検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年
検索結果: 2 件中 1件目~2件目を表示
  • 1

発表形式

Initialising ...

選択項目を絞り込む

掲載資料名

Initialising ...

発表会議名

Initialising ...

筆頭著者名

Initialising ...

キーワード

Initialising ...

使用言語

Initialising ...

発行年

Initialising ...

開催年

Initialising ...

選択した検索結果をダウンロード

論文

Estimation of neutron cross-sections for $$^{16}$$O up to 5.2 MeV through R-matrix analysis

国枝 賢; 河野 俊彦*; Paris, M.*; Hale, G. M.*; 柴田 恵一; 深堀 智生

NEA/NSC/DOC(2014)13 (Internet), p.33 - 39, 2014/07

核反応断面積の測定値間に食い違いが見られるケースは珍しくない。これは評価済み断面積における誤差の要因となり、最終的には積分計算における不確かさとなって現れる。酸素-16は原子力工学において重要な原子核の一つであるが、中性子弾性散乱や(n,$$alpha$$)反応断面積においては、測定値間に系統的な差異がある等の問題が指摘されている。本研究では、R行列理論とよばれる厳密な核反応理論を用いて測定データを解析することにより、中性子共鳴領域における上述の問題を解決した。さらに、推定した断面積に現実的な誤差・共分散データを与えた。会議では本研究成果を報告すると共に、得られた解析値と測定値間の違いについて議論する。

論文

Review of nuclear data of major actinides and $$^{56}$$Fe in JENDL-4.0

岩本 修; 岩本 信之

Proceedings of the Scientific Workshop on Nuclear Measurements, Evaluations and Applications (NEMEA-7), p.75 - 83, 2014/07

JENDL-4.0の主要アクチノイド核種及び$$^{56}$$Feの核データについてレビューを行う。JENDL-4.0は2010年に公開された。アクチノイドデータの高速エネルギー領域について、ほとんどのデータを新しく開発したCCONEコードを用いてJENDL-3.3から改訂した。主要核種の核分裂断面積はSOKコードを用いて最少二乗法により決定した。$$^{56}$$Feに関して、非弾性散乱断面積及び弾性散乱角度分布がJENDL-3.3から改訂された。評価手法及び測定データや他の評価値との比較について報告する。

2 件中 1件目~2件目を表示
  • 1