検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年
検索結果: 7 件中 1件目~7件目を表示
  • 1

発表形式

Initialising ...

選択項目を絞り込む

掲載資料名

Initialising ...

発表会議名

Initialising ...

筆頭著者名

Initialising ...

キーワード

Initialising ...

使用言語

Initialising ...

発行年

Initialising ...

開催年

Initialising ...

選択した検索結果をダウンロード

論文

Heavy hadronic molecules coupled with multiquark states

山口 康宏; Garc$'i$a-Tecocoatzi, H.*; Giachino, A.*; 保坂 淳; Santopinto, E.*; 竹内 幸子*; 瀧澤 誠*

Few-Body Systems, 62(3), p.33_1 - 33_7, 2021/09

 被引用回数:0 パーセンタイル:0.01(Physics, Multidisciplinary)

本研究では$$Lambda_cbar{D}^{(ast)}-Sigma_c^{(ast)}bar{D}^{(ast)}$$ハドロン分子にコンパクトな$$uudcbar{c}$$コアが結合したハイブリット状態としての$$P_c$$ペンタクォーク状態の理論解析が行われた。相互作用としてヘビークォーク対称性とカイラル対称性を尊重したものが用いられ、結果、$$P_c^+(4312)$$$$P_c^+(4440)$$, $$P_c^+(4457)$$の質量と崩壊幅の実験データを説明することができた。その時、スピン-パリティは$$J^P=1/2^-$$, $$3/2^-$$, $$1/2^-$$と求まった。この解析で、エネルギー順位の構造にはコンパクト状態との結合より導かれたハドロン間相互作用が支配的な働きをしていることが得られ、一方、崩壊幅の決定にはパイオン交換力のテンソル項が重要な働きをしていることが得られた。

論文

Strange pentaquarks with a hidden heavy quark-antiquark pair

竹内 幸子*; Giachino, A.*; 瀧澤 誠*; Santopinto, E.*; 岡 眞

Hadron Spectroscopy and Structure; Proceedings of the 18th International Conference (HADRON 2019), p.333 - 337, 2020/08

$$c bar{c}$$あるいは$$b bar{b}$$を含むペンタクォークが注目されている。この研究では、チャネル結合クォーククラスター模型により、ストレンジクォークを含むペンタクォークの束縛、あるいは共鳴状態のスペクトルを解析した。

論文

$$P_c$$ pentaquarks with chiral tensor and quark dynamics

山口 康宏; Garc$'i$a-Tecocoatzi, H.*; Giachino, A.*; 保坂 淳; Santopinto, E.*; 竹内 幸子*; 瀧澤 誠*

Physical Review D, 101(9), p.091502_1 - 091502_7, 2020/05

 被引用回数:18 パーセンタイル:95.44(Astronomy & Astrophysics)

本研究では$$Lambda_cbar{D}^{(ast)}-Sigma_c^{(ast)}bar{D}^{(ast)}$$ハドロン分子にコンパクトな$$uudcbar{c}$$コアが結合したハイブリット状態としての$$P_c$$ペンタクォーク状態の理論解析が行われた。相互作用としてヘビークォーク対称性とカイラル対称性を尊重したものが用いられ、結果、$$P_c^+(4312)$$$$P_c^+(4440)$$,$$P_c^+(4457)$$の質量と崩壊幅の実験データを説明することができた。その時、スピン-パリティは$$J^P=1/2^-$$, $$3/2^-$$, $$1/2^-$$と求まった。この解析で、エネルギー順位の構造にはコンパクト状態との結合より導かれたハドロン間相互作用が支配的な働きをしていることが得られ、一方、崩壊幅の決定にはパイオン交換力のテンソル項が重要な働きをしていることが得られた。

論文

Optimizing composition of TODGA/SiO$$_{2}$$-P adsorbent for extraction chromatography process

渡部 創; 新井 剛*; 小川 剛*; 瀧澤 真*; 佐野 恭平*; 野村 和則; 駒 義和

Procedia Chemistry, 7, p.411 - 417, 2012/00

 被引用回数:10 パーセンタイル:95.69

As a part of developing extraction chromatography technology for minor actinides (MA(III); Am and Cm) recovery from spent fast reactor fuels, improvement on the TODGA/SiO$$_{2}$$-P adsorbent to enhance its desorption efficiency was carried out. Batchwise adsorption/elution experiments revealed that 20wt% of the adsorbent concentration impregnated and 10% of cross linkage of polymer gave better desorption ratio than the reference adsorbent. Inactive column separation experiments with the simulated high level liquid waste and the optimized adsorbent revealed that decontamination factors of fission products can also be improved as well as the recovery yields.

口頭

5クォーク状態との結合を伴うハドロン分子としての$$P_c$$ペンタクォーク状態

山口 康宏; 保坂 淳; 竹内 幸子*; 瀧澤 誠*

no journal, , 

2019年にLHCb実験にて新たな解析が行われた$$P_c$$ペンタクォーク状態に対し、長距離力としてヘビーハドロン間のパイオン交換力を、近距離力としてヘビーハドロン分子と5クォーク状態との結合を取り込んだ解析を行う。チャンネル結合シュレディンガー方程式を変分法と複素スケーリング法を用いて解くことによりエネルギーと崩壊幅を求めた。また、状態生成におけるテンソル力と近距離力の役割を議論する。

口頭

Strange hidden-charmペンタクォークにおけるメソン交換力と5クォーク状態への結合

山口 康宏; 保坂 淳; 竹内 幸子*; 瀧澤 誠*

no journal, , 

近年LHCb実験でペンタクォークと思われる状態が相次いで報告されている。この講演では2020年に新たにその存在が示唆された$$P_{cs}$$状態に対し、長距離力・擬スカラーメソン交換と、コンパクト5クォーク状態の結合から導かれた近距離力を相互作用としたヘビーメソン-ヘビーバリオン系の解析を行う。エネルギーと崩壊幅を求め、そこでの相互作用の役割を議論する。

口頭

$$X(3872)$$ in the hybrid model of charmonium and hadronic molecule

山口 康宏; 竹内 幸子*; 瀧澤 誠*; 保坂 淳

no journal, , 

$$X(3872)$$はエキゾチックハドロンの候補としてよく知られている。しかし、その構造の解明には至っていない。$$X(3872)$$$$D^0bar{D}^{ast 0}$$しきい値近傍にあり、そのことから$$D^0bar{D}^{ast 0}$$複合状態(いわゆるハドロン分子状態)と思われていた。しかし、生成率の観測結果はコンパクトな$$cbar{c}$$構造を示唆している。本研究では$$X(3872)$$の構造解明のため、$$cbar{c}$$チャーモニウムとハドロン分子の双方の描像を取り入れたハイブリット模型を用い、質量や崩壊の解析が行われた。そこでは、質量スペクトラムの説明が行われ、$$cbar{c}-D^0bar{D}^{ast 0}$$結合の重要な働きが得られた。$$J/psirho$$$$J/psiomega$$分子成分も取り入れられたが、$$rho$$$$omega$$の崩壊幅が、極位置の説明に重要であることが得られた。

7 件中 1件目~7件目を表示
  • 1