検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年
検索結果: 4 件中 1件目~4件目を表示
  • 1

発表形式

Initialising ...

選択項目を絞り込む

掲載資料名

Initialising ...

発表会議名

Initialising ...

筆頭著者名

Initialising ...

キーワード

Initialising ...

使用言語

Initialising ...

発行年

Initialising ...

開催年

Initialising ...

選択した検索結果をダウンロード

口頭

NMR緩和法によるCa型飽和モンモリロナイトの空隙構造解析

山崎 秋雄*; 大窪 貴洋*; 岩舘 泰彦*; 舘 幸男

no journal, , 

含水飽和させた圧縮Ca型モンモリロナイト中の空隙構造を1H NMR法によって分析した。1H NMRで観測される水分子の緩和時間が空隙サイズに依存することを利用して、圧縮Ca型モンモリロナイトの層間と粒子間空隙を定量的に評価した。

口頭

モンモリロナイトへのCs吸着のNMR分析,1; 理論計算

大窪 貴洋*; 舘 幸男

no journal, , 

モンモリロナイトに吸着したCsの吸着構造を核磁気共鳴法(NMR)によって調査した。Cs吸着構造とNMRパラメータの関係を明らかにするために、第一原理計算に基づいて、Cs NMRパラメータを評価した。

口頭

モンモリロナイトへのCs吸着のNMR分析,2; スペクトル評価

中島 克樹*; 大窪 貴洋*; 舘 幸男

no journal, , 

モンモリロナイトに吸着したCsの吸着構造を核磁気共鳴法(NMR)によって調査した。Cs置換率や含水率の異なる条件でCsを吸着させたモンモリロナイト試料のNMR測定結果から,水和に伴うCsの吸着構造の変化を明らかにした。

口頭

セシウムフリー鉱化法を用いた実土壌除染における塩化物の添加効果

下山 巖; 本田 充紀; 小暮 敏博*; 馬場 祐治; 矢板 毅; 岡本 芳浩

no journal, , 

セシウムフリー鉱化法(CFM)による風化黒雲母をモデル土壌とした試験において非放射性Csの除去に成功したため、福島汚染土壌による除染試験を行った。CaCl$$_{2}$$もしくはKClを添加剤とした場合の放射能濃度変化をNaI検出器で調べると共に、土壌成分の構造変化をX線回折法により調べた。汚染土壌に対して大気もしくは低圧下で加熱処理を行った後に塩化物を水洗浄で除去し、その後の乾燥試料に対して分析を行った。その結果、無添加の場合は大気及び低圧加熱よりそれぞれ5%と10$$sim$$20%程度の除染率が得られた。CaCl$$_{2}$$添加の場合は大気・低圧加熱で除染率に大きな差はみられず、790$$^{circ}$$Cで97%となった。加熱により粘土鉱物は消滅し、圧力条件により異なる生成物が得られた。KCl添加の場合は低圧加熱において除染率が高く、790$$^{circ}$$Cで83%となった。加熱処理後も粘土鉱物は存在したためKCl添加時のCs除去は主にイオン交換によるものと考えられる。これらの結果によりCFMが土壌除染に有効であることと、Cs除去過程は試薬に依存することがわかった。

4 件中 1件目~4件目を表示
  • 1