検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年
検索結果: 11 件中 1件目~11件目を表示
  • 1

発表形式

Initialising ...

選択項目を絞り込む

掲載資料名

Initialising ...

発表会議名

Initialising ...

筆頭著者名

Initialising ...

キーワード

Initialising ...

使用言語

Initialising ...

発行年

Initialising ...

開催年

Initialising ...

選択した検索結果をダウンロード

口頭

Recent development status of the MVP code

長家 康展

no journal, , 

MVPの最近の開発状況について報告する。MVPの開発の経緯,一般的な特徴,物理モデル,断面積データについて説明する。MVP Version 2における特徴的な機能(統計論的幾何形状モデル,連続エネルギーモンテカルロ法での任意温度計算,燃焼計算,ファインマン$$alpha$$シミュレーション機能など)についてレビューする。また、最近開発中の機能(摂動計算機能,遅発中性子シミュレーション,散乱行列タリー,実効遅発中性子割合計算機能,共鳴弾性散乱断面積モデルの改良)についても述べる。

口頭

Multigroup cross section generation in the MVP code

長家 康展

no journal, , 

MVPに実装されている多群断面積生成機能をレビューする。散乱行列タリー機能により、散乱行列断面積を計算する手法を説明する。このタリー機能では、反応ごとに微視的散乱断面積を計算することができ、決定論的手法の結果とよく一致することを示す。また、散乱行列モーメントタリーにより、拡散係数,ルジャンドル断面積を計算する手法を説明する。決定論的手法による高次散乱断面積の結果と比較し、ほぼよい一致をすることを示す。

口頭

Calculation of effective delayed neutron fraction with Monte Carlo

長家 康展

no journal, , 

モンテカルロ法による実効遅発中性子割合の計算手法をレビューする。名内やMeulekampによって提案された近似計算手法をレビューし、反射体つき高速炉体系では、約10%の過小評価が生じることを示す。また、最近開発した、摂動計算手法による実効遅発中性子割合計算手法の基礎式を示し、理論的に厳密な実効遅発中性子割合が評価できることを示す。決定論的手法との比較においても、非常によく一致し、反射体つき高速炉体系においてもよい結果を得られることを示す。さらに、Prompt k-ratio法と相関サンプリング法を用いて、近似的に実効遅発中性子割合を計算しても、非常によい結果が得られることを説明する。

口頭

Perturbation calculation with the Monte Carlo method

長家 康展

no journal, , 

モンテカルロ法を用いた摂動計算手法をレビューする。モンテカルロ法を用いた摂動計算手法ではよく用いられる相関サンプリング法と微分演算子サンプリング法について解説する。これらの手法を用いても、固有値計算では源摂動の効果を考慮しなければ精度のよい計算はできないことを示す。また、テイラー級数法とともに微分演算子サンプリング法を適用し、反応度価値を計算したときの適用性について説明する。

口頭

Monte Carlo perturbation methods; Sampling techniques and fission source perturbation

長家 康展

no journal, , 

モンテカルロ法における摂動計算手法をレビューする。モンテカルロ法を用いた摂動計算手法でよく用いられる相関サンプリング法と微分演算子サンプリング法について解説する。これらの手法を用いても、固有値計算では核分裂源摂動の効果を考慮しなければ精度のよい計算はできないことを説明し、ベンチマーク計算によって実例を示す。

口頭

Monte Carlo perturbation methods; Sample reactivity worth

長家 康展

no journal, , 

モンテカルロ法における摂動計算手法である微分演算子サンプリング法のサンプル反応度価値計算に対する適用性についてレビューする。テイラー級数法とともに微分演算子サンプリング法を適用し、Jezebel炉心とTCA炉心に対するサンプル反応度価値の計算精度を示す。代替手法として、パーデ近似とともに微分演算子サンプリング法を適用した場合についての適用性についても示す。

口頭

Monte Carlo perturbation methods; Kinetics parameters

長家 康展

no journal, , 

モンテカルロ法による動特性パラメータ割合の計算手法をレビューする。名内やMeulekampによって提案された近似計算手法をレビューし、反射体つき高速炉体系では、約10%の過小評価が生じることを示す。また、微分演算子サンプリング法による動特性パラメータ計算手法の基礎式を示し、理論的に厳密な動特性パラメータが評価できることを示す。遅発中性子パラメータについては、決定論的手法との比較においても、非常によく一致し、反射体つき高速炉体系においてもよい結果を得られることを示す。中性子生成時間については、MCNPの結果とよく一致することを示す。

口頭

Resonance elastic scattering models in MVP

長家 康展

no journal, , 

MVPに実装されている弾性散乱モデルをレビューする。MVPには、これまで、漸近モデルとフリーガスモデルが実装されていたが、最近、厳密モデルが実装されていることを示す。また、MVPにおける実装方法についても説明する。ドップラー反応度ベンチマーク問題で、厳密モデルとこれまでの漸近モデルやフリーガスモデルとに差が見られ、約10%ほどドップラー反応度を絶対値で過小評価することを示す。

口頭

Current research and development of MVP

長家 康展

no journal, , 

MVPの最近の開発状況について報告する。MVPの開発の経緯,一般的な特徴,物理モデル,断面積データについて説明する。MVPにおける特徴的な機能(統計論的幾何形状モデル,連続エネルギーモンテカルロ法での任意温度計算,燃焼計算,ファインマン$$alpha$$シミュレーション機能など)についてレビューする。また、最近開発中の機能(摂動計算機能,遅発中性子シミュレーション,散乱行列タリー,実効遅発中性子割合計算機能,共鳴弾性散乱断面積モデルの改良)についても述べる。

口頭

Monte Carlo perturbation methods

長家 康展

no journal, , 

モンテカルロ法における摂動計算手法をレビューする。モンテカルロ法を用いた摂動計算手法でよく用いられる相関サンプリング法と微分演算子サンプリング法について解説する。これらの手法を用いても、固有値計算では核分裂源摂動の効果を考慮しなければ精度のよい計算はできないことを説明し、ベンチマーク計算によって実例を示す。更にモンテカルロ摂動計算手法によって原子炉動特性パラメータが計算できることを説明する。

口頭

Variance estimation and central limit theorem in Monte Carlo criticality calculation

植木 太郎

no journal, , 

モンテカルロ法臨界計算における統計誤差算出に関して、信頼性を備えた新しい手法を開発した。本開発手法は、関数版中心極限定理上の収束過程から導出されるものであり、原子炉出力分布の誤差評価に有用である。理論的骨格を、オペレーションズ・リサーチにおける一般的手法の観点から、記述した。また、臨界計算結果の処理に必要とされる基本事項の説明も行った。電気出力1200MW級の加圧水型原子炉の初装荷炉心モデルに関して、数値計算結果を示した。最後に、フラクタル次元解析に基づく収束判定について論じた。

11 件中 1件目~11件目を表示
  • 1