検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年
検索結果: 2 件中 1件目~2件目を表示
  • 1

発表形式

Initialising ...

選択項目を絞り込む

掲載資料名

Initialising ...

発表会議名

Initialising ...

筆頭著者名

Initialising ...

キーワード

Initialising ...

使用言語

Initialising ...

発行年

Initialising ...

開催年

Initialising ...

選択した検索結果をダウンロード

論文

Strange pentaquarks with a hidden heavy quark-antiquark pair

竹内 幸子*; Giachino, A.*; 瀧澤 誠*; Santopinto, E.*; 岡 眞

Hadron Spectroscopy and Structure; Proceedings of the 18th International Conference (HADRON 2019), p.333 - 337, 2020/08

$$c bar{c}$$あるいは$$b bar{b}$$を含むペンタクォークが注目されている。この研究では、チャネル結合クォーククラスター模型により、ストレンジクォークを含むペンタクォークの束縛、あるいは共鳴状態のスペクトルを解析した。

口頭

Experimental study of double hypernuclei at J-PARC

吉田 純也

no journal, , 

ダブルラムダ核, グザイ核といった"ダブルハイパー核"は、ハドロン原子核物理において、バリオン間相互作用を理解する重要な情報源として重要な研究対象である。これを研究する最も効果的な手法は、写真乾板を使って個々の事象を解析するものである。この手法を用いて、我々は2016-17年に、J-PARCハドロン実験施設で実験を行った。この実験の解析により、ラムダ間相互作用, グザイ核子間相互作用のデータが蓄積されている。$$_{LambdaLambda}$$Beの発見をはじめ、他にも興味深い事象が複数検出されている。事象探索は現在も継続中である。

2 件中 1件目~2件目を表示
  • 1