$$($$B_{LambdaLambda}$$)of these double-$$Lambda$$ hypernuclei are obtained to be$$15.05 pm 0.11,mathrm{MeV}$$, $$19.07 pm 0.11,mathrm{MeV}$$, and $$13.68 pm 0.11,mathrm{MeV}$$, respectively. Based on the kinematic fitting, $${}_{LambdaLambda}^{;11}mathrm{Be}$$ is the most likely explanation for the observed event.

論文

Transient ionization of the mesosphere during auroral breakup; Arase satellite and ground-based conjugate observations at Syowa Station

片岡 龍峰*; 西山 尚典*; 田中 良昌*; 門倉 昭*; 内田 ヘルベルト陽仁*; 海老原 祐輔*; 江尻 省*; 冨川 喜弘*; 堤 雅基*; 佐藤 薫*; et al.

Earth, Planets and Space (Internet), 71, p.9_1 - 9_10, 2019/01

 パーセンタイル:100(Geosciences, Multidisciplinary)

2017年6月30日22時21分から26分(世界時)にかけて、昭和基地にあるPANSYレーダーによってオーロラ爆発時の中間圏における過渡電離が観測された。通常、中間圏における過渡電離は100keV以上の高エネルギー電子が中間圏まで到達することにより引き起こされるが、同時間帯においてあらせ衛星が観測した100keV以上の電子フラックスは有意な上昇を示していなかった。このことから、本イベントは、10keV以下の低エネルギー電子が大量に熱圏に降り注ぐことにより発生したX線による電離であるとの仮説を立てた。この仮説の妥当性を検証するため、粒子・重イオン挙動解析コードPHITSを用いて様々なエネルギースペクトルを持つ電子が大気上空に進入した場合の電離分布を計算した。その結果、10keV以下の電子でも中間圏において十分な電離を引き起こすことが可能であることが分かり、仮説の妥当性が証明された。

論文

Low-momentum direct-photon measurement in Cu + Cu collisions at $$sqrt{s_{_{NN}}}=200$$ GeV

Adare, A.*; 長谷川 勝一; 今井 憲一; 永宮 正治; 佐甲 博之; 佐藤 進; 谷田 聖; PHENIX Collaboration*; 他448名*

Physical Review C, 98(5), p.054902_1 - 054902_11, 2018/11

 パーセンタイル:100(Physics, Nuclear)

We have measured direct photons for $$p_T< 5~$$GeV/$$c$$ in minimum bias and 0% - 40% most central events at midrapidity for Cu$$+$$Cu collisions at $$sqrt{s_{_{NN}}}=200$$ GeV. The $$e^{+}e^{-}$$ contribution from quasi-real direct virtual photons has been determined as an excess over the known hadronic contributions in the $$e^{+}e^{-}$$ mass distribution. A clear enhancement of photons over the binary scaled $$p$$$$+$$$$p$$ fit is observed for $$p_T < 4$$ GeV/$$c$$ in Cu$$+$$Cu data. The $$p_T$$ spectra are consistent with the Au$$+$$Au data covering a similar number of participants. The inverse slopes of the exponential fits to the excess after subtraction of the $$p$$$$+$$$$p$$ baseline are 285$$pm$$53(stat)$$pm$$57(syst)~MeV/$$c$$ and 333$$pm$$72(stat)$$pm$$45(syst)~MeV/$$c$$ for minimum bias and 0% - 40% most central events, respectively. The rapidity density, $$dN/dy$$, of photons demonstrates the same power law as a function of $$dN_{rm ch}/deta$$ observed in Au$$+$$Au at the same collision energy.

