検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年
検索結果: 3 件中 1件目~3件目を表示
  • 1

発表形式

Initialising ...

選択項目を絞り込む

掲載資料名

Initialising ...

発表会議名

Initialising ...

筆頭著者名

Initialising ...

キーワード

Initialising ...

使用言語

Initialising ...

発行年

Initialising ...

開催年

Initialising ...

選択した検索結果をダウンロード

口頭

Visualization of rattiling in PrOs$$_4$$Sb$$_{12}$$ by single crystal neutron diffraction

金子 耕士; 目時 直人; 木村 宏之*; 野田 幸男*; 松田 達磨; 神木 正史*

no journal, , 

充填スクッテルダイト$$RT_4X_{12}$$では、プニクトゲン($$X$$)で構成される大きなカゴ中に、希土類イオンが内包される。$$R$$-$$X$$間距離が長いものでは、希土類イオンは比較的緩く束縛されていると考えられ、ラットリングと呼ばれる特異な熱振動を示すと示唆されている。このラットリングが、PrOs$$_4$$Sb$$_{12}$$における超伝導の発現に重要な役割を担っているとの報告がなされた。そこで熱振動の状態を反映した平均構造を明らかにするために、中性子回折を行った。調和振動子を仮定した最小自乗法による構造解析から、室温でのPrの熱振動パラメーターがほかの構成元素と比べて5倍以上と大きく、平均変位で0.2${AA}$に及ぶことを明らかにした。より詳細に調べるために、MEM法による解析を行った結果、空間的に拡がっているPrの分布が、$${langle}$$111$${rangle}$$方向に伸びた異方性を有することが明らかとなった。加えて、最大密度がカゴの中心ではなく、オフセンター位置にあることを見いだした。一方で低温の8Kでは、Os, Sbと比較してその分布は拡がってはいるが、分解能の範囲で異方性はなく、カゴの中心を重心としていることを明らかにした。

口頭

Momentum dependent charge excitations in correlated electron systems studied by resonant inelastic X-ray scattering

石井 賢司

no journal, , 

Resonant inelastic X-ray scattering (RIXS) in the hard X-ray regime is a developing experiment technique to measure charge excitations utilizing brilliant synchrotron radiation X-rays. It has a great advantage that the momentum dependence of electronic excitations can be measured unlike conventional optical method. In addition, RIXS gives element-selective excitation spectra by tuning the incident photon energy to an absorption edge of the element. There has been much activity in recent years using this technique, especially at the transition metal K-edge to study transition metal oxides. We have applied RIXS technique to correlated electron systems, such as cuprates and manganites, in order to understand their electronic structure and underlying correlation effects. In particular, electronic structure of correlated metals is in the focus of our RIXS study, because interesting phenomena, e.g. high-Tc superconductivity in cuprates and colossal magneto resistance in manganites, occur in the vicinity of metal-insulator transition by carrier doping. Here I would like to present our recent RIXS studies on high-Tc cuprates and related materials which were performed in close collaboration with theorists. Momentum and carrier-doping dependence of an interband excitation across the Mott gap and an intraband excitation below the gap will be discussed.

口頭

Current status of IBARAKI biological crystal diffractometer in J-PARC

田中 伊知朗*; 大原 高志; 栗原 和男; 日下 勝弘*; 細谷 孝明; 友寄 克亮*; 新村 信雄*; 尾関 智二*; 相澤 一也; 新井 正敏; et al.

no journal, , 

茨城県生命物質構造解析装置は、茨城県によってJ-PARCに建設が進められているTOF単結晶中性子回折計である。本装置は135$AA $の格子長を持つ蛋白質の構造解析に対応できるとともに現在JRR-3に設置されているBIX-3/BIX-4に比べて約100倍の測定効率を持ち、2008年の完成後は構造生物学,化学の分野における産業利用を中心とした利用が期待される。本装置はさまざまなコンポーネントによって構成され、特に中性子光学系,検出器,試料周辺環境,ソフトウェアは装置の性能やユーザーの利便性を高める鍵となる。本発表では、それぞれのコンポーネントの詳細及び現在の開発状況について紹介し、本装置完成後の利用者の拡大を目指す。

3 件中 1件目~3件目を表示
  • 1