検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年
検索結果: 3 件中 1件目~3件目を表示
  • 1

発表形式

Initialising ...

選択項目を絞り込む

掲載資料名

Initialising ...

発表会議名

Initialising ...

筆頭著者名

Initialising ...

キーワード

Initialising ...

使用言語

Initialising ...

発行年

Initialising ...

開催年

Initialising ...

選択した検索結果をダウンロード

論文

Evolution of shell structure in exotic nuclei

大塚 孝治*; Gade, A.*; Sorlin, O.*; 鈴木 俊夫*; 宇都野 穣

Reviews of Modern Physics, 92(1), p.015002_1 - 015002_52, 2020/03

AA2019-0511.pdf:5.43MB

 被引用回数:52 パーセンタイル:96.13(Physics, Multidisciplinary)

魔法数によって特徴づけられる原子核の殻構造は、長らく陽子数, 中性子数によらずほぼ不変であると考えられてきたが、近年、不安定核ビーム実験の著しい進展により、極めて中性子過剰核では安定核では見られなかった魔法数が出現するなど、殻構造が陽子数, 中性子数に応じて動的に変化することが明らかになった。本レビュー論文は、不安定核の殻構造研究に業績のある理論, 実験研究者によって、その理論的な基礎と最近の実験の進展をまとめたものである。殻構造の変化の源となるモノポール相互作用の定義など、従来の文献でははっきりと書かれてこなかった事項も含め、詳しく説明した。

論文

Beta-delayed fission of atomic nuclei

Andreyev, A.; Huyse, M.*; Van Duppen, P.*

Reviews of Modern Physics, 85(4), p.1541 - 1559, 2013/10

 被引用回数:60 パーセンタイル:91.94(Physics, Multidisciplinary)

The article reviews the studies of exotic tipe of low-energy nuclear fission, beta-delayed fission. Emphasis is made on the new data from neutron-deficient nuclei in the lead region, previously scarecely studied as far as fission is concerned. These data establish the new region of asymmetric fission in addition to the previously known one in the transuranium nuclei. New production and identification techniques, which emerged in the last two decades, such as te wider use of electromagnetic separators and the application of selective laser ionization to produce intense isotopically or even isomerically pure radioactive beams are highlighted.

論文

Steady-state tokamak research; Core physics

菊池 満; 安積 正史*

Reviews of Modern Physics, 84(4), p.1807 - 1854, 2012/12

 被引用回数:45 パーセンタイル:87.5(Physics, Multidisciplinary)

トカマク型核融合方式は、変流器の原理を用いているため、自発電流などを用いた非誘導電流駆動を用いて連続運転を行う研究開発が重要である。著者が1990年に提案した自発電流を用いた定常化研究の20年間の研究の成果を理論的な背景を中心にレビューを記載した論文であり、Reviews of Modern Physicsに投稿するものである。

3 件中 1件目~3件目を表示
  • 1