論文

Production of $$pi^0$$ and $$eta$$ mesons in Cu+Au collisions at $$sqrt{s_{_{NN}}}$$=200 GeV

Aidala, C.*; 長谷川 勝一; 今井 憲一; 永宮 正治*; 佐甲 博之; 佐藤 進; 谷田 聖; PHENIX Collaboration*; 他397名*

Physical Review C, 98(5), p.054903_1 - 054903_11, 2018/11

 被引用回数:1 パーセンタイル:49.68(Physics, Nuclear)

Production of $$pi^0$$ and $$eta$$ mesons has been measured at midrapidity in Cu$$+$$Au collisions at $$sqrt{s_{_{NN}}}$$=200 GeV. Measurements were performed in $$pi^0(eta)rightarrowgammagamma$$ decay channel in the 1(2)-20 GeV/$$c$$ transverse momentum range. A strong suppression is observed for $$pi^0$$ and $$eta$$ meson production at high transverse momentum in central Cu$$+$$Au collisions relative to the $$p$$$$+$$$$p$$ results scaled by the number of nucleon-nucleon collisions. In central collisions the suppression is similar to Au$$+$$Au with comparable nuclear overlap. The $$eta/pi^0$$ ratio measured as a function of transverse momentum is consistent with $$m_T$$-scaling parameterization down to $$p_T=$$2 GeV/$$c$$, its asymptotic value is constant and consistent with Au$$+$$Au and $$p$$$$+$$$$p$$ and does not show any significant dependence on collision centrality. Similar results were obtained in hadron-hadron, hadron-nucleus, and nucleus-nucleus collisions as well as in $$e^+e^-$$ collisions in a range of collision energies $$sqrt{s_{_{NN}}}=$$ 3-1800 GeV. This suggests that the quark-gluon-plasma medium produced in Cu$$+$$Cu collisions either does not affect the jet fragmentation into light mesons or it affects the $$pi^0$$ and $$eta$$ the same way.

論文

Measurement of $$phi$$-meson production at forward rapidity in $$p+p$$ collisions at $$sqrt{s}=510$$ GeV and its energy dependence from $$sqrt{s}=200$$ GeV to 7 TeV

Adare, A.*; 長谷川 勝一; 今井 憲一; 永宮 正治*; 佐甲 博之; 佐藤 進; 谷田 聖; PHENIX Collaboration*; 他351名*

Physical Review D, 98(9), p.092006_1 - 092006_13, 2018/11

 パーセンタイル:100(Astronomy & Astrophysics)

The PHENIX experiment at the Relativistic Heavy Ion Collider has measured the differential cross section of $$phi$$(1020) meson production at forward rapidity in $$p$$$$+$$$$p$$ collisions at $$sqrt{s}=$$510 GeV via the dimuon decay channel. The integrated cross section in the rapidity and $$p_T$$ ranges $$1.2 < |y| < 2.2$$ and $$2 < p_T < 7$$ GeV/$$c$$ is $$sigma_phi=2.79 pm 0.20,{rm (stat)} pm 0.17,{rm (syst)} pm 0.34, {rm (norm)} times 10^{-2}$$~mb. The energy dependence of $$sigma_phi$$ ($$1.2 < |y|<2.2$$; $$2<p_T<5$$ GeV/$$c$$) is studied using the PHENIX measurements at $$sqrt{s}=$$200 and 510 GeV and the Large-Hadron-Collider measurements at $$sqrt{s}=$$2.76 and 7 TeV. The experimental results are compared to various event generator predictions (pythia6, pythia8, phojet, ampt, epos3, and epos-lhc).

論文

Pseudorapidity dependence of particle production and elliptic flow in asymmetric nuclear collisions of $$p$$+Al, $$p$$+Au, $$d$$+Au, and $$^{3}$$He+Au at $$sqrt{s_{_{NN}}}$$ = 200 GeV

Adare, A.*; 長谷川 勝一; 今井 憲一; 佐甲 博之; 佐藤 進; 谷田 聖; PHENIX Collaboration*; 他362名*

Physical Review Letters, 121(22), p.222301_1 - 222301_8, 2018/11

 被引用回数:3 パーセンタイル:29.91(Physics, Multidisciplinary)

Asymmetric nuclear collisions of $$p$$+Al, $$p$$+Au, $$d$$+Au, and $$^{3}$$He+Au at $$sqrt{s_{_{NN}}}$$ = 200 GeV provide an excellent laboratory for understanding particle production, as well as exploring interactions among these particles after their initial creation in the collision. We present measurements of charged hadron production $$dN_{rm ch}/deta$$ in all such collision systems over a broad pseudorapidity range and as a function of collision multiplicity. A simple wounded quark model is remarkably successful at describing the full data set. We also measure the elliptic flow $$v_{2}$$ over a similarly broad pseudorapidity range. These measurements provide key constraints on models of particle emission and their translation into flow.

