検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年
検索結果: 2 件中 1件目~2件目を表示
  • 1

発表形式

Initialising ...

選択項目を絞り込む

掲載資料名

Initialising ...

発表会議名

Initialising ...

筆頭著者名

Initialising ...

キーワード

Initialising ...

使用言語

Initialising ...

発行年

Initialising ...

開催年

Initialising ...

選択した検索結果をダウンロード

口頭

Systematic analysis of reaction cross section for deuteron induced reaction

橋本 慎太郎; 緒方 一介*; 千葉 敏; 八尋 正信*

no journal, , 

We analyze systematics of reaction cross sections for deuteron induced reactions on various targets by using the Continuum-Discretized Coupled-Channels method (CDCC). Since the Hamiltonian is well known, we discuss the reaction with the deuteron projectile instead of that with unstable nuclei. We show the validity of Eikonal-CDCC by compared with CDCC, and introduce "phase-transition" picture for the reactions cross section. In the picture, the black-body "phase" is defined for results on heavy targets, the scaling law of the reaction cross section is found.

口頭

Collectivity of low-lying Gamow-Teller strength for tin isotopes

湊 太志

no journal, , 

ガモフ・テラー遷移の微視的メカニズムの解明は原子核構造研究の関心の一つである。特にガモフ・テラー遷移は原子核の$$beta$$崩壊と強くかかわっており、不安定原子核の半減期に対して重要な役割を演じている。$$beta$$崩壊は星の進化(宇宙核物理)やニュートリノの質量決定(ニュートリノ物理)にも強くかかわっており、多くの実験が世界的規模で計画されている。これらの実験の前に幾つかの理論予測が行われているが、その結果はどれもパラメーターに強く依存しているため、系統的な予言能力に依然として不安がある。そのために本研究では原子核の基底状態を記述するSkyrme-Hartree-Fock+BCS法と励起状態を記述するproton-neutron QRPA法を用いて、計算されたガモフ・テラー遷移強度がどの程度正確に再現されているかを検証した。また核構造の特徴である集団励起運動についても議論し、ガモフ・テラー遷移に与える影響について紹介する。

2 件中 1件目~2件目を表示
  • 1