検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年
検索結果: 4 件中 1件目~4件目を表示
  • 1

発表形式

Initialising ...

選択項目を絞り込む

掲載資料名

Initialising ...

発表会議名

Initialising ...

筆頭著者名

Initialising ...

キーワード

Initialising ...

使用言語

Initialising ...

発行年

Initialising ...

開催年

Initialising ...

選択した検索結果をダウンロード

論文

Monte Carlo modelling for the ${it in vivo}$ lung monitoring of enriched uranium; Results of an international comparison

Broggio, D.*; Bento, J.*; Caldeira, M.*; Cardenas-Mendez, E.*; Farah, J.*; Fonseca, T.*; Konvalinka, C.*; Liu, L.*; Perez, B.*; Capello, K.*; et al.

Radiation Measurements, 47(7), p.492 - 500, 2012/07

 被引用回数:12 パーセンタイル:20.45(Nuclear Science & Technology)

In order to assess the reliability of Monte-Carlo (MC) based numerical calibration of ${it in vivo}$ counting systems, and in order to provide training for this issue, particularly the use of voxel phantoms, the EURADOS network supported a comparison of MC simulation results of well defined experiments. ${it In vivo}$ measurements of enriched uranium in a thoracic phantom have been carried out and the needed information to simulate these measurements was distributed to participants. About half of the participants managed to simulate the measured counting efficiency without support from the organizers. Following additional support all participants managed to simulate the counting efficiencies within a typical agreement with experiment of $$pm$$5%.

論文

Neutronics experiments on HCPB and HCLL TBM mock-ups in preparation of nuclear measurements in ITER

Batistoni, P.*; Angelone, M.*; Carconi, P.*; Fischer, U.*; Fleischer, K.*; 近藤 恵太郎; Klix, A.*; Kodeli, I.*; Leichtle, D.*; Petrizzi, L.*; et al.

Fusion Engineering and Design, 85(7-9), p.1675 - 1680, 2010/12

 被引用回数:19 パーセンタイル:14.24(Nuclear Science & Technology)

EUが開発を進めているITERで試験をする2つのテストブランケットモジュール(TBM)のうち、ヘリウム冷却リチウム鉛型TBMのモックアップ体系を用いた中性子工学実験を行った。種々の測定手法を用いて体系内のトリチウム生成率分布を詳細に測定した。また、TBM実機での中性子モニタとして開発されたリチウムダイアモンド検出器によるトリチウム測定も試みた。さらに、体系内の放射化反応率分布も測定した。これらの実験データはMCNP, FENDL-2.1を用いた計算と10%程度で一致し、計算の予測精度が高いことがわかった。感度,不確定解析も行い、核データの不確かさによるトリチウム生成率の不確かさはおおむね2%以下と小さかった。

論文

Limited concentration of RecA delays DNA double-strand break repair in ${it Deinococcus radiodurans}$ R1

Jolivet, E.*; Lecointe, F.*; Coste, G.*; 佐藤 勝也*; 鳴海 一成; Bailone, A.*; Sommer, S.*

Molecular Microbiology, 59(1), p.338 - 349, 2006/01

 被引用回数:31 パーセンタイル:42.73(Biochemistry & Molecular Biology)

放射線抵抗性細菌${it Deinococcus radiodurans}$のDNA2本鎖切断修復における組換え修復タンパク質RecAの重要性を評価するために、遺伝子発現が調節可能なP${it spac}$プロモーターを用いて、RecA濃度変化による細胞への影響を調べた。野生株RecA低濃度細胞の$$gamma$$線照射後の生存率は、RecA高濃度細胞と同様であったが、${it ddrA}$あるいは${it irrE}$遺伝子破壊株をRecA低濃度状態にすると$$gamma$$線高感受性になり、遺伝子破壊株をRecA高濃度状態にすると$$gamma$$線耐性が部分的に復帰した。また、野生株RecA低濃度細胞を$$gamma$$線照射後に液体培地で培養すると、DNA2本鎖切断修復の遅延が起こり、DNA複製の再開ができないことが明らかになった。さらに、RecA低濃度細胞ではDNA損傷後のLexAタンパク質分解が起こらないこともわかった。しかしながら、${it lexA}$遺伝子破壊株及びLexA非分解変異タンパク質産生株における$$gamma$$線照射後の生存率とDNA2本鎖切断修復の速度は、野生株と比べて変化がなく、RecAの細胞内濃度にも依存していなかった。このことから、放射線抵抗性細菌のLexAタンパク質は$$gamma$$線照射後のDNA修復過程に関与していないと考えられた。

論文

The Structure of ${it D. radiodurans}$

Battista, J. R.*; Cox, M. M.*; Daly, M. J.*; 鳴海 一成; Radman, M.*; Sommer, S.*

Science, 302(24), p.567 - 568, 2003/10

デイノコッカス・ラジオデュランスの細胞内核様体がドーナツ状構造をとり、この構造が放射線抵抗性とかかわりがあるとする論文がScienceの1月号に掲載された。しかし、この論文の結論は電子顕微鏡による切片の観察のみをもとに構築されたものであり、他の実験的証拠に乏しく、しかも未だ同定されていない「正確なDNA末端再結合によるDNA2本鎖修復」に関する彼らの仮説は、過去の実験的データを誤解して解釈したものを拠り所にしている。細胞中のゲノムコピー数に関しても、過去の実験データを無視して議論しており、彼らの仮説と研究結果は受け入れ難い。細胞内DNAの構造とDNA修復との関係を調べることは重要であるという認識は一致するところであり、より実りの多い遺伝学や分子生物学的実験と相補しながら、研究をさらに進めることが必要である。

4 件中 1件目~4件目を表示
  • 1