検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年
検索結果: 1 件中 1件目~1件目を表示
  • 1

発表形式

Initialising ...

選択項目を絞り込む

掲載資料名

Initialising ...

発表会議名

Initialising ...

筆頭著者名

Initialising ...

キーワード

Initialising ...

使用言語

Initialising ...

発行年

Initialising ...

開催年

Initialising ...

選択した検索結果をダウンロード

口頭

Structure of the $$Lambda(1405)$$ in the Skyrme model

江添 貴之; 保坂 淳; 丸山 敏毅

no journal, , 

K中間子核子系および$$Lambda(1405)$$はハドロン物理学において注目されている。例えば、反K中間子核子($$bar{K}N$$)間には強い引力が働くと考えられており、その引力の結果、$$bar{K}$$$$N$$は束縛状態を作り、それが$$Lambda(1405)$$と考えられている。$$Lambda(1405)$$は単純なクォーク模型ではその性質を記述できないエキゾチックハドロンの候補として知られている。しかしながら、近年では、$$Lambda(1405)$$$$bar{K}N$$$$piSigma$$の2チャンネルからなる共鳴状態であると考えられている。$$Lambda(1405)$$は現象論やカイラル理論を用いて盛んに研究されている。本研究では、カイラル理論に基づきハドロンの性質をよく記述できる、Skyrme模型を用いて$$Lambda(1405)$$を議論する。本研究の特徴として、Skyrme模型はバリオンを有限の大きさを持つソリトンとして記述することがあげられる。本研究の方法を用いた結果、束縛エネルギー数10MeV程度の緩い$$bar{K}N$$束縛状態が存在することが分かった。また、$$bar{K}N$$束縛状態の大きさは、Skyrme模型における核子の大きさ(0.6fm)よりも大きい1.2fmとなった。

1 件中 1件目~1件目を表示
  • 1