検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年
検索結果: 11 件中 1件目~11件目を表示
  • 1

発表形式

Initialising ...

選択項目を絞り込む

掲載資料名

Initialising ...

発表会議名

Initialising ...

筆頭著者名

Initialising ...

キーワード

Initialising ...

使用言語

Initialising ...

発行年

Initialising ...

開催年

Initialising ...

選択した検索結果をダウンロード

論文

Rapid anion exchange separation of berkelium with (III) mineral acid-methyl alcohol mixtures

臼田 重和; 吉川 英樹*; 間柄 正明; 初川 雄一

Journal of Radioanalytical and Nuclear Chemistry, Letters, 117(6), p.329 - 336, 1987/06

$$^{4}$$He+$$^{2}$$$$^{4}$$$$^{1}$$Am反応で$$^{2}$$$$^{4}$$$$^{3}$$$$^{,}$$$$^{2}$$$$^{4}$$$$^{4}$$BK(半減期:4.5,4.35時間)を合成し、3価BKの鉱酸-メタノール混合溶媒による陰イオン交換挙動を調べた。塩酸を含む混合溶媒を用いると、BKはAm及びCmとCf及びFmグループの中間に溶離された。この系を用いて主なFP及びAlキャッチャーフォイルからの高温下でのBKの分離と、$$alpha$$及びX線スペクトル測定のための試料調製を5分以内に行うことができた。硝酸を含む混合溶液でのBKの吸着挙動についても検討し、Ceからの迅速分離法を確立した。

論文

Liquid-liquid extraction separation and sequential determination of plutonium and americium in environmental samples by alpha-spectrometry

関根 敬一; 今井 利夫; 笠井 篤

Talanta, 34(6), p.567 - 570, 1987/06

 被引用回数:21 パーセンタイル:73.78(Chemistry, Analytical)

液々抽出分離-$$alpha$$スペクトロメトリーによる環境試料中の$$^{2}$$$$^{3}$$$$^{9}$$$$^{,}$$$$^{2}$$$$^{4}$$$$^{0}$$Pu,$$^{2}$$$$^{4}$$$$^{1}$$Amの逐次定量法を確立した。試料を硝酸、過酸化水素でリーチング後、水酸化第二鉄、シュウ酸カルシウム共沈により、プルトニウム、アメリシウムを精製する。沈殿を灰化した後、4MHNO$$_{3}$$溶液とし、TOA(トリ-n-オクチルアミン)でプルトニウムを抽出、NH$$_{4}$$I-HCl溶液で逆抽出する。プルトニウムを抽出した残りの水相をpH4としTTA(テノイルトリフルオルアセトン)によりアメリシウムを抽出、1M HNO$$_{3}$$で逆抽出後、陰イオン交換(Dowex1$$times$$4)により希土類元素を除去する。得られた溶液を蒸発乾固した後、硫酸アンモニウム系からそれぞれを電着、$$alpha$$スペクトロメトリーにより定量した。

報告書

HgI$$_{2}$$放射線検出器の試作

中谷 秀夫*; 阪井 英次; 片桐 政樹

JAERI-M 8478, 133 Pages, 1979/10

JAERI-M-8478.pdf:9.04MB

我が国で始めてHgI$$_{2}$$検出器の$$alpha$$$$gamma$$、X線パルスを観測した。市販のHgI$$_{2}$$特級試薬(純度99.2~99.8%)を真空封じしたパイレックス管を2温度領域の電気炉中で蒸気輸送させる簡単な方法で数mm角1mm厚程度の多数の結晶を作り、アカダックを塗布して電極を作りHgI$$_{2}$$検出器の$$^{2}$$$$^{4}$$$$^{1}$$Amからの$$alpha$$線、$$gamma$$・X線に対するパルス波高分布を測定した。最も良い検出器は59.5keV$$gamma$$線に対してエネルギー分解能4.9keVを示したが、良いエネルギー分解能を示す検出器の製作は困難であった。正孔の電荷収集特性は電子のそれに比べて極めて悪いこと、透明度が良く壁開性の良い結晶が良い検出器特性を示すこと、市販のHgI$$_{2}$$特級試薬は蒸気輸送を行うと固化した灰色の残留物を残すこと、検出器へのHumiseal塗布は耐高電圧特性、長期安定性、エネルギー分解能を改善すること、HgI$$_{2}$$検出器の電子・正孔対当りの平均エネルギーはほぼ4.2eVであること、50$$^{circ}$$C、25$$^{circ}$$C、0$$^{circ}$$Cと検出器の温度を下げるとエネルギー分解能が改善された。

