検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年
検索結果: 10 件中 1件目~10件目を表示
  • 1

発表形式

Initialising ...

選択項目を絞り込む

掲載資料名

Initialising ...

発表会議名

Initialising ...

筆頭著者名

Initialising ...

キーワード

Initialising ...

使用言語

Initialising ...

発行年

Initialising ...

開催年

Initialising ...

選択した検索結果をダウンロード

報告書

平成8年度 安全総点検資料 -「電気関係設備の安全確保」の対応資料-

川口 昭夫; 槇 彰; 山内 孝道; 照井 新之助; 小形 佳昭; 柴田 里見; 狩野 元信

PNC-TN8440 97-020, 111 Pages, 1997/03

PNC-TN8440-97-020.pdf:35.99MB

平成8年度東海事業所安全総点検は、平成8年12月11日(水)及び12日(木)の2日間にわたり実施された。今回の安全総点検では、平成8年7月16日(TVF換気系等の一時停止)、平成8年8月22日(再処理第1変電所の一時停電)に発生した2件の電気関連のトラブルに鑑み、点検項目中の個別重点項目の取組状況として「電気関連設備の安全確保」が盛り込まれ、これに伴い電気関係設備の点検が実施されることとなった。実施の具体的な対応については、特別高圧及び高圧電気設備を運転管理する建設工務管理室と低圧電気設備を運転管理する再処理工場工務部技術課で対応した。又、プル工場設備課の協力も得て実施した。本資料はこの電気関係設備の点検対応のために作成し、説明資料としてとりまとめたものである。

論文

Japan Power Demonstration Reactor Decommissioning program; Lessons learned on operation and maintenance of auxiliary equipment during dismantling activities

萩原 正紀; 大川 真一; 清木 義弘

WM'96,Conf. Proc. (CD-ROM), 0, 12 Pages, 1996/00

JPDRの解体実地試験は最終段階に入り、本年3月末には終了の予定である。本発表は、解体期間中における付属設備の運転管理及び運転管理に必要な仮設設備の設置方法について述べたもので、主な項目は次のとおりである。1.解体の最終段階まで使用される管理区域出入室には手洗設備が必要である。多数の作業者が出入りするためには改造が必要となるが、改造するより最終段階まで使用される液体廃棄物処理設備の近傍に仮設の出入室を設置する方が効率的である。2.既設の排気ダクトに接続するグリーンハウスの排気装置は、既設の排気フィルタの目詰りを少なくするため、ダスト漏洩の少ないケーシング一体型等を使用すべきである。3.解体機器用に設置する仮設電源は、既設の電源が撤去された後も施設のメンテナンスができるだけの十分な容量をもったものにすべきである。

報告書

大洗工学センター管理部工務課業務年報(平成4年度)

管理部工務課

PNC-TN9440 93-022, 370 Pages, 1993/10

PNC-TN9440-93-022.pdf:23.27MB

本資料は、建設工事(本社及び現地工事)及び工務課が所掌するユーティリティ設備(電気、給排水、ボイラ、給排気等)の運転、保守に関する実績と記録についてとりまとめたものである。各施設の運転データ、保守、更新の記録をできる限り図表にして見やすい方法にした。また 、建設工事に関しては、工事の記録に加えて建設費の低減等に役立てることができるようにした。 主な内容は、次のとおり。 1) 各年度の運転データが比較できるようにフォーマットを統一した。 2) 運転データは、項目ごとに評価を行った。 3) 保守点検費は、項目ごとに評価を加え、次年度に生かせるようにした。4) 建設工事は、建設費、工程等をとおして新たな設計に役立てることができるようにした。5) 近況の情報をコラム調に掲載した。本資料は、運転、保守の実際、運転技術の高度化や安全性についてQAの立場で活用できるように作成した。

報告書

ガラス固化技術開発施設建設工事報告書-総括編

室川 佳久; 上野 勤; 本橋 昌幸; 新沢 幸一*; 真道 隆治; 狩野 元信; 大山 康昌*

PNC-TN8470 93-014, 72 Pages, 1993/03

PNC-TN8470-93-014.pdf:2.05MB

ガラス固化技術開発施設(以下「本施設」という。)は、再処理事業の「主要な試験施設」として昭和62年3月18日付けで再処理施設設置変更承認の申請を行い、昭和63年2月9日付けで承認を得た。また、昭和63年5月19日付けで本施設の「建物」の設工認申請を行い、昭和63年6月18日付けで認可を受け、本施設の建設工事(以下「本工事」という。)を昭和63年6月29日に着手した。建屋の建築工事は平成3年2月28日に、換気空調設備工事及び電気設備工事は平成3年7月31日に竣工した。装置工事は、平成3年6月30日までに主要な機器が据え付けられ、引き続き、遠隔操作試験、通水作動試験、総合通水作動試験及び受取試験を行い、機器類が設計通りの機能及び性能を満足していることを確認した後、平成4年4月30日に竣工した。これを以て本工事の全てが完了した。本報告では、TVFの建設に到るまでの設計経緯、安全審査実施内容の概要、本工事の実施結果等をまとめ報告する。

報告書

ガラス固化技術開発施設建設工事報告書ー非常用発電機の設置及び第二中間開閉所改造工事ー

覚方 邦江; 新沢 幸一*; 木村 一英; 田多井 和明; 室川 佳久; 真道 隆治; 本橋 昌幸

PNC-TN8470 93-005, 118 Pages, 1993/01

PNC-TN8470-93-005.pdf:2.89MB

ガラス固化技術開発施設の非常用発電機の設置及び第二中間開閉所改造工事は,本施設建設工事の一環として,非常用発電機の設置については,平成元年3月より平成3年5月にかけて又,第二中間開閉所改造工事については,平成元年9月より平成3年2月末にかけて工事を行った。本報では,本工事の契約,設計,許認可,工事の詳細内容を報告した。本報の主な内容は,次のとおりである。(1) ガラス固化施設非常用電源系システムの概要(2) 全体工程と予算・契約(3) 非常用発電設備システムの設計(4) 第二中間開閉所の改造設計(5) 非常用発電設備製作据付工事(6) 第二中間開閉所改造工事(7) 総合連動試験(8) 許認可業務と国の使用前検査

