検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年
検索結果: 7 件中 1件目~7件目を表示
  • 1

発表形式

Initialising ...

選択項目を絞り込む

掲載資料名

Initialising ...

発表会議名

Initialising ...

筆頭著者名

Initialising ...

キーワード

Initialising ...

使用言語

Initialising ...

発行年

Initialising ...

開催年

Initialising ...

選択した検索結果をダウンロード

論文

Development of JT-60SA superconducting magnet system

吉田 清; 土屋 勝彦; 木津 要; 村上 陽之; 神谷 宏治; 尾花 哲浩*; 高畑 一也*; Peyrot, M.*; Barabaschi, P.*

Physica C, 470(20), p.1727 - 1733, 2010/11

 被引用回数:21 パーセンタイル:66.68(Physics, Applied)

JT-60SAのトカマク本体を超伝導化する計画が、日本とEU間の共同プロジェクト「幅広いアプローチ」の中の「サテライトトカマク」プロジェクトとして推進することが合意され、製作が開始された。超伝導コイルは、18個のトロイダル磁場(TF)コイル,4個の中心ソレノイド(CS)と6個の平衡磁場(EF)コイルから構成される。TFコイルは、ステンレス鋼の容器の中に配置され、容器はコイル系の支持構造の骨格で、CSやEFコイルの支持はTF容器に取付けている。CSは、独立した4個の巻線から構成され、上下力を締付けるタイプレートによって支持され、TFコイルの上部から固定される。6個のEFコイルは、半径方向に自由なフレキシブル板でTFコイルに固定されている。CSとEFコイルは日本で製作が開始され、TFコイルは2009年からEUで製作が開始された。本紙は、JT-60SA用超伝導磁石の開発のために、日本で実施した実験と設計について述べる。

論文

First-principles calculations for anisotropy of iron-based superconductors

中村 博樹; 町田 昌彦; 小山 富男*; 浜田 典昭*

Physica C, 470(20), p.1066 - 1069, 2010/11

 被引用回数:2 パーセンタイル:12.75(Physics, Applied)

We perform first-principles calculations for anisotropy of various iron-based superconductors. The anisotropy ratio $$gamma$$$$_{lambda}$$ of the $$c$$-axis penetration depth to the $$ab$$-plane one is relatively small in BaFe$$_2$$As$$_2$$, LiFeAs and FeSe, indicating that the transport applications are promising in these superconductors. On the other hand, in those having perovskite type blocking layers such as Sr$$_2$$ScFePO$$_3$$ we find a very large value, $$gamma$$$$_{lambda}$$ $$_sim^{>}$$ 200, comparable to that in strongly anisotropic high-$$T$$$$_c$$ cuprate Bi$$_2$$Sr$$_2$$CaCu$$_2$$O$$_{8-delta}$$. Thus, the intrinsic Josephson junction stacks are expected to be formed along the $$c$$-axis, and novel Josephson effects due to the multi-gap nature are also suggested in these superconductors. We also examine the doping effect on the anisotropy of LaFeAsO.

論文

Anomalous Josephson vortex solutions in Josephson junctions with multiple tunneling channels

太田 幸宏; 町田 昌彦; 小山 富男*; 松本 秀樹*

Physica C, 470(20), p.1137 - 1140, 2010/11

 被引用回数:1 パーセンタイル:6.88(Physics, Applied)

複数のトンネル径路を有するジョセフソン接合の理論を構築する。本論文では、以下の2ケースを扱う。すなわち、超伝導(2ギャップ)-絶縁体-超伝導(1ギャップ)ヘテロ型ジョセフソン接合、及び2個の2ギャップ超伝導体からなる粒間ジョセフソン接合である。われわれは$$pm$$s波対称性によりジョセフソン渦の磁場分布が符号反転なしのs波対称性の場合に比べて異常に拡大することを示す。さまざまな異常ジョセフソン渦解を求め、その拡大率に関する評価方法を提案する。

論文

Simulation study on the vortex penetration in the presence of the square antidot array

中井 宣之; 町田 昌彦

Physica C, 470(20), p.1148 - 1150, 2010/11

 被引用回数:10 パーセンタイル:45.33(Physics, Applied)

On the basis of the time-dependent Ginzburg-Landau theory we perform numerical simulations to study vortex penetration in the presence of the square antidot array. Two types of vortex penetration are demonstrated as the simulation results. The field penetration pattern is dependent on the size of the antidots, which is a critical factor for the direction of the vortex penetration.

論文

Two-dimensionality of electronic structure and strong Fermi surface nesting in highly anisotropic iron-based superconductors

町田 昌彦; 中村 博樹

Physica C, 470(20), p.1002 - 1006, 2010/11

 被引用回数:4 パーセンタイル:23.05(Physics, Applied)

We perform first-principle calculations for a newly discovered iron-based superconductor, Sr$$_2$$ScFePO$$_3$$, whose blocking layer is a thick perovskite-based oxide (Sr$$_2$$ScO$$_3$$) and compare its result with those of other typical iron-based compounds, in order to make a strategy to explore iron-based compounds with higher superconducting transition temperature $$T_{rm c}$$. Consequently, we find that the thick blocking layer like Sr$$_2$$ScO$$_3$$ brings about perfectly cylindrical hole and electron Fermi surfaces. This can give much better nesting condition between disconnected Fermi surfaces compared to other types of iron-based superconductor compounds.

論文

Critical current densities and flux creep rate in Co-doped BaFe$$_{2}$$As$$_{2}$$ with columnar defects introduced by heavy-Ion irradiation

仲島 康行*; 土屋 雄司*; 田縁 俊光*; 柳生田 英徳*; 為ヶ井 強*; 岡安 悟; 笹瀬 雅人*; 北村 尚*; 村上 健*

Physica C, 470(20), p.1103 - 1105, 2010/11

 被引用回数:3 パーセンタイル:18.14(Physics, Applied)

異なる重イオン照射によってCoドープBaFe$$_{2}$$As$$_{2}$$単結晶に導入される円柱状欠陥の形成について報告する。200MeV Auイオン照射で円柱状欠陥が照射量の約40%形成されることを透過顕微鏡観察で確認した。磁気光学映像法およびバルク磁化測定から、臨界電流密度$$J$$$$_{rm c}$$は200MeV Auイオン照射と800MeV Xeイオン照射では増大するが200MeV Niイオン照射では変化しないことが明らかになった。また円柱状欠陥導入によって磁束クリープ速度が大きく抑制されることがわかった。これらの結果を銅酸化物超伝導体と比較した。

口頭

Synthesis of polycrystalline LaFeAs(O,F) oxypnictide superconductor

石角 元志; 社本 真一; 鬼頭 聖*; 伊豫 彰*; 永崎 洋*

no journal, , 

合成条件を最適化することにより、LaFeAsO1-xFxの多結晶体を0$$leq$$ x $$leq$$ 0.2まで不純物がほぼないきれいな単相の試料を合成することに成功した。特に、これまであまりよく調べられていない高F濃度領域(Overdoped region)では帯磁率で見ると超伝導が抑制される(Tc$$<$$7K)ことが明らかとなった。さらにF量をSIMS(Secondary Ionization Mass Spectroscopy)法で測定し実際のF濃度を求め、実際のF量に対するF量vs. Tcの相図を作成したのでその結果について報告する。

7 件中 1件目~7件目を表示
  • 1