論文

Neutron cross sections of americium-241

五十嵐 信一

Journal of Nuclear Science and Technology, 14(1), p.1 - 11, 1977/01

 被引用回数:5

光学模型と統計模型を使って$$^{2}$$$$^{4}$$$$^{1}$$Amの中性子断面積を1KeVから1MeVにわたって求めた。この核についての実験データは極めて乏しく、核分裂断面積が測られているだけである。 この核分裂断面積に1つの経験式を使い、実験値を再現し、又、(n,2n)と(n,3n)反応の断面積をPearlsteinの提唱した簡便な式を使って推定した。 これらの断面積を競争成分として使い、複合核経由の弾性散乱、非弾性散乱および捕獲断面積を求めた。 エネルギー平均を行った吸収断面積をWestonとToddの測定値と比較した所、一致は極めて良かった。

報告書

$$^{2}$$$$^{4}$$$$^{1}$$Amの中性子核データの評価

中川 庸雄; 更田 豊治郎; 五十嵐 信一

JAERI-M 6636, 36 Pages, 1976/06

JAERI-M-6636.pdf:1.34MB

$$^{2}$$$$^{4}$$$$^{1}$$Amの中性子核データについて評価値を求めた。まず0.0253eVでの捕獲断面積と核分裂断面積および共鳴パラメータについて採用値を決定し、次に1KeV以上について以前に行った評価を考慮に入れ、熱中性子から15MeVまでの全エネルギー領域について最適値を求めた。詳細結果はENDF/Bフォーマットで日本の評価ずみ核データライブラリー第1版JENDL-1のデータとして格納された。その内容は、全断面積、弾性散乱断面積、捕獲断面積、核分裂断面積、(n,3n)断面積、弾性散乱中性子の角度分布データ、非弾性散乱中性子の角度分布データ、核分裂当りの放出中性子数の平均値U、弾性散乱に対する散乱角の余弦の過重平均圧、放出中性子のスペクトルなどである。

論文

特集・超プルトニウム元素の化学; VI-1.一般

榎本 茂正

日本原子力学会誌, 16(7), p.375 - 378, 1974/07

$$^{2}$$$$^{5}$$$$^{2}$$Cfを除く超プルトニウム元素、すなわち$$^{2}$$$$^{3}$$$$^{8}$$Pu.$$^{2}$$$$^{4}$$$$^{1}$$Am.$$^{2}$$$$^{4}$$$$^{2}$$Cm.$$^{2}$$$$^{4}$$$$^{4}$$Cmの利用について現状を概説した。内容は、(1)まえがき2、生体用エネルギー源($$^{2}$$$$^{3}$$$$^{8}$$Pu.)、(3)宇宙用エネルギー源($$^{2}$$$$^{4}$$$$^{2}$$Cm.$$^{2}$$$$^{4}$$$$^{4}$$Cm)、(4)$$alpha$$, $$gamma$$, X線源$$^{2}$$$$^{4}$$$$^{1}$$Am, $$^{2}$$$$^{4}$$$$^{2}$$Cm. $$^{2}$$$$^{4}$$$$^{4}$$Cm、(5)($$alpha$$,n)中性子源、$$^{2}$$$$^{4}$$$$^{1}$$Am,$$^{2}$$$$^{4}$$$$^{2}$$Cm.$$^{2}$$$$^{4}$$$$^{4}$$Cmである。これは、日本原子力学会誌の特集「超プルトニウム元素の化学」の一部である。

論文

Separation of transplutonium elements from neutron irradiated americium-241

上野 馨; 渡辺 賢寿; 佐川 千明; 石森 富太郎

Journal of Nuclear Science and Technology, 11(1), p.8 - 14, 1974/01

 被引用回数:2

1970年5月から1971年6月まで、JMTRで照射した$$^{2}$$$$^{4}$$$$^{1}$$AmO$$_{2}$$ 10.5mgを化学処理し、超プルトニウム元素を得た。イオン交換と沈殿法を併用して、キャプセル成分、核分裂生成物およびプルトニウムから超プルトニウム元素を分離し、さらにイオン交換と溶媒抽出法により、アメリシウム、キュリウム、カリホルニウムを単離した。質量分析法により、$$^{2}$$$$^{3}$$$$^{8}$$$$^{~}$$$$^{2}$$$$^{4}$$$$^{2}$$Pu,$$^{2}$$$$^{4}$$$$^{1}$$$$^{~}$$$$^{2}$$$$^{4}$$$$^{3}$$Am,$$^{2}$$$$^{4}$$$$^{2}$$$$^{~}$$$$^{2}$$$$^{4}$$$$^{5}$$Cmを確認し、自発核分裂と$$alpha$$放射能を測定して放射化学的に$$^{2}$$$$^{5}$$$$^{0}$$$$^{,}$$$$^{2}$$$$^{5}$$$$^{2}$$Cfを検出した。$$^{2}$$$$^{4}$$$$^{9}$$Bkは他の$$beta$$線放射体に妨害され確認できなかった。

