検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年
検索結果: 1 件中 1件目~1件目を表示
  • 1

発表形式

Initialising ...

選択項目を絞り込む

掲載資料名

Initialising ...

発表会議名

Initialising ...

筆頭著者名

Initialising ...

キーワード

Initialising ...

使用言語

Initialising ...

発行年

Initialising ...

開催年

Initialising ...

選択した検索結果をダウンロード

口頭

Upper limit estimation of radioxenon release in DPRK event

木島 佑一; 山本 洋一; 小田 哲三

no journal, , 

2013年2月12日、北朝鮮の核実験宣言を受け、放射性核種関連を担当している日本のNDC-2(国内データセンタ-2)において、放射性核種に関する解析及びATM(大気輸送モデル)によるシミュレーションが行われた。人工放射性粒子の検出はなかった。放射性キセノンに関しては数回検出されたが、いずれも通常のバックグラウンドレベルを大きく超える濃度ではなかった。われわれはこの北朝鮮事象における放射性キセノン放出上限値をIMS(国際監視システム)データ及びATM解析により推定した。Xe-133の放出上限値は約10の12乗から10の13乗Bqであった。

1 件中 1件目~1件目を表示
  • 1