検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年
検索結果: 3 件中 1件目~3件目を表示
  • 1

発表形式

Initialising ...

選択項目を絞り込む

掲載資料名

Initialising ...

発表会議名

Initialising ...

筆頭著者名

Initialising ...

キーワード

Initialising ...

使用言語

Initialising ...

発行年

Initialising ...

開催年

Initialising ...

選択した検索結果をダウンロード

論文

モンテカルロ法による成形ベローズ管の通過確率

祐延 悟*; 正木 健太郎*; 大釜 一真*; 荻原 徳男

Journal of the Vacuum Society of Japan, 56(4), p.142 - 145, 2013/04

Monte-Carlo method is useful for the transmission probability calculation of a complicated shaped tube under molecular flow conditions. However the shape data should be fed into the computer for each simulation. In the present study, transmission probability was calculated by KPCalc, which is the Monte-Carlo simulation software. KPCalc can calculate the transmission probability from the 3D-CAD data without preparing the source code of the shape data. Therefore, KPCalc is easily applied even for the complicated shape which the conventional Monte-Carlo method was hardly applied because of much labor. Calculation was carried out for cylindrical tubes, conical tubes, and bellows-shaped tubes. Results are in good agreement with previous results within the data scattering. As an example, transmission probabilities of formed bellows tubes with a complicated shape were calculated.

論文

Reduction of hydrogen content in pure Ti

荻原 徳男; 菅沼 和明; 引地 裕輔; 神谷 潤一郎; 金正 倫計; 祐延 悟*

Journal of Physics; Conference Series, 100, p.092024_1 - 092024_5, 2008/00

 被引用回数:3 パーセンタイル:21.16

J-PARC 3GeVシンクロトン用のダクト・ベローズには、残留放射能が少ないことから純Tiを採用している。陽子加速器ではイオン衝撃による水素の放出が主なガス放出機構である。このイオン誘起脱離の抑制には、バルク中の水素濃度を低減することが有効なはずなので、Ti中の水素濃度を真空脱ガス処理により低減させることとした。熱脱離特性及び水素濃度変化の測定から、550$$^{circ}$$C以上での脱ガスが有効であることが判明した。また、高温での結晶粒の成長による機械強度の劣化が懸念されるが、750$$^{circ}$$Cで12hの熱処理でも機械強度の劣化はおよそ10%であり、問題とならない。以上に基づき、実機RCSではTi材を高温で脱ガス処理した。

論文

真空熱処理したチタン材の引張試験

菅沼 和明; 引地 裕輔; 荻原 徳男; 祐延 悟*

Proceedings of 5th Annual Meeting of Particle Accelerator Society of Japan and 33rd Linear Accelerator Meeting in Japan (CD-ROM), p.346 - 348, 2008/00

現在稼動しているJ-PARC RCSの建設当時の問題解決に関する報告である。高温で真空熱処理した純チタンの材料データが不足していたため実施した引張り試験について報告する。真空容器を構成するベローズ及び金属ダクトに純チタンを用いている。ベローズ及び金属ダクトの放出ガスを低減するため、真空熱処理と放出ガスの関係を明らかにした。しかし、高温で真空熱処理することで強度劣化する純チタンの材料データが不足していたため、引張り試験を実施した。750$$^{circ}$$C, 8時間の真空熱処理を実施し、強度の低下は10%程度で、十分な強度であった。これを反映して、実機において、ベローズは650$$^{circ}$$C, 8時間、ダクト及びフランジは750$$^{circ}$$C, 8時間の真空熱処理を実施した。

3 件中 1件目~3件目を表示
  • 1