論文

Nonperturbative transverse-momentum-dependent effects in dihadron and direct photon-hadron angular correlations in $$p+p$$ collisions at $$sqrt{s}=200$$ GeV

Aidala, C.*; 長谷川 勝一; 今井 憲一; 佐甲 博之; 佐藤 進; 谷田 聖; PHENIX Collaboration*; 他287名*

Physical Review D, 98(7), p.072004_1 - 072004_13, 2018/10

 被引用回数:1 パーセンタイル:64.74(Astronomy & Astrophysics)

Dihadron and isolated direct photon-hadron angular correlations are measured in $$p$$$$+$$$$p$$ collisions at $$sqrt{s}=200$$ GeV. The correlations are sensitive to nonperturbative initial-state and final-state transverse momentum $$k_T$$ and $$j_T$$ in the azimuthal nearly back-to-back region $$Deltaphisimpi$$. In this region, transverse-momentum-dependent evolution can be studied when several different hard scales are measured. To have sensitivity to small transverse momentum scales, nonperturbative momentum widths of $$p_{rm out}$$, the out-of-plane transverse momentum component perpendicular to the trigger particle, are measured. These widths are used to investigate possible effects from transverse-momentum-dependent factorization breaking. When accounting for the longitudinal momentum fraction of the away-side hadron with respect to the near-side trigger particle, the widths are found to increase with the hard scale; this is qualitatively similar to the observed behavior in Drell-Yan and semi-inclusive deep-inelastic scattering interactions. The momentum widths are also studied as a function of center-of-mass energy by comparing to previous measurements at $$sqrt{s}=510$$ GeV. The nonperturbative jet widths also appear to increase with $$sqrt{s}$$ at a similar $$x_T$$, which is qualitatively consistent to similar measurements in Drell-Yan interactions.

論文

Conceptual plant system design study of an experimental HTGR upgraded from HTTR

大橋 弘史; 後藤 実; 植田 祥平; 佐藤 博之; 深谷 裕司; 笠原 清司; 佐々木 孔英; 水田 直紀; Yan, X.; 青木 健*

Proceedings of 9th International Topical Meeting on High Temperature Reactor Technology (HTR 2018) (USB Flash Drive), 6 Pages, 2018/10

商用炉に向けて高温工学試験研究炉(HTTR)を高度化した高温ガス実験炉のシステム概念検討を実施した。安全設備については、実用炉技術を実証するため、受動的炉容器冷却設備、コンファインメントの採用など、HTTRから高度化を図った。また、商用炉におけるプロセス蒸気供給の技術確立に向けて、HTTRの系統構成から中間熱交換器(IHX)を削除し、新たに蒸気発生器(SG)を設置した。本論文では高温ガス実験炉のシステム概念の検討結果を述べる。

論文

Numerical evaluation on fluctuation absorption characteristics based on nuclear heat supply fluctuation test using HTTR

高田 昌二; 本多 由貴*; 稲葉 良知; 関田 健司; 根本 隆弘; 栃尾 大輔; 石井 俊晃; 佐藤 博之; 中川 繁昭; 沢 和弘*

Proceedings of 9th International Topical Meeting on High Temperature Reactor Technology (HTR 2018) (USB Flash Drive), 7 Pages, 2018/10

HTGRに接続する核熱利用システムの設計では、化学プラント会社の容易な参入を可能にするため、非原子炉級で設計されるが、熱利用システムで異常が発生した場合でも原子炉の運転を継続できることとしている。需要地近接立地で負荷追従運転を実現するため、原子炉入口および出口冷却材温度を一定に保ちながら一次系ガス圧力を変化させるインベントリ制御は原子炉出力を制御する方法の候補の1つとされている。HTTRを用いた非核加熱運転による熱負荷変動吸収試験結果をもとに、異なる一次系ガス圧力で原子炉入口温度をステップ状に変動させた。数値解析の結果、圧力の低下により変動吸収特性が劣化しないことが明らかになった。また、原子炉出力の80%でも、原子炉出口温度がスクラムレベルに達しないことも明らかにした。