報告書

ガラス固化技術開発施設建設工事報告書-電気設備工事

覚方 邦江; 福永 俊夫*; 田多井 和明; 木村 一英; 石川 一富*; 新沢 幸一*; 本橋 昌幸

PNC-TN8470 93-004, 83 Pages, 1993/01

PNC-TN8470-93-004.pdf:3.1MB

ガラス固化技術開発施設(以下「本施設」という)は、昭和63年より建設を開始し、電気設備工事(以下「本工事」という)については、昭和63年9月より工事着工し、平成3年7月末を以って完了した。本報では、本工事の契約、工事、検査等の詳細内容を報告した。本報の主要な内容は、次のとおりである。(1)工事の目的及び概要(2)工事の仕様及び条件(3)工事の方法及び手順(4)施工上の技術的検討事項(5)工事の延人数及び工数(6)検査(7)工事中の不具合事例とその対策(8)反省と今後の課題

報告書

ガラス固化技術開発施設建設工事報告書-技術管理棟工事

山本 勝; 前島 清夫*; 峰山 広行*; 新沢 幸一*; 真道 隆治; 本橋 昌幸; 上野 勤

PNC-TN8470 93-003, 115 Pages, 1993/01

PNC-TN8470-93-003.pdf:3.11MB

ガラス固化技術開発施設(以下「本施設」という。)の管理棟工事(以下「木工事」という。)は、平成元年9月25日より現地工事を開始し、約2.5年の工期を要して、平成3年2月28日に竣工した。管理棟は、地上4階より構成し、1階部分にプロセス機器へ圧空・純水等を供給するユーティリティ室と非常用発電機を設置する発電機室を設け、2階以上には運転員の居室を設けた。本報では、本工事を建家工事、電気設備工事、換気空調給排水設備工事の各工事に区分し報告した。本報の主要な内容は次の通りである。(1)工事の目的及び概要(2)工事の仕様及び条件(3)工事の方法及び手順(4)施工上の技術的検討事項(5)工事の延人数及び工数(6)検査(7)反省と今後の課題

論文

核融合環境における電気設備,その1; 核融合実験炉計画と電気設備に係る研究開発の概要

大川 慶直; 圷 陽一

平成4年電気設備学会研究発表会論文集, p.31 - 34, 1993/00

核融合の研究開発は、三大トカマクを中心として最近大きな進展がみられた。我国においても原子力委員会により、核融合の研究開発は、「第二段階」から「第三段階」に移項することが宣せられた。一方で、巨大技術開発である核融合実験炉は、国際協力により進める気運も高くなってきた。特に、日、米、EC、露の4極で進められていた、国際熱核融合実験炉計画(ITER)は、いよいよ工学設計活動(EDA)が開始される状況となり、付属設備についても重要視される段階となった。核融合実験炉での建屋付属電気設備も装置と同様の苛酷な環境にさらされ、照明、警報、通信、監視、制御等の機器もその環境で機能を維持しなければならない。しかし、現状では付属電気設備に関する研究開発は行われていない。今後、この分野の行われるべき研究開発の概要について報告する。

報告書

大洗工学センター管理部工務課業務年報(平成3年度)

管理部 工務課*

PNC-TN9440 92-017, 435 Pages, 1992/10

PNC-TN9440-92-017.pdf:23.67MB

本資料は、建設工事(本社及び現地工事)及び工務課が所掌するユーティリティ設備(電気、給排水、ボイラ、給排気等)の運転、保守に関する実績と記録についてとりまとめたものである。各施設のデータ、保守、更新の記録をできる限り図表にして見やすい方法にした。また、建設工事に関しては、工事の記録に加えて建設費の低減等に役立てることができるようにした。主な内容は次のとおり。各年度の運転データが比較できるようにホーマットを統一した。運転データは、項目ごとに評価を行った。保守点検費は、項目ごとに評価を加え、次年度に生かせるようにした。建設工事は、建設費、工程等をとおして新たな設計に役立てることができるようにした。近況の情報をコラム調に掲載した。本資料は、運転、保守の実際、運転技術の高度化や安全性についてQAの立場で活用できるように作成した。

報告書

大洗工学センター管理部工務課業務年報(平成2年度)

管理部工務課

PNC-TN9440 91-018, 232 Pages, 1991/10

PNC-TN9440-91-018.pdf:11.72MB

本資料は、管理部工務課が所掌するユーティリティー設備(電気、給排水、ボイラ、給排気等)の運転、保守及び建設工事(本社及び現地工事)に関する実績と記録について成果としてとりまとめたものである。各施設の運転データ、保守、更新の記録を出来る限り図表にして見やすい方法にした。また、建設工事に関しては、工事の記録に加えて建設費や建設コストに役立てることができるようにした。主な内容は次のとおり。1各年度の運転データが比較できるようにホーマットを統一した。2運転データは、項目事に評価を行った。3保守点検費は、項目ごとに評価を加え次年度に生かせるようにした。4建設工事は、建設費、工程等をとおして新たな設計に役立てることができるようにした。5建設や運転に直接関係してないものでも記述した。本資料は、運転、保守の実際、運転技術の高度化や安全性についてQAの立場で活用できるように作成した。

10 件中 1件目~10件目を表示
  • 1