検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年
検索結果: 3 件中 1件目~3件目を表示
  • 1

発表形式

Initialising ...

選択項目を絞り込む

掲載資料名

Initialising ...

発表会議名

Initialising ...

筆頭著者名

Initialising ...

キーワード

Initialising ...

使用言語

Initialising ...

発行年

Initialising ...

開催年

Initialising ...

選択した検索結果をダウンロード

論文

Theory of resonant inelastic X-ray scattering spectrum for Ni impurities in cuprates

筒井 健二; 遠山 貴己*; 前川 禎通

Journal of Physics and Chemistry of Solids, 72(5), p.354 - 357, 2011/05

 被引用回数:0 パーセンタイル:0(Chemistry, Multidisciplinary)

銅酸化物高温超伝導物質におけるNi不純物に対する共鳴非弾性X線散乱スペクトルを数値的厳密対角化法により求めることにより、Niサイトにホールが束縛される様子を散乱スペクトルによって直接観測できることを示した。また、一粒子励起スペクトルも求めることにより、X線散乱スペクトルの励起の起源を議論した。

口頭

Enhancement of pairing gap by apical and dopant oxygens in cuprates

森 道康; Khaliullin, G.*; 遠山 貴己*; 前川 禎通

no journal, , 

高い転移温度(Tc)を持つ超電導体材料の探索はいまなお重要な研究課題である。超伝導体を用いた量子コンピューターデバイスの開発においても、高いTcを持つ超電導体が強く望まれる。一方、高温超電導体のSTMを用いた最近の実験で、頂点酸素や過剰酸素の位置とその近傍におけるCuO$$_{2}$$面内の超伝導ギャップの大きさとが強く相関していることが報告されている。この結果は、CuO$$_{2}$$面内のキャリア濃度や磁気相互作用のほかにTcを制御している因子の存在を意味している。本研究では、頂点酸素の位置の変化によるMadelungポテンシャルの局所的変化を計算し、簡素な模型を提案して超伝導の安定性を議論する。また、酸素の持つ大きな分極率の寄与を取り込むことで超電導ギャップが増大する可能性を提案する。

口頭

Ferromagnetic Josephson resonance

前川 禎通

no journal, , 

In a superconductor/ ferromagnet/ supereconductor (SC/ FM/ SC) Josephson junction, the coupling between the electromagnetic field and the phase dynamics of the superconducting wave function induces the spin waves. We report here that in the junction, a magnetic resonace of frequency ws appears as a depression in the current (I) - voltage (V) curve of the Josephson junction when hws = 2 eV. In the spintronics context, the ferromagnetic Josephson resonance is a photon-free FMR on a nano-magnet, which would be unfeasible with standard FMR techniques and illustrate a new method for study of spin dynamics.

3 件中 1件目~3件目を表示
  • 1