論文

Cross section and longitudinal single-spin asymmetry $$A_L$$ for forward $$W^{pm}rightarrowmu^{pm}nu$$ production in polarized $$p$$$$+$$$$p$$ collisions at $$sqrt{s}=510$$ GeV

Adare, A.*; 長谷川 勝一; 今井 憲一; 永宮 正治; 佐甲 博之; 佐藤 進; 谷田 聖; PHENIX Collaboration*; 他423名*

Physical Review D, 98(3), p.032007_1 - 032007_14, 2018/08

We have measured the cross section and single spin asymmetries from forward $$W^{pm}rightarrowmu^{pm}nu$$ production in longitudinally polarized $$p$$$$+$$$$p$$ collisions at $$sqrt{s}=510$$ GeV using the PHENIX detector at the Relativistic Heavy Ion Collider. The cross sections are consistent with previous measurements at this collision energy, while the most forward and backward longitudinal single spin asymmetries provide new insights into the sea quark helicities in the proton. The charge of the $$W$$ bosons provides a natural flavor separation of the participating partons.

論文

Comparison of cosmic-ray environments on earth, moon, mars and in spacecraft using PHITS

佐藤 達彦; 永松 愛子*; 上野 遥*; 片岡 龍峰*; 三宅 晶子*; 武田 和雄*; 仁井田 浩二*

Radiation Protection Dosimetry, 180(1-4), p.146 - 149, 2018/08

 被引用回数:1 パーセンタイル:38.14(Environmental Sciences)

宇宙線環境は、太陽活動、磁場、遮へい効果の影響を受け、場所や時間によって大きく異なる。本研究では、原子力機構が中心となって開発している放射線挙動解析コードPHITSを用いて、地球・月・火星及び低軌道や惑星間空間にある宇宙機内の宇宙線環境を評価した。その際、惑星や宇宙機に入射する宇宙線フラックスは、ドイツDLRが開発した銀河宇宙線モデルと捕捉放射線モデルAP9/AE9を用いて再現し、宇宙機は、宇宙航空研究開発機構が開発した仮想国際宇宙ステーションモデルを用いて模擬した。そして、得られた結果を比較することにより、様々な宇宙線環境における最適な宇宙線遮へい方法に関して検討した。

論文

Electronic structure of Li$$^{+}$$@C$$_{60}$$; Photoelectron spectroscopy of the Li$$^{+}$$@C$$_{60}$$[PF$$_{6}$$$$^{-}$$] salt and STM of the single Li$$^{+}$$@C$$_{60}$$ molecules on Cu(111)

山田 洋一*; Kuklin, A. V.*; 佐藤 翔*; 江坂 文孝; 角 直也*; Zhang, C.*; 佐々木 正洋*; Kwon, E.*; 笠間 泰彦*; Avramov, P. V.*; et al.

Carbon, 133, p.23 - 30, 2018/07

 被引用回数:3 パーセンタイル:41.51(Chemistry, Physical)

本研究では、超高真空中で高純度Li$$^{+}$$@C$$_{60}$$[PF$$_{6}$$$$^{-}$$]塩の蒸発によってLi$$^{+}$$イオン内包フラーレンを調製し、走査型トンネル顕微鏡(STM)により明瞭に観察することに成功した。また、STM観察に先立って、光電子分光およびX線吸収分光などにより測定したところ、Liは正、PF$$_{6}$$は負のチャージを帯びており、C$$_{60}$$は中性であることが明らかとなった。

論文

Measurement of emission angle anisotropy via long-range angular correlations with high-$$p_T$$ hadrons in $$d$$$$+$$Au and $$p$$$$+$$$$p$$ collisions at $$sqrt{s_{_{NN}}}=200$$ GeV

Adare, A.*; 長谷川 勝一; 今井 憲一; 永宮 正治; 佐甲 博之; 佐藤 進; 谷田 聖; PHENIX Collaboration*; 他468名*