論文

超ウラン元素の熱源・線源利用

榎本 茂正

日本原子力学会誌, 15(8), p.534 - 543, 1973/08

超ウラン元素は、$$alpha$$壊変あるいは自発核分裂などの特性があり、最近、各国において、これを利用するための技術開発が進められてきている。その利用は熱源としてのエネルギー利用と、線源としての放射線利用に2大別される。このうち、$$^{2}$$$$^{3}$$$$^{8}$$Pu熱源の宇宙用、あるいは医療用の小出力電源としての実用化、あるいは$$^{2}$$$$^{5}$$$$^{2}$$Cf中性子源の放射化分析、ラジオグラフィほか多方面への利用研究などが目ざましく、ほかに、小線源として数多くの有効な利用が展開されている。

論文

Separation of Pu-238 and Pu-242 from irradiated Am-241

渡辺 賢寿; 佐川 千明; 上野 馨

Journal of Nuclear Science and Technology, 10(1), p.62 - 63, 1973/01

中性子照射した$$^{2}$$$$^{4}$$$$^{1}$$Amから$$^{2}$$$$^{4}$$$$^{2}$$Puを分離・確認した。$$^{2}$$$$^{4}$$$$^{1}$$AmO$$_{2}$$-MgO試料を10$$^{1}$$$$^{3}$$~10$$^{1}$$$$^{4}$$n/cm$$^{2}$$・secで290~852時間照射したのち、64~650日冷却した。塩酸系陰イオン交換またはHDEHPを用いた溶媒抽出法でPuを単離し、質量分析法により$$^{2}$$$$^{4}$$$$^{2}$$Puを確認した。同位体比$$^{2}$$$$^{4}$$$$^{2}$$Pu/$$^{2}$$$$^{3}$$$$^{8}$$Puは、0.2055~0.7589であった。本実験の条件においては、生成したPuの同位体比を、$$^{2}$$$$^{4}$$$$^{2}$$Pu/$$^{2}$$$$^{3}$$$$^{8}$$Pu=0.19/(1-e$$^{-}$$$$^{lambda}$$$$^{t}$$)で近似できる。$$lambda$$$$^{2}$$$$^{4}$$$$^{2}$$Cmの壊変定数、tは冷却時間である。

論文

螢光X線分析における$$^{2}$$$$^{4}$$$$^{1}$$AmLX線源の利用

富永 洋; 榎本 茂正

第8回日本アイソトープ会議報文集, B-2-3, p.257 - 259, 1968/00

$$^{2}$$$$^{4}$$$$^{1}$$Amは長寿命(T$$_{1}$$$$_{/}$$$$_{2}$$=460年、$$alpha$$壊変)の超ウラン元素であるが、$$gamma$$線源(60KeV)として最近かなりな強度のものが容易に入手できるようになり、このため、厚さ計などの工業計測用に多く使われはじめた。その$$gamma$$線の内部転換率はか次り大きく、娘元素NpからLX線を同時に放射している。このLX線は原子番号の低い元素のKX線励起に有効で、この領域に用いられるいくつかの線源に比較しても、最も有利なものの一つになると考えられる。これに着目して、$$^{2}$$$$^{4}$$$$^{1}$$Am LX線源(この報告ではNp LX線を利用できる$$^{2}$$$$^{4}$$$$^{1}$$Am線源をこのように呼ぶ)のX線分析における有効性を検討した。

論文

The Separation of $$^{2}$$$$^{4}$$$$^{2}$$Cm from JRR-1 neutron irradiated $$^{2}$$$$^{4}$$$$^{1}$$Am; Cation exchange with $$alpha$$-hydroxy isobutyrate

藤野 威男*

日本原子力学会誌, 5(8), p.640 - 643, 1963/00

抄録なし

11 件中 1件目~11件目を表示
  • 1