検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年
検索結果: 1 件中 1件目~1件目を表示
  • 1

発表形式

Initialising ...

選択項目を絞り込む

掲載資料名

Initialising ...

発表会議名

Initialising ...

筆頭著者名

Initialising ...

キーワード

Initialising ...

使用言語

Initialising ...

発行年

Initialising ...

開催年

Initialising ...

選択した検索結果をダウンロード

論文

世界の超電導核融合技術の開発動向

奥野 清; 高橋 良和; 小泉 徳潔; 中嶋 秀夫

平成23年電気学会全国大会講演論文集,5, p.S1(34) - S1(37), 2011/03

超伝導技術の発展の歴史と将来の展望を述べるとき、核融合研究との関係を抜きに語ることはできない。トカマクやヘリカルに代表される磁気閉じ込め核融合装置の開発は、超伝導マグネットの大型化や強磁場化、高性能化を推進し、さらに超伝導線材の量産化をもたらしてきた。21世紀最初の四半世紀にこの役割を担うのがITERである。ITERは2019年11月の運転開始、すなわち初プラズマ達成を目指し、欧州をホスト極としてフランスのカダラッシュで既に建設が開始されている。本体建設費の約1/4を占める超伝導マグネットの調達には、インドを除く6極が参加する。日本の国内実施機関である原子力機構は、これまでの開発実績が広く認められ、超伝導導体やトロイダル磁場コイルなどの主要部分を分担し、参加極中最大の貢献を行う。ITER参加各極は最高の超伝導技術をフルに活用して調達活動を実施しており、超伝導技術の分野に大きな進展をもたらすものと期待される。

1 件中 1件目~1件目を表示
  • 1