Physical Review C, 98(1), p.014912_1 - 014912_16, 2018/07

 パーセンタイル:100(Physics, Nuclear)

We present measurements of two-particle angular correlations between high-transverse-momentum ($$2<p_T<11$$ GeV/$$c$$) $$pi^0$$ observed at midrapidity ($$|eta|<0.35$$) and particles produced either at forward ($$3.1<eta<3.9$$) or backward ($$-3.7<eta<-3.1$$) rapidity in $$d$$$$+$$Au and $$p$$$$+$$$$p$$ collisions at $$sqrt{s_{_{NN}}}=200$$ GeV. The azimuthal angle correlations for particle pairs with this large rapidity gap in the Au-going direction exhibit a ridge-like structure that persists up to $$p_T{approx}6$$ GeV/$$c$$ and which strongly depends on collision centrality, which is a similar characteristic to the hydrodynamical particle flow in A+A collisions. The ridge-like structure is absent in the $$d$$-going direction as well as in $$p$$$$+$$$$p$$ collisions, in the transverse-momentum range studied. The results indicate that the ridge-like structure is shifted in the Au-going direction toward more central collisions, similar to the charged-particle pseudorapidity distributions.

論文

Single-spin asymmetry of $$J/psi$$ production in $$p$$$$+$$$$p$$, $$p$$$$+$$Al, and $$p$$$$+$$Au collisions with transversely polarized proton beams at $$sqrt{s_{_{NN}}}=200$$ GeV

Aidala, C.*; 長谷川 勝一; 今井 憲一; 佐甲 博之; 佐藤 進; 谷田 聖; PHENIX Collaboration*; 他286名*

Physical Review D, 98(1), p.012006_1 - 012006_11, 2018/07

 被引用回数:2 パーセンタイル:44.38(Astronomy & Astrophysics)

We report the transverse single-spin asymmetries of $$J/psi$$ production at forward and backward rapidity, $$1.2<|y|<2.2$$, as a function of $$J/psi$$ transverse momentum ($$p_T$$) and Feynman-$$x$$ ($$x_F$$). The data analyzed were recorded by the PHENIX experiment at the Relativistic Heavy Ion Collider in 2015 from $$p$$$$+$$$$p$$, $$p$$$$+$$Al, and $$p$$$$+$$Au collisions with transversely polarized proton beams at $$sqrt{s_{_{NN}}}=200$$ GeV. At this collision energy, single-spin asymmetries for heavy-flavor particle production of $$p$$$$+$$$$p$$ collisions provide access to the spin-dependent gluon distribution and higher-twist correlation functions inside the nucleon, such as the gluon Qiu-Sterman and trigluon correlation functions. Proton + nucleus collisions offer an excellent opportunity to study nuclear effects on the correlation functions. The data indicate negative asymmetries at the two-standard-deviation level in the $$p$$$$+$$Au data for $$p_T<2$$ GeV/$$c$$ at both forward and backward rapidity, while in $$p$$$$+$$$$p$$ and $$p$$$$+$$Al collisions the asymmetries are consistent with zero within the range of experimental uncertainties.

論文

Radiation dose nowcast for the ground level enhancement on 10-11 September 2017

片岡 龍峰*; 佐藤 達彦; 三宅 晶子*; 塩田 大幸*; 久保 勇樹*

Space Weather, 16(7), p.917 - 923, 2018/07

 被引用回数:8 パーセンタイル:2.3(Astronomy & Astrophysics)

2017年9月10-11日にかけて、太陽高エネルギー粒子(SEP)放出を伴う太陽フレアが発生した。SEPは、磁気圏や大気圏を突破することが可能なため、地上中性子モニタの計数率上昇(Ground Level Enhancement)や航空機高度における被ばく線量を上昇させる可能性がある。そこで我々は、航空機被ばく警報システムWASAVIESを用いてこのイベント時の航空機高度による被ばく線量を評価した。その結果、標準巡航高度(高度約12km)における被ばく線量は最大でも2$$mu$$Sv/h程度であり、人体に影響があるレベルではないことが分かった。

323 件中 1件目~20件目を表示