検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年
検索結果: 4 件中 1件目~4件目を表示
  • 1

発表形式

Initialising ...

選択項目を絞り込む

掲載資料名

Initialising ...

発表会議名

Initialising ...

筆頭著者名

Initialising ...

キーワード

Initialising ...

使用言語

Initialising ...

発行年

Initialising ...

開催年

Initialising ...

選択した検索結果をダウンロード

報告書

吸光光度法によるNp含有MOX燃料中のNpの定量

影山 十三男; 菅谷 伸一; 河野 秀作; 樋口 英俊; not registered; 木幡 正人*; 野田 吉範*

JNC-TN8400 2001-026, 29 Pages, 2001/12

JNC-TN8400-2001-026.pdf:0.99MB

Np含有MOX燃料中のNp含有量を測定するために、吸光光度法による測定条件について検討した。試料溶液中のNpの原子価をIV価に調整した後、727nmの吸収ピークの吸光度を測定することにより、Np濃度を求めた。本法の検量線は、Np濃度0.8mg/mlまで直線性を示した。また、Np溶液にPu,U量を各々Npの30倍量、60倍量まで添加したが、この範囲ではNp分析値への影響はなかった。本分析法により、2%Np含有MOX燃料を想定した試料中のNp含有量を分析したときの相対標準偏差(RSD)は約4%であった。さらに、物性測定試験に用いるNp含有MOX燃料の原料粉中のNp含有量を測定した。その結果、本法はNpをPuとUから分離することなくNp含有量を測定できることを確認した。本分析法は、物性測定試験用のNp含有MOX燃料中のNp含有量を分析するための迅速簡便法として十分適用できる。

論文

Trapping and measuring radioiodine (iodine-129) in cartridge filters

桜井 勉; 高橋 昭; M.-L.Ye*; 木原 武弘; 藤根 幸雄

Journal of Nuclear Science and Technology, 34(2), p.211 - 216, 1997/02

 被引用回数:11 パーセンタイル:31.4(Nuclear Science & Technology)

NUCEF小型再処理プロセス試験装置では外径50mm、厚さ10mmのカートリッジフィルタ(銀吸着材充填)を7段に重ね、使用済燃料溶解オフガス中の放射性ヨウ素($$^{129}$$I)を捕集・定量することにしている。$$^{129}$$Iのガンマ線エネルギーは低いため、吸着材中の$$^{129}$$I定量には工夫を要する。本研究では、$$^{129}$$I捕集後のカートリッジ内吸着材を、両面の放射能強度が等しくなるまで混合・撹拌し、それを測定用試料とした。放射能強度と吸着量の関係を表わす検量線の作成を試み、$$^{129}$$I吸着量20Bqから2MBqの範囲で両者の関係を1本の直線で表示できることを確認し、NUCEFでの$$^{129}$$I捕集・定量に見とおしを得た。

論文

GM計数管による溶存$$^{8}$$$$^{5}$$Kr濃度の測定

山本 忠利; 大塚 徳勝

Radioisotopes, 29(9), p.422 - 426, 1980/00

$$^{8}$$$$^{5}$$Krガスを液相化学反応用の内部線源として使用する照射装置では、照射終了後、反応液中の溶存$$^{8}$$$$^{5}$$Kr濃度が許容値以下であることを確かめるため、その濃度の測定を行わなければならない。そこで端窓型GM計数管を用いて溶存$$^{8}$$$$^{5}$$Kr濃度の測定実験を試み、特に$$^{2}$$$$^{0}$$$$^{4}$$Tl標準溶液による$$^{8}$$$$^{5}$$Kr溶液の検量線の作成、ならびに溶存$$^{8}$$$$^{5}$$Kr濃度の測定上の問題点について検討を行なった。 その結果、$$^{8}$$$$^{5}$$Kr溶液の検量線はN=1.76$$times$$10$$^{5}$$Cで表され、さらに測定上$$^{8}$$$$^{5}$$Kr散逸に伴う問題を解決することによって、中レベル(1$$times$$10$$^{-}$$$$^{4}$$~1$$times$$10$$^{-}$$$$^{1}$$$$mu$$Ci/g)の溶存$$^{8}$$$$^{5}$$Kr濃度の測定法を確立することができた。

論文

赤外線分析法によるUF$$_{6}$$中のHFの分析

大和田 謙; 曽我 猛; 岩崎 又衛; 辻村 重男

日本原子力学会誌, 17(2), p.77 - 80, 1975/02

赤外線分析法によって六フッ化ウラン(UF$$_{6}$$)中に共存するフッ化水素(HF)の定量分析を検討した結果、HFの振動回転吸収帯のうち吸光度の大きいR(1)、R(2)、P(2)およびP(3)枝が定量に好都合であることが分った。又純HFの吸光度とUF$$_{6}$$、N$$_{2}$$、Arガスが共存する場合の吸光度との比較から、前者の検量線がそのまま各種ガス共存下のHFの定量に使用できることが分った。光路長10cmの赤外セルによるHF圧力の検出限界は常温で0.5~1Torrである。

4 件中 1件目~4件目を表示
  • 1