検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年
検索結果: 2 件中 1件目~2件目を表示
  • 1

発表形式

Initialising ...

選択項目を絞り込む

掲載資料名

Initialising ...

発表会議名

Initialising ...

筆頭著者名

Initialising ...

キーワード

Initialising ...

使用言語

Initialising ...

発行年

Initialising ...

開催年

Initialising ...

選択した検索結果をダウンロード

論文

クロロホスホナゾIIIを用いる金属イオンの吸光光度定量

山本 忠史; 大西 寛

化学, 30(8), p.646 - 649, 1975/08

クロロホスホナゾIIIを用いる吸光光度法を概説した。金属イオンとしてはアルカリ土類、ランタノイド、アクチノイドを含んでいる。最近に見つけられた興味深いトピックスについても紹介する。

報告書

吸光光度法によるトリウム-クロロホスホナゾIII錯体の組成決定

山本 忠史

JAERI-M 5426, 17 Pages, 1973/10

JAERI-M-5426.pdf:0.5MB

トリウム-クロロホスホナゾIII錯体は比色分析に利用されている。1M塩酸溶液とイソアミルアルコール中では錯体のモル吸光係数は異なる。モル吸光係数の増加の原因は組成の変化によると推定された。モル比法、傾斜比法、連続変化法により水相では金属:試薬の比が1:1、有機相では1:2であることが明らかになった。

2 件中 1件目~2件目を表示
  • 1