検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年
検索結果: 8 件中 1件目~8件目を表示
  • 1

発表形式

Initialising ...

選択項目を絞り込む

掲載資料名

Initialising ...

発表会議名

Initialising ...

筆頭著者名

Initialising ...

キーワード

Initialising ...

使用言語

Initialising ...

発行年

Initialising ...

開催年

Initialising ...

選択した検索結果をダウンロード

報告書

緩衝材性能最適化に関する方法論の基礎研究(IV)(研究概要)

大久保 博生*

JNC-TJ1400 99-009, 19 Pages, 1999/02

JNC-TJ1400-99-009.pdf:1.15MB

本年度は、まず前年度までに作成した総合評価フレームに基づき、情報の不確実性を考慮した場合についても最適ケイ砂混合率が得られるように求解プロセスを改良・拡張した。次に、核種吸着性能に関するデータ情報の不確実性を定量的手法によって、分析した。最後に、改良化した総合評価フレームを用いて、吸着性能の不確実性が最適ケイ砂混合率に与える影響を分析した。

報告書

緩衝材性能最適化に関する方法論の基礎研究(IV)(研究委託内容報告書)

大久保 博生*

JNC-TJ1400 99-008, 77 Pages, 1999/02

JNC-TJ1400-99-008.pdf:1.82MB

本年度は、まず前年度までに作成した総合評価フレームに基づき、情報の不確実性を考慮した場合についても最適ケイ砂混合率が得られるように求解プロセスを改良・拡張した。次に、核種吸着性能に関するデータ情報の不確実性を定量的手法によって、分析した。最後に、改良化した総合評価フレームを用いて、吸着性能の不確実性が最適ケイ砂混合率に与える影響を分析した。

論文

Application of genetic algorithm to inverse estimation of current distribution from magnetic fields

岸本 牧; 坂佐井 馨; 荒 克之

Simulation and Design of Applied Electromagnetic Systems, p.209 - 212, 1994/00

近年最適化問題の新しい方法論として、遺伝的アルゴリズムが注目をあつめている。遺伝的アルゴリズムは、生物進化のプロセスを応用したもので、記号の列である遺伝文字列を用いて、交叉・突然変異などによって、評価関数を最適化するようにできるものである。本論文では、この手法を、磁束源である電流分布推定に応用している。その結果非常によい推定結果が得られた。またこれを、加速器からのビームのプロファイル測定に応用することを提案し、装置の概要について示した。

論文

遺伝的アルゴリズムとニューラルネットワークの結合手法による磁界源電流分布の逆推定

岸本 牧; 坂佐井 馨; 荒 克之

MAG-93-167, p.17 - 34, 1993/09

磁界源電流分布推定を、空間的な電流最適配置化問題と考え、この最適化問題の解法として、多値化したホップフィールド型ニューラルネットワークを適用した。そしてこのホップフィールド型ニューラルネットワークを最適化問題に適用する際に問題となるネットワーク初期値問題を、遺伝的アルゴリズムを用いてネットワークが最適解に収束するようなネットワーク初期状態を検索することにより解決し、シミュレーション計算により、本手法の磁界逆問題における有効性を示した。また本手法の大強度加速器のビームプロファイル計測への応用についても提案した。

論文

遺伝的アルゴリズムとニューラルネットワークによる磁界源電流分布推定

岸本 牧; 坂佐井 馨; 荒 克之

電気学会論文誌,C, 113(9), p.719 - 727, 1993/00

磁界源電流分布の逆推定は、解が一意に求まらない問題として知られている。この逆問題を、電流分布領域への電流最適配置化問題へと帰着させ、この最適化問題解決の手段として、ホップフィールド型ニューラルネットワークを用いた。そして、ホップフィールド型ニューラルネットワークを最適化問題に応用する際に問題となるネットワークの初期値問題をクリアするために、遺伝的アルゴリズムを用い、ニューラルネットワークの収束値が、最適解となるような初期状態の探索を行うようにした。また、不均一な電流分布の逆推定に対応するように、遺伝的アルゴリズムとニューラルネットワークを多値化し、その収束性やネットワークエネルギー変化等についても明らかにした。

論文

遺伝的アルゴリズムによる磁束源電流分布の逆推定

岸本 牧; 坂佐井 馨; 荒 克之

MAG-92-235, p.83 - 96, 1992/11

外部磁場より、その源である電流分布を推定する磁場逆問題を、空間への電流最適配置問題としてとらえ、その解法として遺伝的アルゴリズムを用いた。その結果、少ない磁場データからでも、非常に良く磁場源電流分布を推定することが出来ることが分った。また本手法の大電流加速器のビームプロファイル測定への応用についても提案を行った。

報告書

線形最適化プログラム・パッケージ使用説明書

堀上 邦彦; 藤村 統一郎; 中原 康明

JAERI-M 9048, 38 Pages, 1980/09

JAERI-M-9048.pdf:1.45MB

線形計画法、整数計画法および2次計画法により線形最適化問題を解く7種類のプログラム(そのうち線形計画法が4つ、整数計画法が1つ、2次計画法が2つ)がFACOM M200機用に整備され、テストが完了した。さらにこれらのプログラムを利用し易くするために補助プログラム郡が作成された。多くのユーザーにこれらのパッケージ利用を解放するために各プログラムの機能と特徴、使用法および使用上の注意、入出力形式についてのまとめが行なわれた。

口頭

最適化解析シーケンスOPASの開発と放射性セシウム将来予測モデルへの応用

鈴木 忠和*; 杉田 武志*; 木名瀬 栄; 操上 広志; 北村 哲浩

no journal, , 

最適化問題を総合的に解くシーケンスOPASを開発した。OPASは放射性セシウムの分布状況変化モデルを用いた環境パラメータの導出などの環境問題に適用され、良好な結果を得た。ここでは、OPASの概要と適用結果について報告する。

8 件中 1件目~8件目を表示
  • 1