検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年
検索結果: 2 件中 1件目~2件目を表示
  • 1

発表形式

Initialising ...

選択項目を絞り込む

掲載資料名

Initialising ...

発表会議名

Initialising ...

筆頭著者名

Initialising ...

キーワード

Initialising ...

使用言語

Initialising ...

発行年

Initialising ...

開催年

Initialising ...

選択した検索結果をダウンロード

論文

Testing of criticality accident alarm system detectors to pulsed radiation at TRACY

辻村 憲雄; 吉田 忠義; 眞田 幸尚

JPS Conference Proceedings (Internet), 24, p.011013_1 - 011013_6, 2019/01

The Japan Atomic Energy Agency used criticality accident alarm systems (CAAS) to monitor the occurrence of any accidental criticality at the Tokai Reprocessing Plant (TRP). A total of six plastic scintillator-based detector units, newly purchased or developed for the TRP, were tested by exposing them to pulsed radiation generated at TRACY, which is a pulse-type reactor that uses uranyl nitrate solution as fuel. All detector units tested responded properly to pulsed radiation that simulated an actual accidental criticality.

口頭

Overview of criticality safety experiments in NUCEF and reassessment of STACY reflecting new regulatory requirements

三好 慶典

no journal, , 

燃料サイクル安全工学研究施設NUCEFでは1994年の建設依頼、核燃料サイクル施設に関する幅広い研究が実施されてきている。本発表では、原子炉施設である定常臨界実験装置STACY及び過渡臨界実験装置TRACYで実施された溶液燃料体系に関する臨界実験の概要について紹介する。また、福島第一原子力発電所事故以降、核燃料サイクル施設及び試験研究炉の安全性再評価が原子力規制庁により実施されているが、発表では、主として溶液燃料から固形燃料を用いるためのSTACY改造計画に伴い、事故後施行された新規制基準に対応したSTACYの安全評価の技術的事項について報告する。

2 件中 1件目~2件目を表示
  • 1